土屋紘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土屋 紘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県
生年月日 (1944-07-10) 1944年7月10日(73歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1967年 ドラフト1位
初出場 1968年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

土屋 紘(つちや ひろし、1944年7月10日 - )は、長野県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

臼田高校では2年生の時からエース、1961年秋季北信越大会県予選東信準決勝に進むが、丸子実に敗退。当時から低めにコントロールされた重い速球は定評があり、一試合平均10個以上の三振を奪っていた。

高校卒業後、社会人野球三協精機電電信越に誘われたが、駒澤大学へ進学。東都六大学リーグでは1、2年生の時に2度の優勝を経験するが、1年上に盛田昌彦(北海道拓殖銀行)、同期に伊藤久敏といった好投手がおり、活躍の場はなかった。1965年春季リーグで初登板、盛田の卒業後は伊藤と左右の二本柱となり、リーグ通算27試合11勝9敗の成績をあげる。他の大学同期に大下剛史遊撃手後藤和昭三塁手がいる。

大学卒業後は電電東京へ入社。1967年都市対抗では、2回戦で山田久志を擁する富士鐵釜石を完封するなど2勝をあげ、準決勝に進出する。準決勝では日本石油平松政次投手と投げ合い1-2で惜敗したが、優秀選手賞を受賞した。1967年ドラフト会議中日ドラゴンズから1位指名を受け入団。

1968年に一軍に上がるが、その後は一時低迷。1971年4月18日ヤクルトアトムズを相手に初先発。5月12日には2回目の先発で大洋ホエールズ山下律夫と投げ合い7回途中まで好投、初勝利を記録した。1972年には2完投、3勝をマークするが、1973年シーズン途中に、水谷則博とともに、佐藤政夫奥田直也との交換トレードでロッテオリオンズへ移籍。

その後は活躍の機会がなく1975年引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1968 中日 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 15 3 7 0 1 0 0 2 0 0 4 4 12.00 2.67
1971 12 3 0 0 0 1 1 -- -- .500 150 35.1 38 5 15 0 0 17 0 0 17 17 4.37 1.50
1972 28 12 2 0 0 3 4 -- -- .429 363 89.2 78 14 24 5 1 34 0 0 41 37 3.70 1.14
1974 ロッテ 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 18 4 4 0 2 0 0 1 0 0 2 2 4.50 1.50
通算:4年 44 15 2 0 0 4 5 0 -- .444 546 132 127 19 42 5 1 54 0 0 64 60 4.09 1.28

背番号[編集]

  • 26 (1968年 - 1973年途中、1974年 - 1975年)
  • 40 (1973年途中 - 同年終了)

関連項目[編集]