三森秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三森 秀夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県
生年月日 1914年
没年月日 不明
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手三塁手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

三森 秀夫(さんもり ひでお、1914年 - 没年不明)は、愛媛県出身の社会人野球の選手(投手内野手)。

経歴[編集]

松山商業学校で1930年から3年連続で甲子園出場。エース投手兼三塁手として活躍し、1930年春は準優勝、夏はベスト8。1931年春はベスト8、夏はベスト4。1932年春は優勝、夏は準優勝。同期には景浦將尾茂田叶がいた。

高校卒業後、法政大に進学。1936年法大在学中に東京巨人軍と契約を交わし問題となったが、結局名前だけ登録したのみで巨人軍でプレーするには至らず、法大に在籍していた。戦後は八幡製鐵所硬式野球部で助監督兼選手として活躍。

関連項目[編集]