伊原徳栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊原 徳栄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福井県
生年月日 (1914-08-06) 1914年8月6日
没年月日 没年不明
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1937年
初出場 1937年
最終出場 1937年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

伊原 徳栄(いはら とくえ、1914年8月6日 - 没年不明)は、福井県[1]出身のプロ野球選手

経歴[編集]

敦賀商業学校では二塁手、捕手として1929年から3年連続で甲子園に出場[1]

名古屋鉄道局を経て、1934年に全日本軍入り[1]1935年応召される[1]1937年春に大東京軍へ入団も春のシーズン終了後に退団。

戦後は母校の敦賀高校の監督に就任し、1957年春、1958年の夏の甲子園に出場した[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1937 大東京 11 15 14 0 0 0 0 0 0 1 0 -- 0 -- 1 -- 0 2 -- .000 .067 .000 .067
通算:1年 11 15 14 0 0 0 0 0 0 1 0 -- 0 -- 1 -- 0 2 -- .000 .067 .000 .067

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、63ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]