豊倉孝治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
豊倉 孝治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県館山市
生年月日 (1951-05-10) 1951年5月10日(71歳)
身長
体重
176 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1970年 ドラフト3位
初出場 1971年4月11日
最終出場 1971年4月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

豊倉 孝治(とよくら たかはる、1951年5月10日 - )は、千葉県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

千葉県立安房高等学校では、1968年秋季関東大会県予選準決勝に進むが銚子商に敗退。その後も県予選で敗れ甲子園には届かなかったが、高校時代はノーヒット・ノーランを2回達成。1968年には千葉県選抜の一員としてフィリピンに遠征し、最高殊勲選手にも選ばれた本格派投手であった。日本軽金属を経て、1970年ドラフト会議西鉄ライオンズから3位指名を受け入団。

1年目の1971年にルーキーながらオープン戦に出場し、スライダーカーブを武器に好投する。4月21日には近鉄を相手に先発し、鈴木啓示と投げ合うが2回3失点で降板。結局、公式戦では3試合しか登板することができず、1976年限りで引退した。

引退後は打撃投手兼スコアラーをつとめ[1]、1980年代の西武黄金時代を支え[2]、名スコアラーと評された[3]1990年にはダイエーへ移籍してスコアラーを務めた[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1971 西鉄 3 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 26 4.2 7 1 4 0 0 3 0 0 8 7 12.60 2.36
通算:1年 3 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 26 4.2 7 1 4 0 0 3 0 0 8 7 12.60 2.36

背番号[編集]

  • 52(1971年 - 1973年)
  • 63(1974年 - 1976年)
  • 85(1980年 - 1981年)
  • 94(1982年 - 1989年)
  • 103(1990年 - 1995年)[5]

脚注[編集]

  1. ^ 我が道、野球人 東尾修のスポニチ連載コラム”. RS INTERNATIONAL. 2011年10月7日閲覧。
  2. ^ 西武黄金期支えた敏腕スコアラー ブライアント4連発を語る”. NEWSポストセブン (2013年9月4日). 2021年10月3日閲覧。
  3. ^ 黄金時代西武の名スコアラー 原辰徳攻略法完全把握していた”. NEWSポストセブン (2013年6月17日). 2021年10月3日閲覧。
  4. ^ 井上光成. “The HAWKS Times”. 西日本新聞. 2011年10月7日閲覧。
  5. ^ “背番号の変遷(No.101~120)”. 福岡ソフトバンクホークス. https://www.softbankhawks.co.jp/ocms/pc/team/number/number06.html 2020年10月3日閲覧。 

関連項目[編集]