市立札幌開成中等教育学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
市立札幌開成中等教育学校
市立札幌開成中等教育学校
過去の名称 北海道札幌開成高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 札幌市の旗 札幌市
学区 札幌市内全域
校訓 山アリ、空アリ、大地アリ、永遠を知れ
設立年月日 2015年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 コズモサイエンス科
学期 2学期制(前期・後期)
中等教育学校コード 01415A
所在地 065-8558
札幌市東区北22条東21丁目1-1
外部リンク 市立札幌開成中等教育学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

市立札幌開成中等教育学校(しりつさっぽろかいせいちゅうとうきょういくがっこう、英語: Sapporo Kaisei secondary school)は、札幌市初の中等教育学校国際バカロレア認定校。

概要[編集]

札幌市が2011年に制定した札幌市中高一貫教育校設置基本構想に基づき北海道札幌開成高等学校を母体として2015年開校。

iPadを使用した学習を行っている。SGH(スーパーグローバルハイスクール)の指定を受けている。 北海道及び公立中高一貫校で初のMYP・DP認定校である。(それぞれ2017年、2018年認定)

母体である北海道札幌開成高校の校風を踏襲し、生徒の普段着は私服である。終業式や卒業式などの儀式の際はブレザー、ネクタイ、シャツ、エンブレムの着用が義務付けられている。これらは4アイテムと呼ばれている。

学科[編集]

  • コズモサイエンス科(編入生)
    • 開校から三年間の間に入学した「編入生(一期生~三期生)」を対象としている。SSHやSGHを活用した授業を展開している。
  • コズモサイエンス科(新入生)
    • 開校から入学した「新入生(四期生~)」を対象としており、IBを全面的に取り入れた六年間のカリキュラムが展開されている。

校歌[編集]

北海道札幌開成高等学校のものを継承している。作詞者は谷川俊太郎、作曲者は宍戸睦郎である。また、北海道札幌開成高等学校の「♪開成高校」という歌詞に対して、市立札幌開成中等教育学校では「♪開成札幌」という歌詞に編曲されている。 なお、札幌開成高校開校50周年に際して作られた記念歌「未来へ」(作詞・谷川俊太郎、作曲・久石譲)も存在し、2016年に行われた開成高校50周年記念式典・開成高校継承式典において斉唱された。

入学者選考[編集]

  • 新入生

平成26年度及び平成27年度の入試では「児童の調査調書」、「適性検査(I・II)」、「面接試験」、「抽選」での選考を行った。

抽選に対する意見は保護者など[誰によって?]から多数寄せられた。これに対し札幌市教育委員会は、「小学校卒業段階の児童に対し、受験競争の低年齢化を招かないように配慮するという法令の趣旨を踏まえる必要があり、一定以上のレベルを有する児童は誰が入学しても良いという考えのもとである。」とコメントをしている。[要出典]

平成27年度入試の抽選では、受験者やその家族の精神面に配慮し同校校長が抽選を行った。[要出典]

平成28年度からは、抽選、面接が廃止され、新たにグループ活動が追加された。[要出典]

「児童の調査調書」についてだが、これは先生によって考え方が異なる[要出典]ため、うまく関係がつかめていない人は低く評価されることがある。[要出典]

  • 編入生

北海道教育員会が行う、北海道立高等学校入学者選抜学力検査を用いた[要出典]選抜を行っていた。

学習方法[編集]

  • 前期課程

IBの学習方法を行っており、(MYP・DP)課題探究的な学習と呼ぶ[誰によって?]。市立札幌開成中等教育学校では、ある程度の題が出てそれに沿ったように自ら課題を見つけ、探究していくというスタイルである。そのため、グループでの議論を行う事が多々ある。[要出典]授業は教科ごとに教室を移動する、教科教室型である。[要出典]これは、それぞれの教科で、最適な環境で授業をするためである。[要出典]また市立札幌開成中等教育学校では通常の時間割と異なり、一般的な中学校での2時間を連続して1セッションと呼び[誰によって?]、同じ教科を100分続けて学習する。4セッション目を除き、1セッションの中には5分の休みがある(そのため1セッションは105分ある)。また、1セッションごとの区切りは移動時間として5分から10分設けられている。[要出典]また、三年次からの授業の芸術(美術、音楽)や数学の一部のクラスとHRにおいては英語ネイティブ教員が授業を行う。[要出典]

  • 後期課程

新入生は、IP(Inquiry Programme)とDP(Diploma Programme)に分かれる。前者は文部科学省の学習指導要領に沿ったカリキュラムによる学校の独自のプログラムであるのに対し、後者はIBO(国際バカロレア機構)によるプログラムである。生徒は3年次から4年次にかけて、どちらのプログラムを履修するかの選択をする。後者を選ぶ場合はDPにおいて必要な英語力や教科の知識力が求められる。

iPadの使用[編集]

市立札幌開成中等教育学校では札幌市の公立学校で初めてiPadを使用した学習方法を取り入れている。iPadではKeynoteでのプレゼンテーション作成やPagesによる課題の提出、英語の単語学習など、授業で使用することが多い。[要出典]また、全てのテレビに第三世代Apple TV(一部は第四世代)備え付けており[要出典]、AirPlayを利用し[要出典]、iPadをミラーリングすることが出来る。一部の学年にはiPadが貸出されているが、基本的に入学時に購入することが求められる。4万円ほどのiPadに数千円のケースがセットとなり、4万5千円ほどの負担が必要。4万円ほどのiPad本体が求められるため、選定機種は比較的安価であるiPad、iPad miniである。2019年度現在使用されている機種は、iPad mini、iPad mini 2、iPad mini 4、iPad (第5世代)、iPad(第6世代)である。校内の全ての教室(一部の小規模教室を除く)に無線LANアクセスポイントが設置されており、インターネット接続が可能である。[要出典]また、VPN経由でiフィルターサーバーを通したインターネット接続によるセキュリティが採用されている。iPadは教職員も使用している。[要出典]

PCの使用[編集]

iPadと併用してPCを使用する場合もある。[要出典]iPad同様、一部のウェブサイトへのアクセス制限が掛かっている。[要出典]

コズモタイム(Cosmo time)・コズモプロジェクト (Cosmo project)[編集]

市立札幌開成中等教育学校には一般的な中学校や小学校の中休み(2時間目と3時間目の間の休憩時間)がない。[要出典]市立札幌開成中等教育学校の特徴として給食後に「コズモタイム(Cosmo time)」という時間がある。[要出典]これは生徒が他の生徒とコミュニケーションをとったり、課題を探究したりする時間である。[要出典]コズモタイムの時間は20分間である。[要出典]ただし、前期課程(中学1年~中学3年まで)のみで後期課程(高校1年~高校3年相当)には無い。 名称の由来は、「Communication」「Study」「Motivate」から来ている。同じように、一般的な教科である「総合的な学習の時間」は、本校では「コズモプロジェクト」と呼ばれている。[要出典]内容は一般的な一条校と同様のものであるが、[要出典]職場体験において、生徒が自ら受け入れ先を探究し、自らアポイントメントを取るという、自主性を重んじた[要出典]教育を行っている。

外国籍教職員[編集]

2019年度現在、多くの外国籍の外国人が働いている。ALT(外国語指導助手)扱いの職員の他に、GEA(Global Education Advisor、グローバル人材育成員)の教員免許を持たない職員、またGEAを経た後に北海道教育委員会より特別免許状を授与された職員が在籍する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]