松尾輝義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松尾 輝義
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県長崎市竿浦町
生年月日 (1951-04-23) 1951年4月23日(70歳)
身長
体重
180 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1969年 ドラフト10位
初出場 1973年8月3日
最終出場 1973年8月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松尾 輝義(まつお てるよし、1951年4月23日 - )は、長崎県長崎市竿浦町出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

長崎商業高校ではエース、四番打者として活躍。1968年秋季九州大会に進み、1回戦で宮崎商西井哲夫と投げ合うが惜敗、春の選抜出場を逸する。1969年夏の甲子園に出場。2回戦(初戦)で若狭高に惜敗[1]。同年の長崎創造国体にも出場。準々決勝(初戦)で取手一高に敗退。

1969年ドラフト会議読売ジャイアンツから10位指名を受け入団。1973年に一軍に上がり、8月8日には大洋を相手に初先発を果たすが、3回3失点で関本四十四にリリーフを仰ぐ。8月17日には同じ大洋との対戦で2回目の先発、味方が先取点を奪うが、2回に同点とされ早々に降板した。その後は登板機会に恵まれず、1979年限りで引退

威力のある速球とカーブを武器にしたが、制球力に課題があった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1973 巨人 5 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 34 7.1 6 2 5 1 0 2 0 0 5 4 5.14 1.50
通算:1年 5 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 34 7.1 6 2 5 1 0 2 0 0 5 4 5.14 1.50

記録[編集]

背番号[編集]

  • 54 (1970年 - 1976年)
  • 84 (1977年 - 1979年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]