内田睦夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内田 睦夫(うちだむつお、1945年 ‐ )は社会人野球の選手、指導者。元東京都立高島高等学校校長民間人校長第1号。静岡県藤枝市出身である。

人物[編集]

島田商業高校では捕手として活躍。卒業後は東海大学工学部に進む。首都大学野球リーグでは6回優勝。渡辺孝博上田二郎らとバッテリーを組む。リーグ戦通算83試合出場、307打数107安打、打率.349、12本塁打、77打点。1968年日立製作所に入社。1969年プロ野球ドラフト会議でアトムズ(のち東京ヤクルトスワローズ)に11位で指名されたが拒否し残留。都市対抗野球大会には5年連続出場。1971年都市対抗では大学後輩の渡辺孝博とバッテリーを組み、1回戦で本塁打を放つなど活躍。準々決勝に進むが新日鐵広畑山中正竹住友金属から補強)、三沢淳の継投に抑えられ0-1で敗退[1]。引退後は1982年から同社野球部監督となり、以後日立茨城テクニカルサービスの取締役を務めた。

2001年、東京都立高島高等学校校長に就任、民間人校長第1号となった。在職中に全国で140回の講演を行った。退任後は、東京都教職員研修センター企画部企画課教授になった。東京都教職員研修センター着任と同時に東京都教育委員会より委嘱され都立学校経営アドバイザーとして現在に至る。東海大学 入試センター所長付にて広報業務も展開している。

脚注[編集]

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]

著書[編集]

外部リンク[編集]