ウィリー・ウェルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリー・ウェルズ
Willie Wells
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州オースティン
生年月日 1905年8月10日
没年月日 1989年1月22日(満83歳没)
身長
体重
5' 8" =約172.7 cm
160 lb =約72.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
  • サンアントニオ・ブラックエース(1923年)
  • セントルイス・スターズ(1924-1931年)
  • デトロイト・ウルヴス(1932年)
  • ホームステッド・グレイズ(1932年)
  • カンザスシティ・モナークス(1932,1934年)
  • コールズ・アメリカン・ジャイアンツ(1933-1935年)
  • ニューアーク・イーグルス(1936-1939,1942,1945年)
  • シカゴ・アメリカン・ジャイアンツ(1944年)
  • ニューヨーク・ブラック・ヤンキース(1945-1946年)
  • ボルチモア・エリート・ジャイアンツ(1946年)
  • インディアナポリス・クラウンズ(1947年)
  • メンフィス・レッドソックス(1944,1948年)
  • バーミンガム・ブラックバロンズ(1954年)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1997年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ウィリー・ウェルズ(William James Wells、 1905年8月10日 - 1989年1月22日)は、1920~1940年代にアメリカ合衆国ニグロリーグで活躍していた野球選手。主なポジションは遊撃手テキサス州オースチン生まれ。右投げ右打ち。ニックネームは"El Diablo"(エル・ディアブロ:悪魔のこと)。

来歴・人物[編集]

高校時代に野球とフットボールを得意にしていたウェルズは、1923年にニグロリーグのマイナー組織で活動していた地元のオースチンの球団に入団し、プロ野球選手となった。翌年にはニグロ・ナショナル・リーグのセントルイス・スターズに所属、1931年まで8年在籍した。特にウェルズの活躍が知られているのは1920年代の後半に、セントルイス・スターズが1928年、1930年、1931年と3度リーグを制していた時期で、特にウェルズは勝負強い打者として恐れられていた。1926年に当時のニグロリーグの1シーズン最多記録となる27本塁打を打ち、また1929年と1930年には、それぞれ.368と.404の打率を記録して2年続けてのリーグ首位打者にもなった。打撃面で全盛期を迎えていたウェルズは、相手投手からも頻繁にビーンボールを投げられるようになっていた。しかし彼はそれに対抗し、建設現場で使うヘルメットを被って打席に立っていた(余談だが、ヘルメットをかぶって打席に立つようになったのは、メジャーリーグを含め彼が最初だといわれている)。

1931年シーズン後に所属リーグの破綻でチームが消滅してしまった後、いくつかの球団を渡り歩くようになる。1930年代後半にニューアーク・イーグルスに在籍していた頃は、攻撃だけでなくその守備力が相手チームの脅威となっていた。同じ時期、ウェルズはニグロリーグだけでなく、ラテンアメリカ各国の野球リーグにも参加するようになっていた。ニックネームの「エル・ディアブロ」は、ウェルズが1940年にメキシコリーグに参加した際に、現地のファンがつけたものである。またキューバリーグには7シーズン参加し、リーグ最優秀選手に二度輝いている。

ニグロリーグでは1948年頃まで現役を続け、1950年にはカナダ西部の野球リーグで選手兼任監督を勤めていた。1954年には再びアメリカに戻り、バーミンガム・ブラックバロンズの監督を勤めている。

1989年に生まれ故郷のオースチンで死去。当時は「殿堂入りしていない選手の中で最も偉大な選手」などと言われたこともあったが、1997年にベテランズ委員会がアメリカ野球殿堂入り選手に選出した。

記録・表彰等[編集]

  • 通算成績:出場945試合、通算打率.328、126本塁打
  • キューバリーグでの成績:通算打率.320、最多本塁打2回、最優秀選手賞2回
  • メジャーリーグとの交流試合:通算打率.410

出典・外部リンク[編集]