若生和也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
若生 和也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県
生年月日 (1944-11-16) 1944年11月16日(72歳)
身長
体重
174 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1967年 ドラフト3位
初出場 1968年
最終出場 1973年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

若生 和也(わこう かずや、1944年11月16日 - )は、宮城県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

塩釜高校では、鉄砲肩を誇る捕手だった。仙台鉄道局に入社し投手へコンバート、岩崎電気を経て立正佼成会へ。1965年都市対抗に初出場。大会史上に残る大応援団のもと、1回戦で後藤博を救援し好投、三重交通を降しチーム初勝利に貢献した。しかし2回戦では松下電器に打ち込まれ敗退[1]。この時のチームメートに田中辰次鷺宮製作所から補強)がいた。

1967年にはエースとして都市対抗に再度出場。1回戦では三菱重工神戸に完投勝利、2回戦でも日本楽器を相手に好投するが、9回裏にサヨナラ本塁打を喫し惜敗[1]。この時のチームメートには監督兼任の金博昭がいた。

立正佼成会野球部の解散決定に伴い、1967年ドラフト会議中日ドラゴンズから3位指名を受け、金とともに入団。1970年には9先発を含む35試合に登板するが結果を残せなかった。

1972年オフに第3回選抜会議(トレード会議)の対象となり、ロッテオリオンズへ移籍。1973年限りで引退した。速球とスライダー、カーブ、シュートが武器の本格派投手だった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1968 中日 14 4 0 0 0 1 2 -- -- .333 127 32.1 24 2 10 1 2 15 0 1 15 15 4.22 1.05
1969 5 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 37 7.2 11 0 3 0 0 6 1 0 7 6 6.75 1.83
1970 35 9 0 0 0 1 7 -- -- .125 346 77.2 79 10 35 4 4 39 0 0 41 37 4.27 1.47
1972 25 0 0 0 0 2 0 -- -- 1.000 183 41.1 49 6 16 2 0 28 4 0 24 22 4.83 1.57
1973 ロッテ 11 1 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 79 17.0 27 5 2 0 1 9 1 0 16 15 7.94 1.71
通算:5年 90 14 0 0 0 5 9 -- -- .357 772 176.0 190 23 66 7 7 97 6 1 103 95 4.86 1.45

背番号[編集]

  • 59 (1968年)
  • 32 (1969年 - 1972年)
  • 26 (1973年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]