新富卯三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新富 卯三郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1915-02-13) 1915年2月13日
没年月日 (1945-08-01) 1945年8月1日(30歳没)
身長
体重
164 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手 一塁手
プロ入り 1939年
初出場 1939年10月29日
最終出場 1941年11月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

新富 卯三郎(しんとみ うさぶろう、1915年2月13日 - 1945年8月1日)は、福岡県出身のプロ野球選手

経歴[編集]

小倉工業では春夏合わせて5度の甲子園に出場。卒業後は門司鉄道局に進み、小柄ながら4番打者として活躍した[1]

1934年大日本東京野球倶楽部へ入団し、第一次アメリカ遠征にも参加した。

遠征帰国後の1936年に軍隊に召集され退団するが1939年10月27日阪急軍へ入団し復帰する。しかし、1941年には第二次世界大戦のため再び軍隊に召集され、1945年まで生き残っていたが、終戦が近づいていた8月1日ビルマ戦線で地雷を踏み、30歳で戦死した[1]

東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、彼の名前が刻まれている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1939 阪急 6 6 6 0 0 0 0 0 0 1 0 -- 0 0 0 -- 0 0 -- .000 .000 .000 .000
1940 74 249 222 18 34 5 0 2 45 21 6 -- 3 2 22 -- 0 37 -- .153 .228 .203 .431
1941 67 265 233 23 54 10 5 3 83 28 7 -- 2 -- 29 -- 0 26 -- .232 .317 .356 .673
通算:3年 147 520 461 41 88 15 5 5 128 50 13 -- 5 2 51 -- 0 63 -- .191 .270 .278 .548

背番号[編集]

  • 12 (1935年)
  • 27 (1939年 - 1941年)

脚注[編集]

関連項目[編集]