小坂勝仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小坂 勝仁
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市阿倍野区
生年月日 (1968-06-14) 1968年6月14日(49歳)
身長
体重
179 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 ドラフト2位
初出場 1991年9月1日
最終出場 1996年6月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小坂 勝仁(おさか かつひと、1968年6月14日 - )は、日本の芸能マネージャーで、元プロ野球選手投手)。大阪市[1]出身。

来歴・人物[編集]

小学3年の時に野球を始め、投手として中学時代に大阪府大会ベスト4[1]東海大仰星高校時代は2年生の夏に決勝まで進出するも、清原和博桑田真澄がいたPL学園高校に敗れた[1]。当時の同級生にハラダボクシングジム会長子息原田剛志がいた。から東北福祉大学に進む。1990年、最速144km/hの速球とフォークを武器に、早稲田大相手に一安打完封、1 - 0で投げ勝ち、決勝で小池秀郎高津臣吾らの亜細亜大に敗れるもチームを全日本大学野球選手権大会準優勝に導く。同年のドラフト2位でヤクルトスワローズに入団[1]

1991年秋季キャンプにてシュートを持ち球に加え、1992年終盤の阪神タイガースとの優勝争いではプロ初セーブを記録。1993年には待望のプロ初勝利も挙げ、中継ぎとしてヤクルトの連覇に貢献した。

その後2年間は不振で一・二軍を行き来し、1995年にはイースタン・リーグで9勝し、最多勝を獲得するも、11月に荒井幸雄と共に木下文信+金銭の交換トレードで近鉄バファローズに移籍[1]。しかし近鉄での登板は1996年6月9日の対西武戦(新潟)の1試合に登板したのみに終わり、同年11月に戦力外通告を受け現役引退[1]

引退後は吉本興業に在籍。野球選手のマネジメントを行ったのを機にスポーツ選手などをマネジメントするスポーツ部を設立。現在はよしもとクリエイティブ・エージェンシーのスポーツ部に所属し、長谷川滋利などのマネジメントを担当していた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1991 ヤクルト 10 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 81 19.0 15 1 10 0 1 16 1 0 4 4 1.89 1.32
1992 28 1 0 0 0 0 0 1 -- ---- 214 50.0 46 6 19 1 4 44 4 0 24 20 3.60 1.30
1993 20 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 126 29.1 30 1 7 0 3 17 2 0 17 13 3.99 1.26
1994 13 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 61 13.1 16 3 7 0 1 11 1 1 7 7 4.73 1.73
1995 8 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 65 12.1 17 1 9 2 2 11 0 0 10 10 7.30 2.11
1996 近鉄 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 2 0.2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.50
通算:6年 80 1 0 0 0 2 2 1 -- .500 549 124.2 125 12 52 3 11 99 8 1 62 54 3.90 1.42

記録[編集]

背番号[編集]

  • 21 (1991年 - 1995年)
  • 54 (1996年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、127ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]