マニー・アクタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアクタ第二姓(母方の)はペーニャです。
マニー・アクタ
Manny Acta
シアトル・マリナーズ 三塁コーチ #14
9TH Manny Acta.jpg
インディアンス監督時代
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サンペドロ・デ・マコリス州英語版サンペドロ・デ・マコリス
生年月日 (1969-01-11) 1969年1月11日(48歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
172 lb =約78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1986年 アマチュア・フリーエージェントとしてヒューストン・アストロズと契約
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
MLB出場なし
監督・コーチ歴

マニュエル・エリアス・アクタ・ペーニャManuel Elias Acta Peña , 1969年1月11日 - )は、ドミニカ共和国サンペドロ・デ・マコリス州英語版サンペドロ・デ・マコリス出身のプロ野球指導者、元プロ野球選手。現在は、MLBシアトル・マリナーズの三塁コーチを務めている。

経歴[編集]

現役時代[編集]

1986年ヒューストン・アストロズに入団。

1987年にデビューし、マイナーで5シーズン在籍した。AA級でプレーしたのが最高で、1991年にはA級バーリントン・アストロズ英語版の選手兼任コーチとなり、同年限りで現役を引退した。

現役引退後[編集]

1993年にアストロズ傘下のA-級オーバーン・アストロズの監督となり、2000年までアストロズ傘下のマイナーチームで監督を務めた[1]2001年はAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズでコーチを務めた[2]

2002年モントリオール・エクスポズの三塁コーチに就任し、2004年まで務めた。

エクスポズのコーチを退任後、ロサンゼルス・ドジャースアリゾナ・ダイヤモンドバックスの監督候補として面談を受けたが、最終的な選考からは漏れた。

2005年にはニューヨーク・メッツの三塁コーチに就任した[3]

2006年開幕前に第1回WBCドミニカ共和国代表監督を務めた。準決勝まで進出したがキューバ代表に敗れて決勝進出を逃した。

MLB監督時代[編集]

2006年11月14日ワシントン・ナショナルズの新監督に就任した[2]

2007年こそ「30球団ワースト」と言われた戦力で73勝と健闘し、最優秀監督賞の投票でも4ポイントを得た[4]。しかし、2008年は両リーグワーストの59勝102敗に終わり、2009年も開幕から最下位に沈み、7月12日に前半戦終了と同時にナショナルズの監督を解任された[5]

2009年10月25日に3年契約と4年目のオプションでクリーブランド・インディアンスの監督に就任した。ヒューストン・アストロズからも2年契約+オプションで監督のオファーを受けいてたが、契約年数の長いインディアンスを選択した[6][7]

インディアンス初年度の2010年カンザスシティ・ロイヤルズと並んで地区最下位タイと振るわなかったが、2011年は序盤から首位に立つ予想外の健闘を見せ、後半戦に失速したものの地区2位に食い込んだ。9月29日には2013年のオプションが行使された[8]

ところが、2012年は再び大きく負け越してしまい、9月27日にインディアンスの監督を解任された[9]

2016年シーズンからシアトル・マリナーズの三塁コーチに就任する[10]

1999年のオフから2005年にかけてはベネズエラドミニカ共和国ウィンターリーグでも監督を務めており、2004年カリビアンシリーズではドミニカ共和国のティグレス・デル・リセイを率いて優勝している[11]

詳細情報[編集]

年度別監督成績[編集]

年度 球団 地区 年齢 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/チーム数 備考 ポストシーズン
勝敗
2007 WSH NL 東 38歳 162 73 89 .451 4 / 5
2008 39歳 161 59 102 .366 5 / 5  
2009 40歳 87 26 61 .299 5 / 5 開幕~7月12日 
2010 CLE AL 中 41歳 162 69 93 .426 4 / 5  
2011 42歳 162 80 82 .494 2 / 5  
2012 43歳 156 65 91 .417 4 / 5 開幕~9月27日 
通算 6年     890 372 518 .418    

脚注[編集]

  1. ^ Jim Riggleman Minor League Statistics & History” (英語). Baseball-Reference.com. Sports Reference LLC. 2015年11月27日閲覧。
  2. ^ a b Bill Ladson (2006年11月14日). “Nationals turn to Acta, naturally” (英語). MLB.com. http://m.nationals.mlb.com/news/article/1740286 2015年11月27日閲覧。 
  3. ^ MWL Manager Manny Acta” (英語). MWLguide.com. Joel Dinda. 2015年11月27日閲覧。
  4. ^ “Wedge, Melvin named AL, NL managers of year”. AP通信. ESPN. (2007年11月15日). http://sports.espn.go.com/mlb/news/story?id=3110184 2015年11月27日閲覧。 
  5. ^ “Manny Acta replaced by Jim Riggleman as Washington Nationals manager”. ESPN. (2009年7月14日). http://sports.espn.go.com/mlb/news/story?id=4324006 2015年11月27日閲覧。 
  6. ^ Anthony Castrovince (2009年10月25日). “Tribe tabs Acta to be new manager” (英語). MLB.com. http://m.astros.mlb.com/news/article/7544218 2015年11月27日閲覧。 
  7. ^ Brian McTaggart (2009年10月25日). “Astros' search goes on without Acta” (英語). MLB.com. http://m.astros.mlb.com/news/article/7544488 2015年11月27日閲覧。 
  8. ^ “Cleveland Indians pick up manager Manny Acta's option for 2013” (英語). AP通信. ESPN. (2011年9月30日). http://espn.go.com/mlb/story/_/id/7035023/cleveland-indians-pick-manager-manny-acta-option-2013 2015年11月27日閲覧。 
  9. ^ Jordan Bastian (2012年9月27日). “Indians dismiss manager Manny Acta, name Sandy Alomar Jr. interim manager” (英語). MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/39100904/ 2015年11月27日閲覧。 
  10. ^ Ryan Divish (2015年11月9日). “Mariners notes: Reports of Manny Acta being hired as third base coach; several minor leaguers opt for free agency” (英語). The Seattle Times. http://www.seattletimes.com/sports/mariners/mariners-notes-reports-of-a-third-base-coaching-hire-and-minor-league-free-agents/ 2015年11月27日閲覧。 
  11. ^ Jesse Sanchez (2008年2月7日). “Licey wins 10th Caribbean Series title” (英語). MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/2368048 2015年11月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]