エドガルド・アルフォンゾ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エドガルド・アルフォンゾ
Edgardo Alfonzo
Edgardo Alfonzo at Banner Day 2013.jpg
2013年5月11日
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 ミランダ州インデペンデンシア市サンタテレサデルトゥイ
生年月日 (1973-11-08) 1973年11月8日(43歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手一塁手三塁手
プロ入り 1991年 アマチュアFA
初出場 MLB / 1995年4月26日
NPB / 2009年4月3日
最終出場 MLB / 2006年7月11日
NPB / 2009年7月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ベネズエラの旗 ベネズエラ代表
WBC 2006年

エドガルド・アントニオ・アルフォンゾEdgardo Antonio Alfonzo, 1973年11月8日 - )は、ベネズエラミランダ州インデペンデンシア市サンタテレサデルトゥイ出身の元プロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

メッツ時代[編集]

ニューヨーク・メッツ時代
(1999年5月30日)

1991年2月19日、ドラフト外ニューヨーク・メッツと契約し、プロ入り。

1995年4月26日にメジャーデビューを果たす。

1999年シルバースラッガー賞を受賞(ナショナルリーグ・二塁手)。

2000年ニューヨーク・メッツのスタメンレギュラーとしてワールドシリーズ出場に貢献。

2002年10月28日に、FAになる。

ジャイアンツ時代[編集]

2002年12月16日に、サンフランシスコ・ジャイアンツへFA移籍。

エンゼルス時代[編集]

2005年12月22日に、スティーブ・フィンリーとのトレードで、ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムへ移籍。

2006年開幕前の3月に第1回WBCベネズエラ代表に選出された[1]

シーズンで5月21日に、同球団を解雇される。

ブルージェイズ時代[編集]

2006年5月25日に、マイナー契約でトロント・ブルージェイズへ移籍。6月12日に解雇される。

メッツ復帰[編集]

2006年7月15日に、マイナー契約で古巣メッツへ移籍。

独立リーグ・メキシコ時代[編集]

2007年以降は独立リーグメキシカンリーグでプレーするなど、2006年を最後にMLB傘下で公式戦をプレーすることはなかった。

巨人時代[編集]

2009年、日本でのプレーを目指し読売ジャイアンツの入団テストを受験、2月9日に年俸3,500万円+出来高の1年契約を結んだ。背番号は13。 3月1日の日本対巨人のWBC強化試合では、杉内俊哉から、先制本塁打を放つ。開幕戦では二塁手でスタメン出場するも二塁の守備範囲の狭さを露呈、その後は主に一塁を守る。しかし、打率は1割台前半と低迷し二軍落ち、最終的に打率.146 本塁打2 打点4という成績に終わり、同年に退団が決定した。

ベアーズ時代[編集]

退団後、アメリカの独立リーグのニューアーク・ベアーズと契約した。

引退後[編集]

2012年12月2日、現役引退を表明した[2]

選手としての特徴[編集]

ポジションは主にサードセカンドで、他にショートファーストでのプレー経験がある。ニューヨーク・メッツ時代は、チーム事情にあわせてサードとセカンドを行き来していた。マイナー時代に、捕手としてのプレー経験もある。

人物[編集]

巨人でチームメートとなったアレックス・ラミレスとは幼馴染であり、共にリトルリーグのベネズエラ代表にも選ばれている(ポジションはアルフォンゾが正遊撃手、ラミレスが控え投手)。ラミレスは「尊敬していたし、あこがれの人だった」と語っている。巨人にテストを受けに来たのも、ラミレスからの紹介によるものが大きい。愛称は「フォンジー」である。

中日ドラゴンズ荒木雅博は、アルフォンゾのメッツ時代からの大ファンで4月19日の試合前にはサインをもらいに行っている[3]

2軍では中井大介大田泰示の指導をする姿も見られた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1995 NYM 101 356 335 26 93 13 5 4 128 41 1 1 4 4 12 1 1 37 7 .278 .301 .382 .683
1996 123 407 368 36 96 15 2 4 127 40 2 0 9 5 25 2 0 56 8 .261 .304 .345 .649
1997 151 599 518 84 163 27 2 10 224 72 11 6 8 5 63 0 5 56 4 .315 .391 .432 .823
1998 144 630 557 94 155 28 2 17 238 78 8 3 2 3 65 1 3 77 11 .278 .355 .427 .782
1999 158 726 628 123 191 41 1 27 315 108 9 2 1 9 85 2 3 85 14 .304 .385 .502 .886
2000 150 650 544 109 176 40 2 25 295 94 3 2 0 6 95 1 5 70 12 .324 .425 .542 .967
2001 124 519 457 64 111 22 0 17 184 49 5 0 1 5 51 0 5 62 7 .243 .322 .403 .725
2002 135 562 490 78 151 26 0 16 225 56 6 0 0 3 62 8 7 55 5 .308 .391 .459 .851
2003 SF 142 586 514 56 133 25 2 13 201 81 5 2 3 7 58 4 4 41 14 .259 .334 .391 .726
2004 139 576 519 66 150 26 1 11 211 77 1 1 2 4 46 2 5 40 15 .289 .350 .407 .757
2005 109 402 368 36 102 17 1 2 127 43 2 0 1 4 27 1 2 34 11 .277 .327 .345 .672
2006 LAA 18 52 50 1 5 1 0 0 6 1 0 0 0 0 2 0 0 3 1 .100 .135 .120 .255
TOR 12 43 37 4 6 1 0 0 7 4 0 0 0 0 5 0 1 1 1 .162 .279 .189 .468
'06計 30 95 87 5 11 2 0 0 13 5 0 0 0 0 7 0 1 4 2 .126 .200 .149 .349
2009 巨人 21 46 41 3 6 0 0 2 12 4 0 0 0 1 4 0 0 10 1 .146 .217 .293 .510
MLB:12年 1506 6108 5385 777 1532 282 18 146 2288 744 53 17 31 55 596 22 41 617 110 .284 .357 .425 .782
NPB:1年 21 46 41 3 6 0 0 2 12 4 0 0 0 1 4 0 0 10 1 .146 .217 .293 .510
  • 2012年度シーズン終了時

表彰[編集]

MLB

記録[編集]

MLB
NPB

背番号[編集]

  • 13 (1995年 - 2004年、2006年、2009年)
  • 12 (2005年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2006 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月3日閲覧 [リンク切れ]
  2. ^ 巨人でもプレー、元メジャーリーガーが現役引退”. スポニチ Sponichi Annex (2012年12月4日). 2012年12月10日閲覧。
  3. ^ 東京スポーツ 2009年4月28日 紙面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]