伊礼忠彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊礼 忠彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県石垣市
生年月日 (1970-08-20) 1970年8月20日(47歳)
身長
体重
175 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1992年 ドラフト5位
初出場 1994年6月11日
最終出場 1994年6月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

伊礼 忠彦(いれい ただひこ、1970年8月20日 - )は、沖縄県出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴[編集]

石垣島出身。沖縄水産高校では第69回選手権第70回選手権と2度夏の甲子園に出場。70回大会ではホームランを2本打っている。卒業後は九州共立大学に進学し、日米大学野球選手権大会に日本代表として出場。1992年ドラフト会議中日ドラゴンズに5位で入団。

俊足の外野手で、2年目の1994年に対読売ジャイアンツ戦で一軍初出場し、レフト前へのプロ初安打も記録した(その際、守っていた吉村禎章の弱肩を見越して二塁を狙ったが、タッチアウトとなってしまった)。しかし翌1995年の春のキャンプで階段から転落して故障し、同年は一軍の試合に出場することなく引退した。

引退後は沖永良部島ライブハウスを経営する傍ら、地元沖縄県の小中学生への野球教室へ参加している[1][2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1994 中日 6 3 3 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .333 .667
通算:1年 6 3 3 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .333 .667

記録[編集]

  • 初出場:1994年6月11日、対読売ジャイアンツ10回戦(ナゴヤ球場)、7回裏に鹿島忠の代打として出場
  • 初打席・初安打:同上、7回裏に斎藤雅樹から

背番号[編集]

  • 36 (1993年 - 1995年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]