長谷部裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長谷部 裕
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県一宮市
生年月日 (1968-04-14) 1968年4月14日(49歳)
身長
体重
182 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1986年 ドラフト5位
初出場 1990年4月20日
最終出場 1996年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

長谷部 裕(はせべ ゆたか、1968年4月14日 - )は、愛知県一宮市出身の元プロ野球選手捕手)。

経歴[編集]

一宮市立千秋中学校卒業後、享栄高校近藤真一(現:真市。ドラフト1位で中日に同時入団)とバッテリーを組み、1986年にはともに甲子園に出場。その年のドラフト会議阪神タイガースと競合の結果、5位指名で中日に入団。享栄高校の同級生に後のWBC世界バンタム級チャンピオン薬師寺保栄がいる。また近藤と長谷部と同い年で同じ名古屋の私立高校(愛工大名電高校)から中日に同期入団した捕手には山崎武司がいる。

現役時代は在籍12年、実働5年で出場46試合と目立った成績は残していない。1996年オフに戦力外通告され、一度引退するも1997年3月に現役復帰。1998年に再度引退

その後中日のブルペン捕手を務めた後、2004年からはバッテリーコーチを務めていた(2006年から2009年、2012年から2013年は捕手コーチという名称だった)。2003年から投手コーチに就任した近藤真市とともにブルペン陣を支えるため、暫くはブルペンでは防具をつけ、投手の球を実際に受けていた。

2006年に中日がリーグ優勝を決めた際、長谷部はドミニカ共和国で開催されている「ドミニカ・ウィンターリーグ」に参加している選手の付き添いとして渡航中で胴上げには参加できず、そのかわり長谷部のユニフォームだけが胴上げやナゴヤドーム最終戦後のセレモニーに参加した(持っていたのは同期の近藤コーチだった)。

2013年10月15日に球団より来季の契約を結ばない事が発表された[1]

2014年より韓国・起亜タイガースの1軍バッテリーコーチに就任したが同年限りで退任。2015年より同じ韓国のSKワイバーンズの一軍バッテリーコーチとなったが同年限りで退任。

現在はドラゴンズベースボールアカデミーの岐阜市校で講師を務めている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1990 中日 12 13 12 0 1 0 0 0 1 1 0 1 0 0 1 0 0 3 0 .083 .154 .083 .237
1991 21 56 50 5 12 1 0 0 13 3 0 0 2 0 2 0 2 11 2 .240 .296 .260 .556
1992 11 12 11 2 4 1 0 0 5 1 0 0 0 0 0 0 1 4 1 .364 .417 .455 .871
1993 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1996 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:5年 46 83 75 7 17 2 0 0 19 5 0 1 2 0 3 0 3 18 3 .227 .284 .253 .537

年度別守備成績[編集]

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1990 12 4 3 1 .250
1991 29 9 8 1 .111
1992 5 1 1 0 .000
1993 1 1 1 0 .000
通算 47 15 13 2 .133

背番号[編集]

  • 62 (1987年 - 1996年)
  • 68 (1997年 - 1998年)
  • 97 (1999年 - 2003年)
  • 79 (2004年 - 2013年)
  • 91 (2014年)
  • 81 (2015年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 来季の契約について中日球団公式サイト2013年10月15日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]