田口昌徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田口 昌徳
環太平洋大学硬式野球部 ヘッドコーチ
M taguchi20150524.jpg
楽天コーチ時代
(2015年、西武プリンスドームにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県北相馬郡藤代町
生年月日 (1970-08-26) 1970年8月26日(51歳)
身長
体重
180 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1992年 ドラフト4位
初出場 1994年6月24日
最終出場 2005年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

田口 昌徳(たぐち まさのり、1970年8月26日 - )は、茨城県北相馬郡藤代町出身(生まれは常陸大宮市)の元プロ野球選手捕手、右投右打)・コーチ

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

藤代紫水高等学校から駒澤大学へ進学。東都大学リーグ通算49試合出場、130打数37安打、打率.285、8本塁打、26打点。ベストナイン2度受賞。

1992年度ドラフト会議にて日本ハムファイターズから4位指名を受け、入団。

駒澤大学では中日ドラゴンズに入団した鶴田泰とは同期で、学生時代はよくバッテリーを組んでいた。

プロ入り後[編集]

3年目の1995年シーズンには監督に就任した上田利治からリード面を評価され抜擢、次第に試合数を伸ばした。95年オフにそれまで不動の正捕手だった田村藤夫千葉ロッテマリーンズへ移籍したため、1996年シーズンには正捕手として101試合に出場するなどチーム2位の躍進に貢献する。しかし、それまで課題だった打撃と盗塁阻止率が向上しなかった為、1998年シーズンにはヤクルトスワローズから移籍してきた野口寿浩が台頭すると、次第に控えに回ることが多くなった。

2002年シーズン途中、林孝哉との交換トレード福岡ダイエーホークスへ移籍。正捕手の城島健司がケガで戦線離脱した時とアテネ五輪などで同じく城島が抜ける際には、捕手として活躍。

また、明るい性格でベンチに控えていることも多いため、同じくベンチにまわることの多くなった鳥越裕介とともに、チームのムードメーカーとなり、地元のテレビ番組にもそのキャラクターを生かして数多く出演した。キャラクター・顔つき・喋り方などがかつてのプロ野球界爆笑男であるギャオス内藤とそっくりである。

一軍捕手としては城島の存在感もあって酷評されることも少なくなかったが、二軍でマスクをかぶった際には、若手投手への硬軟自在な指示を行うことから、若手投手の育成に貢献し、2005年シーズン限りで現役を引退。

引退後[編集]

2006年からはチームスタッフ(管理部・育成担当)に就任し2009年から2010年までは二軍バッテリーコーチを務め、2011年からはスカウトに就任し[1]2014年11月10日に2015年シーズンからは東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍バッテリーコーチに就任することが発表された[2]2015年シーズン限りで退団[3]

2016年シーズンからは埼玉西武ライオンズの一軍バッテリーコーチに就任[4]。2016年10月1日に退団の申し入れをし了承された[5]2017年シーズンは千葉ロッテマリーンズの一軍バッテリーコーチに就任[6]。同年10月11日に翌年のコーチ契約を行わないことを通告された[7]

2019年6月に、西南学院大学野球部バッテリーコーチに就任[8]

2020年4月からは、岡山県にある環太平洋大学硬式野球部ヘッドコーチに就任。

人物[編集]

  • ダイエー移籍後の試合で、誤ってマウンド上の渡辺正和投手のユニフォームを着て試合に出場してしまう珍プレーを演じる。このプレーで、その年の日本テレビの『勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレー』では、珍プレー大賞(MVU)に選ばれる。また、同年の7月9日の西武戦で、ホークス時代最初のヒーローインタビュー(事実上最初で最後のヒーローインタビューである)では、インタビュアーのアナウンサーからマイクを奪って「田口です!」と自己紹介した。
  • 2003年、ダイエーの春季キャンプ恒例の「声出し」で「1試合でも多く捕手で試合に出る」という目標を立てる一方、正捕手の城島は「全試合フルイニング出場」を目標に掲げた。城島が宣言通り、捕手として史上2人目の全試合フルイニング出場を果たし、田口は捕手として試合に出ることはなかった。結果、2003年初マスクは長嶋ジャパンの壮行試合となった日本代表vs日本選抜(監督:王貞治)であった。
  • 2003年の日本一祝勝会で、「よう見とけ!これがホントの顔面シャワーじゃ!」と言いチームメイトにビールを浴びせ、フジテレビの『すぽると!』で生中継中だった三宅正治からツッコまれた。
  • 2003年の日本一記念で『関口宏の東京フレンドパークII』に「お笑い隊長」としてチームメイトとともに出演。しかしアトラクションに精一杯で、司会の渡辺正行に「面白いことをやっていない」と突っ込まれ、さらに番組の最後、ダーツのルーレットにて「たわし」を当ててしまった。
  • 後輩の加藤領健は入団発表時「目標は田口さんのようなムードメーカー」と言っていた。
  • 2006年7月、二軍の打撃練習でバッティングピッチャーを務めた際、投げた球が井手正太郎の顔面に直撃し、鼻を骨折する。大きな責任を感じ、井手が病院から帰ってくるまでユニフォームも着替えずに待ち、さらに数日「大丈夫か?」と声をかけ続けた。井手本人は「そんなに気にしなくても」と恐縮しきりであった。
  • 歌唱力がかなり高い。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1994 日本ハム 25 45 44 1 7 0 0 0 7 2 0 0 1 0 0 0 0 17 2 .159 .159 .159 .318
1995 82 220 200 15 40 6 0 5 61 13 0 1 4 1 14 1 1 68 10 .200 .255 .305 .560
1996 101 327 286 22 60 12 0 5 87 22 0 2 13 0 17 0 11 92 6 .210 .280 .304 .584
1997 81 212 188 8 37 5 0 4 54 20 0 1 9 1 12 0 2 52 4 .197 .251 .287 .538
1998 60 139 118 7 24 2 0 1 29 12 0 1 12 0 7 0 2 29 4 .203 .260 .246 .506
1999 52 52 42 2 4 1 0 1 8 5 0 0 4 0 4 0 2 13 0 .095 .208 .190 .399
2000 19 14 11 1 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 1 0 1 1 0 .091 .231 .091 .322
2001 31 71 60 8 12 2 0 0 14 3 1 0 6 0 4 0 1 20 1 .200 .262 .233 .495
2002 4 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
ダイエー
ソフトバンク
35 102 87 10 20 4 0 1 27 7 1 0 8 0 4 0 3 15 3 .230 .287 .310 .598
'02計 39 103 88 10 20 4 0 1 27 7 1 0 8 0 4 0 3 16 3 .227 .284 .307 .591
2003 10 13 10 2 2 1 0 1 6 2 0 0 0 0 3 0 0 3 1 .200 .385 .600 .985
2004 28 77 67 6 15 6 0 0 21 6 0 0 7 0 1 0 2 23 2 .224 .257 .313 .571
2005 6 12 10 0 2 0 0 0 2 2 0 0 2 0 0 0 0 4 0 .200 .200 .200 .400
通算:12年 534 1285 1124 82 224 39 0 18 317 94 2 5 67 2 67 1 25 338 33 .199 .259 .282 .541
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • ダイエー(福岡ダイエーホークス)は、2005年にソフトバンク(福岡ソフトバンクホークス)に球団名を変更

年度別守備成績[編集]


捕手 一塁


































1994 23 68 7 2 2 .974 1 9 5 4 .444 -
1995 57 261 20 5 4 .983 2 37 25 12 .324 -
1996 100 560 43 5 9 .992 4 81 60 21 .259 -
1997 80 322 43 5 11 .986 5 73 49 24 .329 -
1998 60 218 12 1 0 .991 1 31 24 7 .226 -
1999 51 119 12 1 0 .992 0 13 8 5 .385 -
2000 19 26 2 0 0 1.000 1 6 5 1 .167 -
2001 31 147 10 1 2 .994 1 9 7 2 .222 -
2002 38 190 5 0 0 1.000 0 1 1 0 .000 -
2003 - 3 3 0 0 1 1.000
2004 23 125 9 0 1 1.000 1 13 8 5 .385 1 2 0 0 1 1.000
2005 6 30 2 0 0 1.000 0 4 3 1 .250 -
通算 488 2066 165 21 33 .991 18 277 195 82 .296 4 5 0 0 2 1.000

記録[編集]

背番号[編集]

  • 31(1993年 - 2002年途中)
  • 57(2002年途中 - 2003年)
  • 22(2004年 - 2005年)
  • 96(2006年 - 2008年)
  • 72(2009年 - 2010年)
  • 88(2015年)
  • 82(2016年)
  • 86(2017年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P19
  2. ^ 新任コーチに関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2014年11月10日). 2014年11月10日閲覧。
  3. ^ 来季のコーチ契約に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス・公式サイト (2015年10月7日). 2015年10月7日閲覧。
  4. ^ 2016年度 コーチングスタッフ発表!”. 埼玉西武ライオンズ公式サイト (2015年10月13日). 2015年10月13日閲覧。
  5. ^ 埼玉西武ライオンズコーチ来季契約について 西武球団公式サイト 2016年10月1日配信
  6. ^ ロッテ1軍バッテリーコーチに田口昌徳氏が就任”. デイリースポーツ (2016年10月26日). 2015年10月7日閲覧。
  7. ^ コーチ契約について”. 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト (2017年10月11日). 2021年9月3日閲覧。
  8. ^ 元ソフトバンク捕手・田口昌徳氏の夢 西南大コーチに就任”. 西日本スポーツ (2019年6月18日). 2021年9月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]