海星中学校・高等学校 (三重県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
海星中学校・高等学校
海星中学・高等学校正門(三重県).jpg
過去の名称 南山大学附属南山第二高等学校
南山大学附属四日市南山高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人エスコラピオス学園
設立年月日 1945年
共学・別学 男女別学(男子校)
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
学期 2期制
高校コード 24502A
所在地 254-0074 
三重県四日市市追分一丁目9番34号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

海星中学校・高等学校(かいせいちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、三重県四日市市追分一丁目にある私立中学校高等学校

中高一貫教育の6年制(特別教育コース)と高等学校単独の3年制(進学特別コース・進学コース)がある。

概要[編集]

カトリック系のエスコラピオス修道会によって設置された、三重県で唯一の男子校である。

沿革[編集]

  • 1945年 - 桑名市照源寺に素封家佐藤信之介の発意で「桑名英学塾」を開塾。
  • 1946年 - 経済・文学専門教育を目的として民生学園を設立。
  • 1947年 - 民生学園を四日市市に移転、海星学園に改称。
  • 1950年 - 南山大学に運営を移管、南山大学附属南山第二高等学校に改称[1]
  • 1951年 - エスコラピオス修道会日本本部が横浜に設立。
  • 1952年 - 南山大学附属四日市南山高等学校に改称[2]
  • 1955年 - 学校法人エスコラピオス学園に四日市南山高等学校の運営を移管、海星高等学校開校。
  • 1956年 - 海星中学校開校。
  • 1972年 - 海星中学校六年一貫教育コース実施。
  • 1994年 - 海星高校進学特別コース開設。

部活動[編集]

運動部[編集]

硬式野球部、サッカー部、剣道部、柔道部、フェンシング部、陸上部、合気道部などがある。

硬式野球部の甲子園での成績は

春・センバツ
  • 1993年(第65回)東筑紫学園(福岡) ●2 - 4x(延長10回)
  • 1999年(第71回)九産大九州(福岡) ○5 - 4
    • 明徳義塾(高知) ○5 - 1
    • 水戸商(茨城) ●3 - 4
通算2回出場 2勝2敗
夏・選手権
  • 1965年(第47回)津久見(大分) ●4 - 7
  • 1972年(第54回)海星(長崎) ●0 - 2
  • 1977年(第59回)熊本工(熊本) ●4 - 6
  • 1981年(第63回)北陽(大阪) ●3 - 7
  • 1985年(第67回)和歌山工(和歌山) ○11 - 1
    • 東海大甲府(山梨) ● 2 - 4
  • 1989年(第71回)海星(長崎) ○10 - 2
    • 智弁学園(奈良) ○2 - 0
    • 帝京(東東京) ●0 - 11
  • 1990年(第72回)松山商(愛媛) ●2 - 4
  • 1993年(第75回)宇和島東(愛媛) ●1 - 5
  • 1994年(第76回)小松島西(徳島) ●5 - 6
  • 1996年(第78回)唐津工(佐賀) ○5 - 0
    • 早稲田実(東東京) ○4x - 3
    • 仙台育英(宮城) ○7 - 6
    • 前橋工(群馬) ●1 - 2
  • 1998年(第80回)東洋大姫路(西兵庫) ○7 - 1
    • 星稜(石川) ●6 - 7
通算11回出場 7勝11敗

全国高等学校野球大会では読み・漢字表記も同じ長崎海星高等学校と、甲子園実施の全国大会ではの全く同じ高校名同士での対戦を2度行ったことがある(両校は共に聖母マリアの別名「海星」を校名由来としたキリスト教系学校で、兄弟校ではない)。1度目は1972年夏の対戦で長崎県側の勝利、2度目は1989年夏の対戦で三重県側の勝利だった。1989年ではバックスクリーンスコアボードには文字数の関係で三重の海星は「三・海星」、長崎の海星は「長・海星」と表記され、またNHK高校野球中継のテロップでは同様に三重の海星は「海星・三重」・「海三」と、長崎の海星は「海星・長崎」・「海長」と表示された。甲子園での同名校対決はこの2例のみである。

  • 2008年度より、中学校にも軟式野球部が設立され、初代監督に、2007年夏まで高等部監督を20年勤めた湯浅和也の就任。2010年3月開催の全国大会「第1回全日本少年春季軟式野球大会」への出場が決定し、早くも全国で屈指の強豪校として知られている。
  • サッカー部は、2006年度U-18三重県Aリーグに優勝し、2007年度東海プリンスリーグ二部への昇格を決めている。

また、2006年度インターハイ県予選では準優勝。新人戦では優勝している。

文化部[編集]

吹奏楽部、インターアクト部、英会話部、写真部、物理部、陶芸部、天文部 など。

部活動状況[編集]

かつて硬式野球部は、夏の全国高等学校野球選手権大会に過去11回出場し、甲子園大会においても春1回・夏2回ベスト8入りと三重県内でも有数の強豪校だった。しかし近年の甲子園出場へは1999年春の選抜高等学校野球大会を最後に、20年近くも遠去かってしまった。その要因として、三重高校の復活(2014年夏の高校野球選手権では準優勝)や、宇治山田商菰野高校いなべ総合学園らの台頭、又三重県勢から初出場校の増加などが挙げられる。

サッカー部は2年連続の県大会での優勝(インターハイ出場)やプリンスリーグ2部での活躍を収めている。テニス部やフェンシング部、陸上部、アーチェリー部も全国大会へ出場している。

文化部については、吹奏楽部、インターアクト部、図書部、美術部、写真部、映画研究部などが活躍している。

教育システム[編集]

4月~10月初旬までを前期、10月中旬~翌年3月までを後期とする、2学期制を採用しているため、秋休みがあり、定期考査の回数は3学期制の学校より1回少ない。45分授業7限。

進路状況[編集]

卒業生の8割程度が大学に進学し、残りは短期大学専門学校就職などである。

学校生活[編集]

  • 4月:入学式・始業式・新体力テスト
  • 5月:前期中間考査
  • 6月:学年懇談会
  • 7月:夏期休業
  • 8月:夏期休業・夏期講習
  • 9月:前期期末考査・体育祭
  • 10月:海星祭(文化祭)・前期終業式・三者懇談・学期末休暇・後期始業式・修学旅行(中3北海道)
  • 11月:創立記念日・慰霊祭
  • 12月:後期中間考査・クリスマス祝賀会・冬期休業
  • 1月:センター直前講習 
  • 2月:修学旅行(高2沖縄)
  • 3月:卒業式・後期期末考査・クラスマッチ・終了式・三者懇談・春期休業

校内施設[編集]

校内には三重県では珍しく、学生食堂が設置されている。また、聖ヨゼフ・カラサンス館の一階には集会室・吹奏楽部部室・トレーニング室、二階にはアリーナ(小規模体育館)がある。 エレベーターも設置されており、バリアフリーにも努めている。 全教室冷暖房完備。

著名な出身者[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]