スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダース
Scranton/Wilkes-Barre RailRiders

ペンシルベニア州ラッカワナ郡ムージック
創設: 1919年
所属リーグ
  • AAA(1919年 - )
所属リーグ
所属メジャーリーグ
歴代チーム名
  • スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダース(2013年 - )
  • スクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキース
    (2007年 - 2012年)
  • スクラントン・ウィルクスバリ・レッドバロンズ
    (1989年 - 2006年)
  • メイン・フィリーズ(1988年)
  • メイン・ガイズ(1984年 - 1987年)
  • チャールストン・チャーリーズ
    (1971年 - 1983年)
  • コロンバス・ジェッツ(1995年 - 1970年)
  • オタワ・アスレチックス(1952年 - 1954年)
  • オタワ・ジャイアンツ(1951年)
  • ジャージーシティ・ジャイアンツ
    (1937年 - 1950年)
  • オールバニ・セネターズ(1932年 - 1936年)
  • レディング・キーストーンズ
    (1923年 - 1932年)
  • レディング・エーシズ(1921年 - 1922年)
  • レディング・マーリンズ(1920年)
  • レディング・コールバロンズ(1919年)
歴代本拠地
  • PNCフィールド
    (1989年 - 2011年, 2013年 - )
    旧称・ラッカワーナ・カウンティ・スタジアム
    (1989年 - 2007年)

収容人員: 10,310人

獲得マイナーリーグタイトル
クラス優勝 2016
リーグ優勝 2008・2016
地区優勝 1992・1999・2002・2006
2007・2008・2009・2010
2015・2016
オーナー: ニューヨーク・ヤンキース
SWBインベスターズ合同会社
GM: ロブ・クレイン
監督: アル・ペドリック

スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースScranton/Wilkes-Barre RailRiders)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ラッカワナ郡ムージックスクラントンウィルクスバリ都市圏内)に本拠地をおくマイナーリーグの野球チームである。

メジャーリーグニューヨーク・ヤンキース傘下AAA級チームで、インターナショナルリーグでプレーしている。本拠地球場はPNCフィールド

1989年から2006年まではスクラントン・ウィルクスバリ・レッドバロンズというチーム名でフィラデルフィア・フィリーズの傘下だったが、2007年からヤンキース傘下となりロゴやユニフォーム、チーム名をスクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキースに変更するなど一新。2012年にはPNCフィールドを改装することになり、使用できなくなったためにチーム名を一時的にエンパイアステート・ヤンキースに変更した。同年、チーム名を変更することになったため一般公募した結果、路面電車発祥の地ということに因んで2013年より現在のチーム名を使用することが決定した。

歴史[編集]

スクラントン移転以前[編集]

1919年ペンシルベニア州レディングに「レディング・コールバロンズ」として設立された。

1920年、「レディング・マーリンズ」に改名。

1921年、「レディング・エーシズ」に改名。

1923年、「レディング・キーストーンズ」に改名。

1932年の8月にニューヨーク州オールバニに移転し、「オールバニ・セネタース」に改名。

1937年ニュージャージー州ジャージーシティに移転し、「ジャージーシティ・ジャイアンツ」に改名。ニューヨーク・ジャイアンツと提携。

1951年オンタリオ州オタワに移転し、「オタワ・ジャイアンツ」に改名。

1952年フィラデルフィア・アスレチックスと提携し、チーム名を「オタワ・アスレチックス」に改名。

1955年オハイオ州コロンバスに移転し、「コロンバス・ジェッツ」に改名。

1957年ピッツバーグ・パイレーツと提携。

1971年ウエストバージニア州チャールストンに移転し、「チャールストン・チャーリーズ」に改名。

1977年ヒューストン・アストロズと提携。

1980年テキサス・レンジャーズと提携。

1981年クリーブランド・インディアンスと提携。

1984年メイン州オールドオーチャードビーチに移転し、「メイン・ガイズ」に改名。

1987年フィラデルフィア・フィリーズと提携。ペンシルベニア州スクラントンの「ノースイースト・ベースボール社」が球団を買収。

1988年、「メイン・フィリーズ」に改名。

スクラントン移転後[編集]

1989年、スクラントンに移転し、「スクラントン・ウィルクスバリ・レッドバロンズ」に改名。

1992年、地区優勝を果たす。

1999年、2度目の地区優勝を果たす。

2002年、3年ぶり3度目の地区優勝を果たす。

2006年、4年ぶり4度目の地区優勝。シーズンオフの9月21日に球団が2007年シーズンからニューヨーク・ヤンキースと2年契約で提携することを発表[1]12月12日には「スクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキース」に改名することを発表した[2]

2007年、2年連続5度目の地区優勝を果たした。

2008年、3年連続となる地区優勝を果たし、ガバナーズ・カップでダーラム・ブルズを破り初のリーグ制覇を達成。オフの12月15日クリステン・ローズが社長に就任したことを発表した[3]

2009年、4年連続となる地区優勝を果たしたが、チャンピオンシップでブルズに敗れた。

2010年5月20日に球団がヤンキースとの提携を2014年まで延長したと発表[4]。シーズンは5年連続となる地区優勝を果たすも、準決勝でコロンバス・クリッパーズに敗れる。オフの11月10日に球団が本拠地・PNCフィールドを4000万ドルで改修することを発表した[5]

2011年は北地区3位(リーグ7位)でプレーオフ進出を逃した。

2012年ラッカワナ郡ニューヨーク・ヤンキースとマンダレー・ベースボールが共同経営する「SWBヤンキース」に球団を1460万ドルで売却。7月9日にはロブ・クレインが球団社長兼ゼネラルマネージャーに就任した[6]。本拠地・PNCフィールドが改修中のため、大半は同リーグに所属するAAA級ロチェスター・レッドウイングスの本拠地「フロンティア・フィールド」(ニューヨーク州ロチェスター)を使用した[7]。その他、「ドワイアー・スタジアム(A級バタビア・マックドッグス本拠地)」、「NBTバンク・スタジアム」、「コカ・コーラ・フィールド」、「コカ・コーラ・パーク」、「マッコイ・スタジアム」の5球場を使用した。チームは2年ぶりの地区優勝を果たし(リーグ2位)、プレーオフに進出したが、ポータケット・レッドソックスとの準決勝で1勝3敗となり、決勝進出を逃した。11月14日、チーム名を2013年シーズンから「スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダース」に改名することを発表した[8]

2013年7月25日トレド・マッドヘンズ戦で1対1のまま移転後最長となる延長20回に突入し、ランディ・ルイーズの本塁打で勝利した[9]。シーズンは首位と12.5ゲーム差の北地区5位(リーグ10位)に沈んだ。

2014年は2年連続で北地区5位(リーグ11位)と低迷。9月3日にはオーナーのマンダレー・ベースボール社が、地元の投資団体であるSWBインベスターズ合同会社に50%の所有権を売却することを発表した[10]

2015年は81勝(63敗)で5年ぶりの北地区優勝(リーグ3位)を果たし、3年ぶりのプレーオフ出場となった。しかし、インディアナポリス・インディアンスとの準決勝で0勝3敗に終わり、チームは敗退した。

2016年は2年連続となる北地区優勝(リーグ1位)でレギュラーシーズンを終え、プレーオフへ進出。準決勝のリーハイバレー・アイアンピッグス戦を3勝0敗で下すと、決勝のグウィネット・ブレーブス戦も3勝1敗で勝ち越し、8年ぶりのリーグ優勝を果たした[11]9月20日に行われたエル・パソ・チワワズとのAAAベースボールナショナルチャンピオンシップでは3対1で勝利し[12]、初のクラス優勝を果たした。

選手名鑑[編集]

現役選手[編集]

投手

捕手

内野手

外野手

* 40人ロースター

2017年4月24日更新   
[公式サイト(英語)より:ロースター 選手の移籍・故障情報]

監督・コーチ[編集]

背番号 国籍 役職 選手名
13
アメリカ合衆国の旗 監督 アル・ペドリック (Al Pedrique)
57
アメリカ合衆国の旗 投手コーチ トミー・フェルプス (Tommy Phelps)
31
アメリカ合衆国の旗 打撃コーチ P.J.ピリテレ (P.J. Pilittere)
15
アメリカ合衆国の旗 守備コーチ ダグ・デービス (Doug Davis)
50
アメリカ合衆国の旗 コーチ タイソン・ブレーザー (Tyson Blaser)

主な過去所属選手[編集]

年度別成績[編集]

勝敗 順位 監督 ポストシーズン
スクラントン・ウィルクスバリ・レッドバロンズ
1989 64勝79敗 7位 ビル・ダンシー
-
1990 68勝78敗 5位
-
1991 65勝78敗 7位
-
1992 84勝58敗 2位 リー・エリア 決勝敗退
1993 62勝80敗 8位 ジョージ・カルバー
-
1994 62勝80敗 10位 マイク・クーパー
-
1995 70勝72敗 8位
-
1996 70勝72敗 5位 (同率) ブッチ・ホブソン (13勝14敗)
ラモン・アビレス (57勝58敗)
-
1997 66勝76敗 8位 マーク・ボンバード
-
1998 67勝75敗 11位
-
1999 78勝66敗 5位 準決勝敗退
2000 85勝60敗 2位 決勝敗退
2001 78勝65敗 4位 ジェリー・マーティン (33勝32敗)
マーク・ボンバード (45勝33敗)
決勝敗退
2002 91勝53敗 1位 マーク・ボンバード 準決勝敗退
2003 73勝70敗 4位 (同率)
-
2004 69勝73敗 8位
-
2005 69勝75敗 9位 (同率) ジーン・ラモント
-
2006 84勝58敗 1位 ジョン・ラッセル 準決勝敗退
スクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキース
2007 84勝59敗 1位 デイブ・マイリー 準決勝敗退
2008 88勝56敗 1位 リーグ優勝
2009 81勝60敗 3位 決勝敗退
2010 87勝56敗 2位 準決勝敗退
2011 73勝69敗 7位
-
2012 84勝60敗 2位 準決勝敗退
スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダース
2013 68勝76敗 10位 デイブ・マイリー
-
2014 68勝76敗 11位
-
2015 81勝63敗 3位 準決勝敗退
2016 91勝52敗 1位 アル・ペドリック リーグ優勝
合計 2102勝1895敗

脚注[編集]

  1. ^ Benjamin Hill (2006年9月21日). “Red Barons happy to house Yanks”. MiLB.com. 2014年1月4日閲覧。
  2. ^ It's now the Scranton/Wilkes-Barre Yankees!!”. MiLB.com (2006年12月12日). 2014年1月4日閲覧。
  3. ^ Rose assumes role of president”. MiLB.com (2008年12月15日). 2014年1月4日閲覧。
  4. ^ Yankees extend contract through 2014”. MiLB.com (2010年5月20日). 2014年1月4日閲覧。
  5. ^ SWB Yankees, LLC welcome Stadium Authority decision on renovation”. MiLB.com (2010年11月10日). 2014年1月4日閲覧。
  6. ^ Rob Crain Named President and General Manager of SWB Yankees”. MiLB.com (2012年7月9日). 2013年12月30日閲覧。
  7. ^ Empire State Yankees name, logos revealed”. MiLB.com (2012年3月6日). 2013年12月30日閲覧。
  8. ^ “Yankees’ Scranton/Wilkes-Barre Farm Team Renamed ‘RailRiders’”. CBS New York. (2012年11月15日). http://newyork.cbslocal.com/2012/11/15/yankees-triple-a-scrantonwilkes-barre-club-renamed-railriders 2013年12月30日閲覧。 
  9. ^ John Sadak (2013年7月26日). “RailRiders Win Record-Setting 20-Inning Game”. MiLB.com. http://www.milb.com/news/article.jsp?ymd=20130726&content_id=54812932&vkey=news_t531&fext=.jsp&sid=t531 2013年12月30日閲覧。 
  10. ^ Mandalay Announces Pending Sale of Ownership Interest in RailRiders”. MiLB.com (2014年9月3日). 2014年12月12日閲覧。
  11. ^ September 20, 2016”. MiLB.com (2016年9月30日). 2016年10月18日閲覧。
  12. ^ 2016 International League Playoffs”. MiLB.com. 2016年10月18日閲覧。

外部リンク[編集]