四日市市営霞ヶ浦第一野球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
四日市市霞ヶ浦第一球場
Yokkaichi Kasumigaura Baseball Stadium
Yokkaichi-Stadium.jpg
四日市市営霞ヶ浦第一野球場の位置(三重県内)
四日市市営霞ヶ浦第一野球場
施設データ
所在地 三重県四日市市大字羽津甲5169番地(霞ヶ浦緑地公園内)
座標 北緯34度58分47.6秒
東経136度38分46.3秒
座標: 北緯34度58分47.6秒 東経136度38分46.3秒
開場 1985年4月
所有者 四日市市
管理・運用者 四日市市体育協会四日市市シルバー人材センターグループ指定管理者
グラウンド 内野:クレー舗装、外野:天然
照明 照明塔 - 6基
最大照度:内野975Lx
      :外野520Lx
使用チーム • 開催試合
全国高等学校野球選手権三重大会ほか
収容能力
10,181人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:12,354.9m2
両翼 - 97.53 m
中堅 - 120 m

四日市市霞ヶ浦第一野球場(よっかいちし・かすみがうら・だいいちやきゅうじょう)は、三重県四日市市の霞ヶ浦緑地公園内にある野球場。施設は四日市市が所有し、四日市市体育協会・四日市市シルバー人材センターグループが指定管理者として運営管理を行っている。

歴史[編集]

1985年3月25日完成。開場以来、社会人野球高校野球などアマチュア野球公式戦が行われている。プロ野球では中日ドラゴンズを中心に一軍公式戦の開催実績はないが、かつて毎年3月にはオープン戦が行われていた他、現在はウエスタン・リーグイースタン・リーグなど2軍公式戦が行われている。

2010年、この年発足したジャパン・フューチャーベースボールリーグ三重スリーアローズが主催試合をおこなった。リーグが休止となり、チームが四国アイランドリーグplusに移った2011年は主催試合は開催されず、そのまま解散となったため、使用されたのは1シーズンだけであった。

2011年12月からパネル式だったスコアボードを電光掲示板式にする工事を行っている。2012年2月中に工事完了、4月1日には竣工記念試合としてウエスタン・リーグ公式戦(中日VSオリックス)が行われた。

2012年には、この年だけ関西独立リーグのリーグ戦に参加した大和侍レッズが主催試合の一部を開催している。

2013年12月~2014年2月に掛けて行われた改修・拡張工事で中堅116M、両翼91.5Mから中堅120M、両翼97.53Mに拡張された。

第一野球場の隣接地にはサブグラウンドの第二野球場がある。

なお四日市市内にはこの他、市内中心部のJR四日市駅近くの北条公園に四日市市北条公園野球場が、また市街地南側の中央緑地内に四日市市中央緑地野球場、さらに霞ヶ浦緑地内には四日市ドームがある。以上に挙げた球場は、基本硬式球が使用できず、ソフトボール・軟式野球に用途が限られている(四日市ドームは天井が低いため、軟式球は少年野球のみに限定しており、成人用の試合は不可)。従ってプロ・アマの試合の際、誤って北条公園や中央緑地、四日市ドームに来場するケースがしばしばあるため、来場の際には注意が必要となる。

プロ野球2軍公式戦の試合[編集]

施設概要[編集]

霞ヶ浦第一野球場

鉄筋コンクリート

  • グラウンド面積:12,354.9m2
  • 両翼:97.53m、中堅:120m
  • 内野:クレー舗装、外野:天然芝
  • スコアボード:電光掲示板式
  • 収容人員:10,181人(内野:ベンチ席 - 4,805人、外野:芝生 - 5,376人)

霞ヶ浦第二野球場

  • グラウンド面積:11,250m2
  • 両翼:90m、中堅:115m
  • 軟式野球・ソフトボールのみ。(硬式使用不可)

公園内その他の施設[編集]

  • 四日市市霞ヶ浦体育館
  • 四日市市霞ヶ浦サッカー場
  • 四日市市霞ヶ浦弓道場
  • 四日市市霞ヶ浦プール
  • 四日市ドーム

近隣地にはこの他、四日市競輪場がある。

交通[編集]

  • 近鉄霞ヶ浦駅からタクシー約5分(徒歩約30分)
  • 近鉄四日市駅からタクシー約15分、JR四日市駅からタクシー約10分
    • プロ野球・高校野球等開催時は、近鉄四日市駅発JR四日市駅経由の臨時バス運行あり
    • 四日市競輪開催日には近鉄霞ヶ浦駅から無料バス運行あり(競輪場から徒歩約10分)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]