尾道中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
尾道中学校・尾道高等学校
尾道中学校・高等学校 校章
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人尾道学園
設立年月日 1957年(中学校は2006年)
創立記念日 5月25日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科・工業科
学科内専門コース 最難関コース・難関コース・総合進学コース・スポーツ芸術コース
学期 3学期制
高校コード 34531J
所在地 722-0073
広島県尾道市向島町5548番地10
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

尾道中学校・高等学校(おのみち ちゅうがっこう・こうとうがっこう)は広島県尾道市向島町にある学校法人尾道学園が運営する全日制の私立の中学校並びに総合高校である。高等学校は尾道小・中学校PTA連合会を母体として設立された。

沿革[編集]

  • 1956年 尾道小中学校PTA連合会が母体となり、学校法人尾道学園設立
  • 1957年 「広島県尾道高等学校」として、栗原町1268番地の1に開校(普通科・商業科(のちに総合ビジネス科へ改編))。開校式を挙行
  • 1958年 校旗及び校歌制定式を挙行
  • 1960年 工業科(機械科)を設置
  • 1961年 工業科(電気科)を設置
  • 1962年 工業科(造船科)を設置(1974年度まで)
  • 1967年 屋内温水プールを設置
  • 2000年 通信制課程単位制総合学科を設置
  • 2002年 屋内温水プールを取り壊し
  • 2005年 通信制課程単位制総合学科を募集停止(後期より)
  • 2006年 校名から「広島県」を取り、「尾道高等学校」とする。この年度から中学校も新設し「尾道中学校」との併設となる。校章も「尾」の字が羽ばたく様子をイメージしたものに刷新
  • 2007年 総合ビジネス学科募集停止。新校歌制定(作詞:光原百合(作家)、作曲:小原孝(ピアニスト、作曲家))。旧校歌は学校賛歌となる
  • 2009年
  • 2013年8月1日 機械科実習棟 完成
  • 2014年12月31日 講堂兼体育館 完成

高等学校の学科[編集]

募集停止[編集]

部活動[編集]

水泳部[編集]

古くから水泳の歴史で広島県は中枢を担ってきていたが[1]、徳田一臣のスパルタ教育で全国一の強豪だった三原三中出身選手の受け皿に1967年昭和42年)、尾道高校に水泳部が出来ると、当時としては珍しい屋内プールを作るなど強力なバックアップを敷き、翌1968年(昭和43年)の広島全国高校総体全国高校選手権)で白パンツ旋風を巻き起こし11の高校新をマークし圧勝[2][3]1969年(昭和44年)、鶴峯治が監督に就任すると、さらに実力を伸ばし高校総体5連覇を含む優勝9回、1976年モントリオールオリンピックでは、男子水泳代表選手を、全員尾道高校現役かOBで固めるという空前絶後の黄金時代を築いた[2][3][4][5]。またこの尾道高校の出身選手を「広島に残そう」と広島の水泳関係者の尽力で広島市内に出来たのがフジタドルフィンクラブで、ここで育った田口信教1972年(昭和47年)、ミュンヘンオリンピックで金メダルを獲得した[1]。尾道高校とフジタドルフィンクラブには全国のトップ選手が集まり、1970年代広島は日本の男子水泳の中心になった[1][2][6]。しかし世界を目指すエリートたちの水泳部は、高校のクラブ活動の限界を越える諸問題があり1979年(昭和54年)、鶴峯監督と主力選手が中京高校に転校した[7][8]。チームは勿論、その後弱体化し、現在では温水プールも取り壊されているが、OBの田口が柴田亜衣らを、田口の尾道高校時代の同級・石森昌治古賀淳也らを育てている[9]

その他の運動部[編集]

ラグビー部が近年では躍進を遂げており、第94回全国高等学校ラグビーフットボール大会では第3位に入るなどの活躍をしている。野球部もここ数年、上位に進出している。

卒業生[編集]


歴代校長[編集]

  • 初代:岡田茂二
  • 二代:佐藤暢三
  • 三代:小林武夫
  • 四代:長山慶次郎
  • 五代:武田利明
  • 六代:桑田邦敬
  • 七代:多和志朗
  • 八代:村瀬俊之
  • 九代:平賀正幸(2006年度8月に交代)
  • 十代:安西和夫
  • 十一代:間處孝視
  • 十二代:黒木巖
  • 十三代:三藤義郎

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 体力健康新社 クラブの履歴書 フジタドルフィンクラブナタリー Archived 2013年1月4日, at Archive.is
  2. ^ a b c 金枡晴海『広島スポーツ100年』中国新聞社、1979年、p260-261、271-272、292-293
  3. ^ a b 河野徳男『広島スポーツ史』財団法人広島県体育協会、1974年、p240-249
  4. ^ 週刊サンケイ、1976年7月8日号p187-188
  5. ^ 中京大学水泳部 大学紹介
  6. ^ 『広島スポーツ史』p245
  7. ^ 『広島スポーツ史』p247
  8. ^ 週刊サンケイ、1979年3月15日号p27
  9. ^ 島村俊治(アラカルト)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]