後藤和昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
後藤 和昭
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県三島市
生年月日 (1944-05-28) 1944年5月28日(73歳)
身長
体重
172 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1968年 ドラフト外
初出場 1969年
最終出場 1976年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

後藤 和昭(ごとう かずあき、1944年5月28日 - )は、静岡県三島市出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

東海大一高では、3年次の1962年夏の甲子園県予選で準々決勝へ進出するが、島田商業高に敗退。

高校卒業後は駒澤大学に進学し、東都大学リーグでは在学中2度の優勝を経験。1964年10月には、東京五輪デモンストレーションゲームとして開催された日米大学野球選抜試合に三塁手として出場している。リーグ通算95試合出場、332打数86安打、打率.259、5本塁打、32打点。ベストナイン1回受賞。大学同期に伊藤久敏土屋紘大下剛史がいる。

1966年プロ野球第2次ドラフト会議サンケイアトムズに3位指名されるものの拒否し、大学卒業後は社会人野球日本軽金属に入社。産業対抗に2回出場。

1968年ドラフト外阪神タイガースに入団。1969年には、ジュニアオールスターに出場し、MVPを獲得した。1970年には大倉英貴と三塁手の定位置を争い、1971年にレギュラーを獲得。1973年には規定打席に到達し、打率.243(22位)を記録した。守備に定評があり、巨人戦に強かった。1975年には、三塁のポジションを掛布雅之に奪われる。1976年には村上雅則東田正義とトレードで日本ハムファイターズに移籍し、同年引退。

引退後は、藤井勇の斡旋でスポーツ用品メーカーへ就職し、野球教室でも活躍。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1969 阪神 25 30 29 2 4 0 0 1 7 4 0 0 1 0 0 0 0 5 0 .138 .138 .241 .379
1970 73 157 142 17 32 7 0 3 48 9 1 0 7 0 7 1 1 28 3 .225 .267 .338 .605
1971 88 207 194 10 46 10 1 4 70 11 0 4 1 1 10 0 1 27 6 .237 .277 .361 .638
1972 78 219 203 20 43 4 2 5 66 25 2 1 1 2 11 2 2 37 4 .212 .257 .325 .582
1973 117 416 378 22 92 7 1 9 128 33 0 4 10 2 23 1 3 55 5 .243 .291 .339 .629
1974 92 290 260 22 65 8 1 9 102 33 0 3 6 1 21 0 2 34 3 .250 .310 .392 .702
1975 77 68 64 3 12 2 1 0 16 0 0 0 2 0 2 0 0 10 2 .188 .212 .250 .462
1976 日本ハム 46 88 77 3 17 2 0 0 19 2 0 0 4 0 6 0 1 11 1 .221 .286 .247 .532
通算:8年 596 1475 1347 99 311 40 6 31 456 117 3 12 32 6 80 4 10 207 24 .231 .278 .339 .616

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 30 (1969年)
  • 3 (1970年 - 1975年)
  • 8 (1976年)

関連項目[編集]