阿天坊俊明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阿天坊 俊明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県銚子市
生年月日 (1948-01-27) 1948年1月27日(70歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

阿天坊 俊明(あてんぼう としあき、1948年1月27日[1] - )は、千葉県銚子市出身の元社会人野球の選手(内野手)。

来歴・人物[編集]

1965年銚子商業高3年の時、夏の甲子園では遊撃手としてエース木樽正明(のち東京,ロッテ)と共にチームの準優勝(決勝で、原貢監督〔原辰徳の父親〕率いる三池工業高に0-2で敗れた)に貢献した。

同年秋の第1回プロ野球ドラフト会議南海ホークスより2位指名を受けるも入団拒否し、立教大学に進学。入学後すぐの1966年春季リーグ戦では、リーグ三冠王槌田誠(のち巨人,ヤクルト),小川亨(のち近鉄),谷木恭平(のち中日),秋山重雄(のち近鉄)らと共に「2番・遊撃手」として立大の13季ぶりの優勝に貢献した。

大学卒業後は、1970年から新日本製鐵室蘭でプレーした。

その後、郷里の銚子市に帰り、実家の干物商「干物工房・あてんぼう」を引き継ぎ、代表取締役となった。また、地元のシニア野球チーム「銚子シニア」の会長も務めた[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]