須山成二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
須山 成二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県安芸郡府中町
生年月日 (1949-01-15) 1949年1月15日(70歳)
身長
体重
178 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手 投手
プロ入り 1966年 第1次ドラフト1位
初出場 1967年
最終出場 1972年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

須山 成二(すやま せいじ、1949年1月15日 - )は、広島県出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手投手

来歴・人物[編集]

広陵高校では1965年夏の甲子園に控え捕手として出場、2回戦で報徳学園に敗退。翌1966年は同期の田村忠義投手(日本鋼管日本鋼管福山)とバッテリーを組むが県予選で敗退。中国地方でナンバーワンの捕手といわれ、その強肩には定評があった。3年生時の打率は.280。1年下のチームメートに河井昭司外野手がいる。

1966年第1次ドラフト会議広島カープから1位指名を受け入団。1968年のジュニアオールスターにも出場するが、当時の広島捕手陣には田中尊久保祥次といったベテランが揃っており、出場機会はほとんどなかった。1970年捕手から投手へ転向。非常に珍しい例で、いきなりアンダースローに転向。1972年に2試合に登板するが、まったく活躍できず同年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1972 広島 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 15 4.0 4 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0.00 1.25
通算:1年 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 15 4.0 4 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0.00 1.25

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1967 広島 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1972 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:2年 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----

背番号[編集]

  • 50 (1967年 - 1972年)

関連項目[編集]