広島県立びんご運動公園野球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
広島県立びんご運動公園 > 広島県立びんご運動公園野球場
広島県びんご運動公園野球場
(しまなみ球場)
Onomichi Shimanami Baseball Stadium
球場正面
球場正面
バックネット裏からの眺め
バックネット裏からの眺め
施設データ
所在地 広島県尾道市栗原町997(県立びんご運動公園内)
開場 2002年
所有者 広島県
管理・運用者 ポラーノグループびんご(指定管理者
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 照明塔:6基
最大照度:投捕間-Lx、内野1500Lx、外野800Lx
建設者 アイサワ工業
収容能力
16,000人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:13,844m2
両翼:96m、中堅:120m
フェンス 3.2m

広島県立びんご運動公園野球場(ひろしまけんりつ びんごうんどうこうえん やきゅうじょう)は、広島県尾道市広島県立びんご運動公園内にある野球場。愛称はしまなみ球場。施設は広島県が所有し、ポラーノグループびんごが指定管理者として運営管理を行っている。

歴史[編集]

広島県東部地区のスポーツ・レクリエーションの需要に対応するため、県は1999年度からびんご運動公園内で野球場の整備事業に着手した。その際「他にはない、特徴ある野球場を」というアイディアが挙がり、さらに広島県高等学校野球連盟からも「高校野球の広島県勢はここ数年、選手権センバツでの戦績が芳しくなく、競技力を長期的に底上げしたい」との要望が寄せられた。こうしたことから、野球場のフィールド部分は阪神甲子園球場をモデルに設計されることになった。

県では設計にあたり、甲子園球場に職員を派遣して視察を行ったものの、フィールド内の測量に関しては球場関係者から箇所を限定され、また平面図についても警備上の理由により借り出すことができなかったため、設計に充分な実寸法を弾き出すことができなかった。やむを得ず、甲子園に関する資料や空中写真などを使ってフィールドを解析し、詳細な実寸法を弾き出していった。

余談だが、この一連の解析の結果、当時甲子園のフィールドは一塁側のファウルエリアが、三塁側よりもごく僅かに広かったことが判明している。

こうして設計・建設工事がすすめられ、野球場は2002年に竣工した。本塁から両翼・中堅までの距離やグラウンド面積などだけでなく、外野のフェンス高、使用する土・まで、可能な限り甲子園に近づけられて設計されている。ただし当時の甲子園の公称値に誤りがあったため、実際の甲子園とは細部で異なっている。愛称「しまなみ球場」は一般公募により命名された。由来は瀬戸内海の島並み、更に尾道は西瀬戸自動車道(しまなみ海道)の起点部にあたることから。開場以降、高校野球などのアマチュア野球公式戦、一般利用の他、プロ野球でも広島東洋カープの主催試合のオープン戦・公式戦が年に各1試合程度開催されており(公式戦は開場から2009年までは毎年、以降は隔年開催)、2005年から公式戦では主にセ・パ交流戦のカードで使用されている。

2013年以降は、高校野球広島大会の準決勝・決勝戦が行われている。これはマツダスタジアムの管理が広島東洋カープとなったことにより、同球団の主催ゲームの日程や、全面天然芝となったことによる芝生管理などとの兼ね合いで同球場の使用に制約が生じたことよりに取られた措置である。ただし、2016年は、決勝戦については4年ぶりにマツダスタジアムでの開催となった。

広いファウルグラウンド

前述の通り、甲子園球場と全く同じ形状で設計されている事から、クローン甲子園と揶揄されることもある。その甲子園は2007年オフと2008年オフにフィールドの改修を行いファウルグラウンドが狭められたが、しまなみ球場では現在のところ、この改修に追随する予定はない。なお、びんご運動公園は開園以来、尾道市が県から運営・管理業務を受託する形で管理していたが、2005年からは指定管理者制度が導入された。同年度から3年間は市が、2008年度からはポラーノグループびんごが運営・管理業務を行っている。

テレビラジオなど報道では、所在地と愛称を組み合わせた尾道しまなみ球場という通称を使用することがある。

また、地方球場にしては、どういうわけなのか芝生席の後ろに背もたれつきの外野指定席があるため、プチ西武ライオンズ球場とも一部の野球ファンから言われている。[要出典]

プロ野球開催記録[編集]

  • (D):デーゲーム、(N):ナイトゲーム
  • スコアの後の人数は観衆(2005年オープン戦までは推定、2005年公式戦以後有料観客動員数)

オープン戦[編集]

公式戦[編集]

施設概要[編集]

  • グラウンド面積:13,844m2
    • 建造当時、甲子園はグラウンド面積を14,700m2としていた。2007年オフの改修の際、事前に計測して実際には13,500m2だったと発表している。
  • 両翼:96m、中堅:120m
    • 甲子園は2008年オフの改装工事完成に伴う再計測で両翼:95m、中堅:118mに訂正した。
  • 内野:クレー舗装、外野:天然芝
  • 外野フェンス高:3.2m
    • 外野席の構造の違いから金網部分の高さが異なるため甲子園よりも高くなっている。甲子園は公称値ではないが2.6mと言われている。
  • 照明設備:6基
  • スコアボード:磁気反転式
  • 収容人員:16,000人
    • ネット裏:個別座席(背もたれあり)。一・三塁側:ダッグアウト後方はベンチ席、ブルペン後方は下段が芝生席、上段がベンチ席の二層式。外野:下段~中段が芝生席、上段が個別座席(背もたれあり、4列)。

その他[編集]

設計・建設に至る経緯もあって、甲子園出場校がプレ甲子園として練習に使うこともある[1]

アクセス[編集]

バス[編集]

  • JR尾道駅新尾道駅よりおのみちバス中国バス「びんご運動公園北門」行で終点下車
    • 土・日・祝日に1往復のみで経由地の違う「びんご運動公園」行きもある
    • プロ野球・高校野球等開催時は臨時便を多数運行し「しまなみ球場前」バス停を経由する

[編集]

徒歩[編集]

  • JR新尾道駅から約30分

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 甲子園想定「しまなみ球場」で練習試合 『中国新聞』2003年3月9日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]