フォード・C・フリック賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォード・C・フリック賞: The Ford C. Frick Award)は、アメリカメジャーリーグの試合放送の関係者に送られる表彰。1978年からアメリカ野球殿堂が毎年表彰者を選出し、『野球放送における殿堂入り』と呼ばれる賞である。

概要[編集]

1950年~1960年代にメジャーリーグの第3代コミッショナーをつとめ、アメリカ野球殿堂の創設とメジャーリーグの試合のラジオ中継に尽力したフォード・フリックの名を冠し、彼の功績をたたえて1978年に創設された。実況アナウンサーを中心に年1回選出されるが、野球選手らのいわゆる『殿堂入り』表彰と混同されないよう、受賞者は殿堂入り表彰の当日は文書による紹介と関連の展示のみが行われる。また現役のメジャーリーガーだった人物が、引退後実況アナウンサーに転身しこの賞を受賞した例もある。

受賞者一覧[編集]

年度 受賞者 備考
1978年 メル・アレン(Mel Allen) 初代「ヤンキースの声」。1939年~1964年ヤンキースの実況を担当
レッド・バーバーRed Barber 1939年からドジャーズで15年間、その後ヤンキースの実況を13年間担当した
1979年 ボブ・エルソン(Bob Elson) 1930年代からシカゴ・カブスシカゴ・ホワイトソックスの実況を40年以上担当。グラウンドでのインタビューを初めて行ったアナウンサー。スポーティングニューズ誌の年間最優秀アナウンサー賞を2度受賞している。
1980年 ラス・ホッジス(Russ Hodges) 1949年から22年間ジャイアンツなどの実況を担当。ホームランの際の「バイバイ・ベイビー!」のフレーズで親しまれた。1951年のナショナルリーグ・プレーオフでの実況が有名。
1981年 アーニー・ハーウェル(Ernie Harwell) 1960年からデトロイト・タイガースの実況を長年担当。タイガースから永久欠番を送られている。
1982年 ヴィン・スカリー(Vin Scully) 1950年からロサンゼルス・ドジャーズの実況を担当。2014年シーズンはキャリア65年目となる(予定)。
1983年 ジャック・ブリックハウス(Jack Brickhouse)
1984年 カート・ガウディ(Curt Gowdy) 1951年から1964年までボストン・レッドソックスの実況を担当。その後NBCでMLBに加えてNFLNBAの実況も担当。1990年には自らの名前を冠したカート・ガウディ・メディア・アワード(プロバスケットボールのメディア関係者向け殿堂)、1993年にはピート・ロゼール・ラジオ&TV賞(プロフットボールの放送関係者向け殿堂)も受賞している。
1985年 バック・キャネル(Buck Canel)
1986年 ボブ・プリンス(Bob Prince)
1987年 ジャック・バック(Jack Buck) 1954~2001年までセントルイス・カージナルスの実況を担当。NFLの実況も担当し、1996年にはピート・ロゼール・ラジオ&TV賞も受賞。FOXのMLB・NFLNo.1実況アナウンサー・ジョー・バックの父親。
1988年 リンゼイ・ネルソン(Lindsey Nelson)
1989年 ハリー・キャライ(Harry Caray)
1990年 バイ・サーム(By Saam)
1991年 ジョー・ガラジオラ(Joe Garagiola)
1992年 ミロ・ハミルトン(Milo Hamilton)
1993年 チャック・トンプソン(Chuck Thompson)
1994年 ボブ・マーフィー(Bob Murphy)
1995年 ボブ・ウォルフ(Bob Wolff)
1996年 ハーブ・カーニール(Herb Carneal) 1962年から40年以上ミネソタ・ツインズの実況を担当。
1997年 ジミー・ダドリー(Jimmy Dudley) 1948年から1967年までクリーブランド・インディアンズの実況を担当。1969年にはシアトル・パイロッツ(現ミルウォーキー・ブルワーズ)の実況も務めた。
1998年 ハイメ・ハリン(Jaime Jarrin) エクアドル生まれ。1959年からロサンゼルス・ドジャーズのスペイン語実況を担当。CBCなどでワールドシリーズのスペイン語実況も長年担当した。1970年に南米出身者で初めてゴールデンマイク賞を受賞。
1999年 アーク・マクドナルド(Arch McDonald) ラジオ中継の始まった1930年代からワシントン・セネタース(現ミネソタ・ツインズ)やニューヨーク・ヤンキースの中継を担当。ジョー・ディマジオのニックネーム「ヤンキー・クリッパー」の名づけ親でもある。
2000年 マーティー・ブレンナマン(Marty Brennaman) 1974年からシンシナティ・レッズのラジオ実況放送を25年以上担当した。
2001年 フェロ・ラミレス(Rafael "Felo" Ramírez) MLBのラテンアメリカ向け放送や、プエルトリコ、ベネズエラ等のプロ野球実況などを30年以上担当した。
2002年 ハリー・カラス(Harry Kalas) 1963-1970年にアストロズ、1971年からフィリーズの実況を足かけ39年にわたって担当した。
2003年 ボブ・ウェッカー(Bob Uecker) 1971年から長くブルワーズの実況を担当。1964年のワールドシリーズ優勝メンバーでもある。
2004年 ロン・シモンズ(Lon Simmons) 1958-2002年まで西海岸のジャイアンツアスレチックスの実況を担当
2005年 ジェリー・コールマン(Jerry Coleman) サンディエゴ・パドレスの試合実況を30年以上担当
2006年 ジーン・エルストン(Gene Elston) ヒューストン・アストロズの実況を25年以上担当
2007年 デニー・マシューズ(Denny Matthews) カンザスシティ・ロイヤルズの実況放送を40年担当
2008年 デイブ・ニーハウス(Dave Niehaus) シアトル・マリナーズ球団創設以来30年以上実況を担当。アレックス・ロドリゲスのニックネーム"A-Rod"の名付け親でもある。
2009年 トニー・クーベック(Tony Kubek) NBCの番組やヤンキースブルージェイズの実況を30年以上担当。現役時代の1957年最優秀新人賞を獲得している
2010年 ジョン・ミラー(Jon Miller) 1997年からジャイアンツの実況を担当。2007年8月7日のバリー・ボンズの通算756号本塁打で有名な実況を行っている。
2011年 デイブ・バンホーン(Dave Van Horne)
2012年 ティム・マッカーバー(Tim McCarver) 1996年のFOXによるMLB放送開始から2013年までNo.1解説。他局を含めワールドシリーズの全国放送で計24回解説を担当。現役時代は1959年から1980年までセントルイス・カージナルスなどで捕手。
2013年 トム・チーク(Tom Cheek)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]