神野純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神野 純一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県東海市
生年月日 (1970-04-14) 1970年4月14日(47歳)
身長
体重
177 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1992年 ドラフト7位
初出場 1993年4月10日
最終出場 2003年4月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

神野 純一(じんの じゅんいち、1970年4月14日 - )は、愛知県東海市出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

経歴[ソースを編集]

享栄高等学校では2年先輩に近藤真市長谷部裕、2年後輩に高木浩之がいた。甲子園出場はならず、愛知工業大学へ進む。愛知大学リーグ通算93試合出場、359打数125安打、打率.348、9本塁打、51打点。最優秀選手1回、敢闘賞2回、ベストナイン3回受賞。シーズン個人最多安打記録(92年秋季26安打)を樹立、愛知大学野球リーグ通算安打記録となる125安打を放った[注 1]1992年のドラフト7位で中日ドラゴンズに入団。

主に遊撃手としてプレーし、二塁手三塁手でもプレーしていた。

1996年6月12日にはヤクルト戦(ナゴヤ球場)で高津臣吾からのサヨナラ本塁打を含む1試合3本塁打を放った。この年の本塁打数はこの3本だけで、1試合3本塁打がシーズンの全てとなったのは、1988年の石橋貢大洋)以来史上2人目。

1999年に右肘を手術。その後は代打の切り札として活躍。サヨナラ打を打つなど活躍も見せ、レオ・ゴメス欠場時には三塁スタメン出場もあった。

2003年シーズンをもって現役を引退。現役最後の2軍の試合での結果は三振だった。

現在は、中日のマネージャーとなっている。

詳細情報[ソースを編集]

年度別打撃成績[ソースを編集]

















































O
P
S
1993 中日 11 24 19 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 5 0 0 7 0 .105 .292 .105 .397
1994 46 108 83 8 16 1 1 0 19 1 5 1 7 0 17 0 1 23 2 .193 .337 .229 .566
1995 25 59 55 3 16 3 0 1 22 6 0 0 0 0 4 0 0 15 1 .291 .339 .400 .739
1996 34 88 79 13 17 1 0 3 27 7 2 1 4 0 4 0 1 23 3 .215 .262 .342 .604
1997 13 53 46 3 8 0 0 0 8 5 2 0 0 1 5 0 1 12 0 .174 .264 .174 .438
1998 44 122 102 8 25 3 1 1 33 16 8 0 4 1 13 0 2 25 1 .245 .339 .324 .663
1999 40 102 88 15 29 3 3 3 47 17 1 1 4 0 10 0 0 22 3 .330 .398 .534 .932
2000 66 102 93 11 20 4 0 2 30 9 0 1 3 0 5 0 1 23 1 .215 .263 .323 .585
2001 30 42 38 4 14 3 0 0 17 7 0 0 1 0 3 0 0 7 1 .368 .415 .447 .862
2002 69 86 77 3 17 4 0 2 27 10 0 0 2 0 4 0 3 30 1 .221 .286 .351 .636
2003 5 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1 .000 .000 .000 .000
通算:11年 383 791 685 69 164 22 5 12 232 78 18 4 25 2 70 0 9 190 14 .239 .317 .339 .656

記録[ソースを編集]

背番号[ソースを編集]

  • 0 (1993年 - 1997年)
  • 54 (1998年 - 2003年)

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 1本差の2位は後に中日で共にプレーすることになる愛知大学岩瀬仁紀[1]

出典[ソースを編集]

  1. ^ 【中日好き】岩瀬仁紀という超人 : コラムJ SPORTS (2013年9月16日) 2017年1月8日閲覧

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]