樋沢良信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
樋沢 良信
読売ジャイアンツ
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岩手県久慈市
生年月日 (1950-01-21) 1950年1月21日(68歳)
身長
体重
178 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1970年 ドラフト4位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

樋沢 良信(ひざわ よしのぶ、1950年1月21日 - )は、岩手県久慈市出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

東北高等学校から日本電信電話公社東北支社(電電東北、現在のNTT東日本宮城支店)へ入社した後に、同社硬式野球部(現在の東北マークス)所属の内・外野手として社会人球界で活躍。1970年プロ野球ドラフト会議読売ジャイアンツ(巨人)から4位に指名されたことを機に、同球団へ入団した。

内外野を守れる万能選手で、巨人への入団直後には「土井(正三)2世」という期待を寄せられた。しかし、ケガが相次いだことなどから、一軍公式戦での出場機会がないまま1975年末に現役を引退。引退後も球団に残って、スカウト・チーフスコアラー・記録室長を約10年、一軍から三軍までの内・外野守備コーチを5年間担当した。2005年から2010年末の定年退職までは、独身の若手選手を預かる「ジャイアンツ寮」の寮長を務めている。

巨人の球団史において、選手として入団してから球団職員として定年を迎えるまで、一貫して同球団に在籍していた人物は樋沢だけとされる[1]。定年退職後は、講演活動やインタビューなどで、巨人時代の経験や球界の大物選手・OBとのエピソードを披露している。2014年3月に玉川大学野球部監督に就任する[2]

5人兄弟の末っ子で、実兄(4番目の子)は出身地の久慈市喫茶店を経営。2013年度前期NHK朝の連続ドラマ『あまちゃん』の劇中に登場する「リアス」(架空の駅である「北三陸駅」構内の喫茶店)は、この喫茶店をモデルにしている[3]

BS-TBSおんな酒場放浪記に出演した事がある(#144 読売ランド前「忠’ちゃん」。栗原友が旅人だった。)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 37 (1971年 - 1975年)
  • 111 (1990年 - 1991年)
  • 75 (1992年 - 1995年)

脚注[編集]

  1. ^ 元巨人軍寮長「樋沢良信」氏が語る~人材育成法~を参照。
  2. ^ 巨人OB寮長・樋沢氏、玉川大新監督就任「ワクワクしている」”. スポーツ報知. 2014年3月18日閲覧。
  3. ^ NHK総合テレビで2013年6月10日に放送された『鶴瓶の家族に乾杯』久慈市ロケより。このロケには、『あまちゃん』で「リアス」を切り盛りしている天野春子役の小泉今日子も同行していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]