金博昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金 博昭
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1939-01-07) 1939年1月7日(78歳)
身長
体重
166 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1967年 ドラフト9位
初出場 1968年4月19日
最終出場 1969年8月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

金 博昭(こん ひろあき、1939年1月7日 - )は、東京都出身の元プロ野球選手。ポジションは外野手

来歴・人物[編集]

日大二高から明治大学日本大学へ進学したが、それぞれ一年で中退[1]1960年に、当時は準硬式野球部であった立正佼成会へ進んだ。翌年にチームが硬式に転向し、1965年都市対抗若生和也投手を擁し初出場。大会史上に残る大応援団のもと、1回戦で三重交通を降すが、2回戦で松下電器に敗れた。この大会では打率.528で首位打者となる[1]。また1967年には、監督兼選手としてチームを率いた。同年都市対抗に再度出場し、打率.444を記録し優秀選手となった[1]。立正佼成会のチームメートに小川健太郎黒江幸弘らがいる。

野球部の解散決定に伴い、1967年ドラフト会議中日ドラゴンズから9位指名を受け、同じく指名された若生とともに、28歳という年齢で入団する。これは当時の最年長記録だった(2005年東北楽天ゴールデンイーグルスに指名された山崎隆広が29歳1ヶ月で記録更新した)。俊足好打のチャンスメーカーとしての働きが期待され、1968年の最終戦では一番打者として初の先発出場を果たす。翌年も2試合に一番打者として起用されたが、その後はあまり出場機会に恵まれず、1970年引退

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1968 中日 36 35 31 2 7 0 0 0 7 0 1 0 1 0 3 0 0 10 0 .226 .294 .226 .520
1969 9 11 11 1 2 0 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 2 0 .182 .182 .182 .364
通算:2年 45 46 42 3 9 0 0 0 9 0 2 0 1 0 3 0 0 12 0 .214 .267 .214 .481

記録[編集]

背番号[編集]

  • 49 (1968年 - 1970年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 週刊ベースボール』 1968年1月8日号、ベースボール・マガジン社、50頁。

関連項目[編集]