川之江市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かわのえし
川之江市
Kawanoe Ehime chapter.svg
川之江市章
1957年7月1日制定
廃止日 2004年4月1日
廃止理由 新設合併
伊予三島市川之江市
土居町新宮村四国中央市
現在の自治体 四国中央市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
面積 69.37km2
総人口 38,126
(2000年10月1日)
隣接自治体 伊予三島市
宇摩郡新宮村
香川県三豊郡豊浜町(現:観音寺市
香川県三豊郡大野原町(現:観音寺市
徳島県三好郡池田町(現:三好市
川之江市役所
所在地 799-0111
愛媛県川之江市金生町下分865
外部リンク 川之江市Internet Archive
座標 北緯34度0分5.77秒 東経133度34分41.15秒 / 北緯34.0016028度 東経133.5780972度 / 34.0016028; 133.5780972座標: 北緯34度0分5.77秒 東経133度34分41.15秒 / 北緯34.0016028度 東経133.5780972度 / 34.0016028; 133.5780972
 表示 ウィキプロジェクト

川之江市(かわのえし)は、愛媛県東予地方宇摩地域にあったである。

地理[編集]

愛媛県の最も東に位置し、香川県徳島県に接する。

歴史[編集]

略史[編集]

先史時代

四国山地の支脈法皇山脈の東端にその源を発して、瀬戸内海の燧灘にそそぐ金生川が、その吐出する土砂によって形成した沖積平野に農漁民が住居を構えて定着し、先史時代の後期、川に沿って幾つかの点在する集落を形成した。これが合併によって川之江市を構成した川之江町ほか5箇町村の創生であるとされている。『和名抄』にいう山田郷、山口郷がこの地域に当たり、大化の頃、大和より伊予の国府に通じる太政官道(南海道)の大岡駅が設けられ、更に、ここを分岐点として、それぞれの国府に至る土佐街道、阿波路が設けられ、既に開けた内海の船運と相まって海陸交通の要衝となり、人馬の往来が漸く繁しさを加えた。

中世

  • 741年(天平13年) - 僧行基、勅による越智郡国分寺創立の途次川之江に立寄り草庵を結ぶ(仏法寺縁起)。
  • 987年(寛和3年) - 僧恵心、諸国行脚の際、鷲尾山(現在の城山)の頂に「鷲尾山悪心院仏法寺」を建立す(仏法寺縁起)。
  • 1337年(延元2年)3月 - 伊予の大領河野通政、その家臣の武将土肥義昌に命じて川之江に城廓を構築させ「仏殿城」と名付く。
  • 1342年(興国3年)5月 - 足利氏の武将細川頼春に仏殿城攻略さる。頼春、伊予を引揚げてのち再び河野氏の支配に復す。
  • 1364年(正平19年)9月 - 細川頼之、河野氏を討伐し、川之江再び細川氏の所領となるも、時の将軍義詮没し、頼之、執事として上京したのち、河野通直仏殿城を奪回し、川之江三度び河野氏の掌中に帰す。
  • 1379年(天授5年)11月 - 細川頼元伊予国に攻め入り仏殿城も細川氏の支配に属す。
  • 戦国時代に入り川之江城は再び河野氏に支配下となる。
  • 1572年(元亀3年)9月 - 阿波の武将三好将監、仏殿城を攻撃するも敗退。
  • 1575年(天正3年)11月 - 河野氏の家臣川上但馬守、時の城主妻鳥氏を討ち代って川之江城主となる。
  • 1582年(天正10年)6月 - 金川轟城主大西備中守仏殿城を攻略。
  • 1584年(天正12年) - 長宗我部元親、大西備中守を亡ぼし川之江を支配。
  • 1585年(天正13年) - 豊臣秀吉の四国征伐により長宗我部氏敗走。その後、小早川氏、福島氏、池田氏、小川氏と領主は移り、1611年(慶長6年)廃城となる。
  • 1587年 (天正15年) - 越智郡国分城主福島正則の所領となる。

近世、一時川之江藩

  • 1600年(慶長5年)9月 - 温泉郡松前城主加藤嘉明の統治下に服す。
  • 1636年(寛永13年)5月 - 一柳直家が川之江藩二万八千六百石を与えられる。西条領に属す。
  • 1642年(寛永19年) - 直家、病死により領地没収、川之江ほか16箇村幕府直轄領となる。
  • 1643年(寛永20年) - 松山城主である松平(久松)氏の管轄に移る。
  • 1677年(延宝5年) - 川之江ほか16箇村再び幕府直轄領となり、川之江に代官所が設置される。
    これにより中央との交流がいよいよ頻繁になり、文化的、経済的発展の基礎を着々と固めつつ明治維新に及んだ。

近現代

  • 製紙業が興り発展を遂げる。
  • 1868年(明治元年)3月 - 土佐藩主の山内氏の預りとなる。
  • 1873年(明治6年)2月 - 愛媛県となる。
  • 1871年(明治4年)1月 - 廃藩置県により備中倉敷県に属す。5月丸亀県に、11月松山県に属す。
  • 1954年(昭和29年)11月 - 川之江町ほか5箇町村(金生町上分町妻鳥村金田村川滝村)の合併により市制施行し、川之江市発足。
  • 1956年(昭和31年)4月 - 財政再建団体指定
  • 1957年(昭和32年) - 市庁舎完成
  • 1963年(昭和38年)3月 - 財政再建団体措置から脱する。
  • 1964年(昭和39年)1月 - 東予新産業都市指定
  • 1967年(昭和42年) - 市民会館完成
  • 1970年(昭和45年) - バンパックフェリー就航(川之江-神戸)
  • 1971年(昭和46年) - 三島川之江港重要港湾指定 
  • 1972年(昭和47年)12月 - 国道192号境目トンネル開通
  • 1978年(昭和53年)4月 - 国道192号バイパス開通
  • 1978年(昭和53年)9月 - 紙まつり(ペーパーカーニバル)始まる。
  • 1980年(昭和55年)8月 - 堀切トンネル開通
  • 1981年(昭和56年)12月 - 市民文化センター竣工
  • 1983年(昭和58年)5月 - 国鉄川之江駅舎落成
  • 1984年(昭和59年) - 川之江市制30周年記念事業城山公園整備事業に着手、1988年(昭和63年)城山公園完成。
  • 1985年(昭和60年)3月 - 四国縦貫自動車道三島川之江IC-土居IC開通、四国で初めての高速道路。
  • 1985年(昭和60年)3月 - 国道11号川之江三島バイパス部分開通
  • 1986年(昭和61年)7月 - 川之江城完成(復元)
  • 1988年(昭和63年)5月 - 川之江市産業文化展示館完成(紙のまち資料館、郷土館併設)
  • 1992年(平成4年)1月 - 四国横断自動車道川之江JCT-大豊IC開通
  • 1992年(平成4年)10月 - 市民野球場完成
  • 1994年(平成6年)4月 - 森と湖畔の公園整備事業完了
  • 1995年(平成7年)10月 - 中国・宣州市と友好都市に。
  • 1998年(平成10年)7月 - 中心市街地活性化協議会発足
  • 1999年(平成11年)1月 - 新郷土館 かわのえ高原ふるさと館オープン
  • 2000年(平成12年) - 四国縦貫自動車道四国横断自動車道(通称:エックスハイウェイ)の開通により、四国の中央としての立地優位性が高まった(ただし「中央」という感覚には賛否両論あり)。

川之江市資料ほかより

市の沿革[編集]

  • 1873年(明治6年)2月 市内上分、金川、半田、三角寺の4村が組合をつくって役場を金川に置いたが、同18年これを上分村に移した。同22年になって上分が組合から分離し、金川、半田、三角寺の3箇村が合併して金田村となった。
  • 同年 下山、領家、柴生、下川の4箇村の合併により川滝村成立。
  • 同年 山田井、下分の合併により金生村成立。
  • 1878年(明治11年)  郡区町村編制法施行にあたり、川之江村には宇摩郡役所が置かれ、つづいて警察署、郵便局、税務署等も設置され、宇摩郡の中心として発達した。
  • 1898年(明治31年) 町制施行により川之江町となる
  • 1923年(大正12年) 上分町町制施行
  • 1948年(昭和23年) 金生町(きんせいちょう)町制施行
  • 1954年(昭和29年)3月 - 川之江町へ二名村を編入。
  • 1954年(昭和29年)11月1日- 川之江町ほか5箇町村(金生町上分町妻鳥村金田村川滝村)の合併により市制施行し、川之江市発足
  • 2004年(平成16年) - 宇摩地域の2市1町1村の市町村合併で四国中央市となり、川之江市は自治体としては歴史を閉じた。
川之江村・川之江町の系譜
(町村制実施以前の村) (明治期)         (昭和の合併) (平成の合併)
            町村制施行時       
                 あ   え    お 
川之江 ━━━━━━━川之江村━川之江町━┳━━━┳川之江市━┓
           二名村━━━━━━━┛   ┃     ┃
           妻鳥村━━━━━━━━━━━┫     ┃
                  い      ┃     ┃
           上分村━━━━上分町━━━━┫     ┃
                    う    ┃     ┃
           金生村━━━━━━金生町━━┫     ┃
           川滝村━━━━━━━━━━━┫     ┃
           金田村━━━━━━━━━━━┛     ┃
                               ┃平成16年4月1日
                               ┃新設合併
                               ┣四国中央市
                    伊予三島市━━━━━━┫
                    新宮村━━━━━━━━┫
                    土居町━━━━━━━━┛
                         
あ – 明治31年12月21日 川之江村が町制施行、川之江町に
い – 大正2年1月1日 上分村が町制施行し、上分町に
う – 昭和23年4月1日 金生村が町制施行し、金生町に
え – 昭和29年3月31日 川之江町が二名村を編入
お – 昭和29年11月1日 川之江町、妻鳥村、上分町、金生町、川滝村、金田村が合併、市制施行し川之江市に
(注記)川之江村・川之江町以外の合併以前の系譜はそれぞれの市町村の記事を参照のこと。

行政[編集]

歴代市長[編集]

  • 初代 真鍋安次(昭和29年12月 - 昭和33年12月)
  • 2代 星川鳳一(昭和33年12月 - 昭和37年12月)
  • 3代 川崎喜三郎(昭和37年12月 - 昭和49年12月)
  • 4代 石津榮一(昭和49年12月 - 平成2年12月)
  • 5代 石津隆敏(平成2年12月 - 合併)

行政課題[編集]

丸住製紙が立地し、製紙産業が盛んで、用地需要に応えると共に、住工分離の観点から埋立地を造成し、工業用地、港湾施設等に提供してきた。ただ、昭和40年代から50年代までは海洋汚染による漁業被害にも直面した。

宇摩地域の広域合併についても、過去何度か気運の盛り上がりを見せたが、どちらかというと伊予三島市からの動きが活発であった。この経過については四国中央市の記事参照。

教育[編集]

高等学校[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

出身有名人[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]