マーティン・ディーゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はディーゴ第二姓(母方の)はリアノスです。
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • マルティン・ディーゴ
マーティン・ディーゴ
Martin Dihigo
基本情報
国籍  キューバ
出身地 マタンサス州シドラ
生年月日 (1905-05-25) 1905年5月25日
没年月日 (1971-05-20) 1971年5月20日(65歳没)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手外野手二塁手三塁手
プロ入り 1922年
初出場 NLB / 1923年
最終出場 NLB / 1945年 
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • ベラクルス・ブルース (1940)
  • ニューヨーク・キューバンズ (1945)
  • ベラクルス・イーグルス (1950, 1956 - 1957)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1977年
選出方法 ニグロリーグ特別委員会選出

マーティン・マグダレノ・ディーゴ・リアノスMartín Magdaleno Dihigo Llanos , 1905年5月25日 - 1971年5月20日)は、キューバマタンサス州シドラ出身のプロ野球選手投手内野手外野手)。右投げ右打ち。愛称"El Maestro"エル・マエストロ)。

経歴[編集]

1922-1923シーズンに16歳でキューバ国内リーグ"リーガ・クバーナ・デ・ベイスボル"のレオネス・デル・ハバナプロ野球選手としてのキャリアを始めた。

1923年からアメリカ合衆国ニグロリーグのキューバ人選抜チームであるキューバン・スターズ (イースト)に所属し、当初は主に一塁手として出場していた。

ニグロリーグでは1926年イースタン・カラードリーグ本塁打王のタイトルを獲得した。ニグロナショナルリーグニューヨーク・キューバンズに所属した1935年にも2度目の本塁打王のタイトルを獲得するなど、打撃面でも目を見張る成績を残した。1936年を最後にニグロリーグを離れた。

キューバリーグでは1927-1928シーズン、1935-1936シーズン、1936-1937シーズン、1941-1942シーズンと計4度のMVPを獲得した。

メキシカンリーグでは1938年に打者として打率.387、また投手としては18勝2敗・防御率0.90の成績を残している。資料によれば[1]、メキシカンリーグ史上最初のノーヒットノーランを達成(1937年9月16日)したのがディーゴだと言われている。また同年、当時の大投手だったサチェル・ペイジと対決した試合があり、その試合では前半にペイジと投手戦を演じたあと、9回に自ら決勝の本塁打を放ってチームを勝利に導くという大活躍をやってのけた。[2]

その後は1945年にニグロリーグのニューヨーク・キューバンズ選手兼任監督として1年だけプレーして、イーストウェスト・オールスターゲーム(ニグロリーグのオールスターゲーム)にも10年ぶりに選ばれた。

1947年にキューバリーグでのキャリアを終え、メキシカンリーグで選手兼任監督としてプレーした。

1950年にキューバリーグで1試合だけ「現役復帰」して2を投げた。通算107勝76敗は革命前のキューバリーグでは最も多い勝利数である。また、通算121完投もリーグ最多。

1951年キューバ野球殿堂入りを果たした[3]

フィデル・カストロを早くから支持し、キューバ革命の成功後は亡くなるまでスポーツ省の大臣を務めていた。

1971年5月20日に死去。65歳没。

1977年ニグロリーグ特別委員会による選考でアメリカ野球殿堂入りを果たした。この他、メキシコ、ベネズエラドミニカ共和国の野球殿堂にも名前を刻んでいる。

プレースタイル[編集]

捕手以外の全ての守備位置を経験した。アメリカ野球殿堂入りした名一塁手であるジョニー・マイズ1943年にドミニカ共和国のウィンターリーグで一緒にプレーしたディーゴについて「すべての守備位置をこなすし、走塁も良く、監督もし、左右どちらでも打つことができた」[4]。また、元ニグロリーガーのテッド・ページは「外野からの送球はロベルト・クレメンテよりも優れていた」というコメントを残している[1]。アメリカ野球殿堂入りした元ニグロリーガーのバック・レナードロサンゼルス・ドジャースアル・キャンパニスゼネラルマネージャーは今までの人生で見た最高のプレイヤーとしてディーゴを挙げ[5]、高く評価していた。ユーモアがあり、気立ての良いことで知られ、キューバの国民的英雄だった。

詳細情報[編集]

獲得タイトル・記録[編集]

NLB

各国リーグ通算打撃・投手成績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Martin Dihigo” (英語). SABR.org. 2013年4月20日閲覧。
  2. ^ NLBPAによれば、この試合でペイジは腕を痛めていたために、アンダースローで制球重視の投球をしていたが、それでも6回まで無失点に抑えていたそうである。
  3. ^ Cuban Baseball Hall of Fame” (英語). Baseball-Almanac.com. 2013年4月20日閲覧。
  4. ^ Dihigo played all nine positions in the Negro Leagues” (英語). MLB.com. 2013年4月20日閲覧。
  5. ^ Clemente headlines All-Time Latino Team” (英語). MLB.com. 2013年4月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]