1898年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1898年の野球から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

< 1898年 | 1898年のスポーツ

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1898年のできごとを記す。

ボストン・ビーンイーターズ(後のブレーブス)が2年連続8度目の優勝。ビーンイーターズは1891~1893年、そして1897年に続く連覇となった。

できごと[編集]

ボストン・ビーンイーターズは1877年に初優勝して、これが8度目のリーグ優勝で、19世紀に23シーズンで1/3のシーズンを優勝した。しかし、これ以降20世紀に入ってから1914年に16年ぶりの優勝から次のリーグ優勝は1948年であった。

  • ビーンイーターズのエースキッド・ニコルズは31勝を上げて、1890年に20歳でデビューして27勝、その翌年からこの1898年まで1年を除いて30勝以上をマークし1896年からこの年まで3年連続最多勝投手で、1890年代に5度優勝したビーンイーターズに貢献した投手であった。デビューして12年で300勝に達し1906年に引退して通算361勝の記録を残した。これは19世紀の投手としては、パッド・ガルヴィンの365勝に続く2位の記録である。
  • ウィリー・キーラーはこの年も打率.385・216安打をマークし、首位打者とリーグ最多安打を2年連続で獲得した。しかし、オリオールズのオーナーであったハリー・ヴァン・ダー・ホーストはブルックリン・スーパーバス(後のドジャース)の経営権をこの年に取得して二球団同時経営に乗り出し、ネッド・ハンロンをブルックリン・スーパーバス監督に指名し、ボルチモア・オリオールズの監督にジョン・マグローを指名して、キーラーはハンロン監督と共に翌年ブルックリン・スーパーバスへ移籍した。
  • ナップ・ラジョイは1896年にフィラデルフィア・フィリーズに一塁手として入団し、その年は39試合出場で打率.326を挙げ、3年目の1898年から二塁手となりやがて名手として活躍した。この年は最多打点143と最多二塁打43本を記録し(この当時は打点王は無かった)、やがてコニー・マックに注目されて、3年後にアスレチックスに強引に移籍して、1901年に4割打者で三冠王にもなった(この当時は本塁打王も無く三冠に注目される時代では無かった)。しかしアスレチックスへの強引な移籍がフィリーズを激怒させて裁判沙汰になり、クリーブランドへの契約譲渡で、ラジョイはクリーブランド・ブロンコスに移り、そして球団は名称をラジョイに因んでナップスと改称した。ここからタイガースのタイ・カッブとの首位打者争いを演じることになる。別名ナポレオン・ラジョイとも言われ、史上最高の二塁手とも言われ、タイ・カッブとは対照的に人望の厚かった選手である。

最終成績[編集]

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ボストン・ビーンイーターズ 102 47 .685 --
2 ボルチモア・オリオールズ 96 53 .644 6.0
3 シンシナティ・レッズ 92 60 .605 11.5
4 シカゴ・オーファンス 85 65 .567 17.5
5 クリーブランド・スパイダーズ 81 68 .544 21.0
6 フィラデルフィア・フィリーズ 78 71 .523 24.0
7 ニューヨーク・ジャイアンツ 77 73 .513 25.5
8 ピッツバーグ・パイレーツ 72 76 .486 29.5
9 ルイビル・カーネルズ 70 81 .464 33.0
10 ブルックリン・ブライドグルームズ 54 91 .372 46.0
11 ワシントン・セネタース 51 101 .336 52.5
12 セントルイス・ブラウンズ 39 111 .260 63.5

個人タイトル[編集]

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ウィリー・キーラー (BLN) .385
本塁打 ジミー・コリンズ (BSN) 15
打点 ナップ・ラジョイ (PHI) 127
得点 ジョン・マグロー (BLN) 143
安打 ウィリー・キーラー (BLN) 216
盗塁 エド・デラハンティ (PHI) 58

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 キッド・ニコルズ (BSN) 31
防御率 クラーク・グリフィス (CHC) 1.88
奪三振 サイ・セイモアー (NYG) 239
投球回 ジャック・テイラー (STL) 397.1
セーブ キッド・ニコルズ (BSN) 4

出典[編集]

  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪ウイリー・キーラー≫39P参照 週刊ベースボール 1978年6月25日増刊号 ベースボールマガジン社
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪キッド・ニコルズ≫ 41P参照 
  • 『オールタイム大リーグ名選手101人』≪ナポレオン・ラジョイ≫100-101P参照 1997年10月発行  日本スポーツ出版社

参考[編集]