1912年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1912年の野球から転送)
移動先: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1912年のできごとを記す。1912年4月11日に開幕し10月16日に全日程を終え、ナショナルリーグニューヨーク・ジャイアンツが、アメリカンリーグボストン・レッドソックスが優勝。

ワールドシリーズボストン・レッドソックスがニューヨーク・ジャイアンツを4勝3敗1分けでシリーズを初制覇した。

できごと[編集]

  • アメリカン・リーグは、レッドソックスが22歳のスモーキー・ジョー・ウッドが剛速球で34勝をあげ、強打者で守備の天才と言われたトリス・スピーカーの活躍で2度目のリーグ優勝を果たした。一方ナショナル・リーグでは、ニューヨーク・ジャイアンツが終盤戦にダッシュして優勝し、この年のシーズン最初からルーブ・マーカード 投手が開幕19連勝するメジャーリーグタイ記録を達成し通算26勝を上げて、クリスティ・マシューソンも23勝を上げて依然ジャイアンツの投打の中心であった。
  • ワールドシリーズは、8年前にジャイアンツがレッドソックスとの対戦を拒否した因縁の組み合わせであり、もつれて3勝3敗1分けから決着は第8戦に持ち込まれて、ジャイアンツが延長10回表にフレッド・マークル(1908年のボーンヘッドで有名)の適時打で1点を取り、逃げ込みを図るが10回裏に2点を失い、逆転サヨナラ負けでレッドソックスが優勝した。この延長10回裏に先頭打者エンゲル(代打)の平凡なセンターフライをジャイアンツのスノッドグラス中堅手がポロリと落とし、その後に走者は1死後に3塁に進み、次打者が四球で出て1死1・3塁となり、次打者トリス・スピーカーが一塁線にファウルフライを打ち上げて、これを一塁手マークル、投手マシューソン、捕手マイヤーズが追ったがその間にポトンと落ち、その直後にスピーカーがライト前ヒットを打ち同点となり、次の打者ガードナーの犠牲フライで3塁から生還しての逆転サヨナラ勝ちであった。この1912年のワールドシリーズ第8戦の逆転劇のプロローグとなった「フレッド・スノッドグラスの落球」は「フレッド・マークルのボーンヘッド」とともに野球史に残ったが、ジャイアンツのジョン・マグロー監督は翌年にスノッドグラスの年俸を上げて、彼は翌年の優勝に貢献している。
  • 今も現存するフェンウェイ・パークが開場し、最初の公式戦はこの年4月20日にボストン・レッドソックスニューヨーク・ハイランダースの試合が行われ、観衆2万7000人が集まって、延長戦となりレッドソックスが勝った。
  • 5月15日、試合中にタイ・カッブが観客の余りにひどい野次にたまりかねて、スタンドに上がって野次った観客を殴打する事件が起こった。ジョンソン会長はカッブを無期限出場停止処分を下したが、これに他のタイガースの選手が怒ってストライキを決行し、今度は球団が大学の選手や草野球選手を急遽集めて急造のチームを作って公式戦に出場させたが、23対2で大敗した。その後、同僚の職場復帰、カッブの26日からの再出場で、この事件は収まった。

規則の改訂[編集]

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ボストン・レッドソックス 105 47 .691 --
2 ワシントン・セネタース 91 61 .599 14.0
3 フィラデルフィア・アスレチックス 90 62 .592 15.0
4 シカゴ・ホワイトソックス 78 76 .506 28.0
5 クリーブランド・ナップス 75 78 .490 30.5
6 デトロイト・タイガース 69 84 .451 36.5
7 セントルイス・ブラウンズ 53 101 .344 53.0
8 ニューヨーク・ハイランダース 50 102 .329 55.0

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ニューヨーク・ジャイアンツ 103 48 .682 --
2 ピッツバーグ・パイレーツ 93 58 .616 10.0
3 シカゴ・カブス 91 59 .607 11.5
4 シンシナティ・レッズ 75 78 .490 29.0
5 フィラデルフィア・フィリーズ 73 79 .480 30.5
6 セントルイス・カージナルス 63 90 .412 41.0
7 ブルックリン・トロリードジャース 58 95 .379 46.0
8 ボストン・ブレーブス 52 101 .340 52.0

ワールドシリーズ[編集]

  • ジャイアンツ 3 - 1 - 4 レッドソックス
10/ 8 – レッドソックス 4 - 3 ジャイアンツ
10/ 9 – ジャイアンツ 6 - 6 レッドソックス
10/10 – ジャイアンツ 2 - 1 レッドソックス
10/11 – レッドソックス 3 - 1 ジャイアンツ
10/12 – ジャイアンツ 1 - 2 レッドソックス
10/14 – レッドソックス 2 - 5 ジャイアンツ
10/15 – ジャイアンツ 11 - 4 レッドソックス
10/16 – ジャイアンツ 2 - 3 レッドソックス

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 タイ・カッブ (DET) .409
本塁打 フランク・ベイカー (PHA) 10
トリス・スピーカー (BOS)
打点 フランク・ベイカー (PHA) 130
得点 エディ・コリンズ (PHA) 137
安打 タイ・カッブ (DET) 226
ジョー・ジャクソン (CLE)
盗塁 クライド・ミラン (WS1) 88

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ジョー・ウッド (BOS) 34
敗戦 ラス・フォード (NYY) 21
防御率 ウォルター・ジョンソン (WS1) 1.39
奪三振 ウォルター・ジョンソン (WS1) 303
投球回 エド・ウォルシュ (CWS) 393
セーブ エド・ウォルシュ (CWS) 10

ナショナルリーグ[編集]

投手成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ヘイニー・ジマーマン (CHC) .372
本塁打 ヘイニー・ジマーマン (CHC) 14
打点 ホーナス・ワグナー (PIT) 102
得点 ボブ・ベッシャー (CIN) 120
安打 ヘイニー・ジマーマン (CHC) 207
盗塁 ボブ・ベッシャー (CIN) 67

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ラリー・チェニー (CHC) 26
ルーブ・マーカード (NYG)
敗戦 レフティ・タイラー (BSN) 22
防御率 ジェフ・ステロウ (NYG) 1.96
奪三振 ピート・アレクサンダー (PHI) 195
投球回 ピート・アレクサンダー (PHI) 310⅓
セーブ スリム・サリー (STL) 6

表彰[編集]

チャルマーズ賞 (MVP)

外部リンク[編集]