井原慎一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井原 慎一朗
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県川之江市(現:四国中央市
生年月日 (1952-01-02) 1952年1月2日(66歳)
身長
体重
173 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1969年 ドラフト5位
初出場 1970年10月6日
最終出場 1984年8月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

井原 慎一朗(いはら しんいちろう、1952年1月2日 - )は、愛媛県川之江市(現:四国中央市)出身の元プロ野球選手投手)。プロ入り前の名前は「井原 慎一郎」。

経歴[編集]

丸亀商では、2年生の1968年右翼手、控え投手として夏の甲子園県予選決勝に進出するが、吉村健二大北敏博のいた高松商に敗れる。翌1969年エースとして春の選抜に出場。1回戦で大田福間納投手に投げ勝つが、2回戦では尼崎西に敗退。同年夏の大会は北四国大会準決勝で松山商井上明投手に完封負け、甲子園出場を逸した。なお、松山商は夏の甲子園で優勝している。1年下のチームメートに控え投手の宮脇敏がいた。

同年のドラフト5位でヤクルトアトムズへ入団。1972年に主にリリーフ投手として17試合に登板するが結果を出せず、その後は二軍暮らしが続く。1975年は開幕から調子をあげ、安田猛に次ぐ22試合に先発、7勝を記録した。しかし翌年は低迷し、1977年には中継ぎとして起用される。1978年は抑えに回って10勝4セーブを挙げ、ヤクルトのリーグ初優勝に貢献した。同年の阪急ブレーブスとの日本シリーズは4試合にリリーフとして登板、第5戦では梶間健一をリリーフし3回を好投、勝利投手となっている。

その後も150km/hの速球を武器に[1]抑えとして活躍。1981年には先発に復帰して9勝をあげるが、その後は徐々に成績を落とす。1984年4月の試合中にを痛めて以降、右肩痛に悩まされるようになり、同年限りで現役引退した[2]

引退後は東京都内の鉄鋼商社であるサンプロダクツに勤務した[1]。 2017年時点では、ヤクルト(国鉄・サンケイを含む)OBとヤクルト本社により設立されたNPO法人「つばめスポーツ振興協会」の理事長を務める[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1970 ヤクルト 5 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 41 10.0 9 0 4 0 0 9 1 0 5 5 4.50 1.30
1971 8 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 50 11.1 12 3 4 2 0 7 0 0 9 7 5.73 1.41
1972 17 1 0 0 0 1 2 -- -- .333 169 41.0 33 4 18 0 3 32 2 0 16 12 2.63 1.24
1973 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 3 0.2 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0.00 1.50
1974 5 1 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 61 15.2 12 1 4 0 0 10 0 0 5 5 2.81 1.02
1975 34 22 3 2 0 7 7 0 -- .500 606 145.2 134 16 57 2 1 83 1 0 62 55 3.39 1.31
1976 22 14 2 1 1 2 9 0 -- .182 358 82.0 87 11 37 0 2 36 1 0 45 41 4.50 1.51
1977 41 2 0 0 0 0 2 1 -- .000 306 70.2 72 11 26 2 5 52 2 0 32 30 3.80 1.39
1978 58 2 0 0 0 10 4 4 -- .714 544 133.0 123 10 46 2 1 95 3 1 57 50 3.38 1.27
1979 35 1 0 0 0 6 4 4 -- .600 339 80.0 72 16 32 4 2 55 3 0 42 39 4.39 1.30
1980 19 0 0 0 0 2 3 6 -- .400 132 30.2 34 6 8 2 1 24 1 0 16 16 4.65 1.37
1981 32 26 3 0 0 9 9 0 -- .500 728 166.2 188 17 52 5 6 96 2 2 90 85 4.58 1.44
1982 19 3 0 0 0 1 3 0 -- .250 139 30.1 29 9 20 4 1 21 0 0 16 14 4.20 1.62
1983 13 3 0 0 0 2 1 0 -- .667 116 26.2 35 4 7 0 1 15 1 0 13 13 4.39 1.58
1984 5 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 44 7.2 14 0 6 0 1 1 0 0 12 9 10.57 2.61
通算:15年 314 77 8 3 1 42 45 15 -- .483 3636 852.0 855 108 321 23 24 536 18 3 420 381 4.02 1.38
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

投手記録
  • 初登板:1970年10月6日、対中日ドラゴンズ22回戦(中日スタヂアム)、7回裏に5番手で救援登板・完了、2回無失点
  • 初奪三振:同上、7回裏に水谷寿伸から
  • 初先発:1970年10月25日、対大洋ホエールズ24回戦(川崎球場)、4回3失点で敗戦投手
  • 初勝利:1972年10月7日、対広島東洋カープ24回戦(広島市民球場)、5回裏に3番手で救援登板・完了、5回無失点
  • 初先発勝利:1974年10月14日、対大洋ホエールズ24回戦(川崎球場)、7回1失点
  • 初完投勝利・初完封勝利:1975年4月16日、対中日ドラゴンズ5回戦(明治神宮野球場
  • 初セーブ:1977年4月8日、対大洋ホエールズ1回戦(川崎球場)、6回裏1死に2番手で救援登板・完了、3回2/3を無失点
その他の記録

背番号[編集]

  • 26 (1970年 - 1984年)

脚注[編集]

  1. ^ a b かつての“剛腕”投手は商社営業部長!”. zakzak (2012年2月1日). 2012年2月5日閲覧。
  2. ^ 近藤唯之 『引退 そのドラマ』新潮社(新潮文庫)、1986年、80-83頁
  3. ^ 協会紹介 - つばめスポーツ振興協会、2017年9月23日閲覧。

関連項目[編集]