鍛治舎巧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鍛治舍 巧
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県揖斐郡大野町
生年月日 (1951-05-02) 1951年5月2日(66歳)
選手情報
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
指導歴

鍛治舍 巧(かじしゃ たくみ、1951年5月2日 - )は日本野球選手、指導者及び野球解説者。元パナソニック専務役員、日本野球連盟近畿地区連盟会長。

経歴[編集]

岐阜県立岐阜商業高等学校では3年生の時、エース、四番打者として1969年選抜大会に出場。2回戦(初戦)で比叡山高間柴茂有投手に投げ勝ち、大会通算100号本塁打を放つ。準々決勝では博多工岩崎清隆投手に抑えられ、3-9で敗退[1]。同年夏は中堅手として三岐大会決勝に進出するが、上西博昭投手(中京大)を擁する三重高に敗退、甲子園出場を逸する。

その後、早稲田大学にスポーツ枠で進学[2]。1年春からベンチ入り、5季連続打率3割以上を記録し中心選手として活躍。東京六大学リーグでは1年下のエース矢野暢生(日本生命)らを擁し、9季ぶりとなる1973年春季リーグ戦の優勝に貢献した。直後の全日本大学野球選手権大会では2回戦で愛知学院大に敗れる。同年の第2回日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、四番打者を務めている。リーグ通算84試合出場、280打数87安打、打率.311、6本塁打、60打点。ベストナイン(外野手)2回受賞。大学同期に楠城徹捕手鈴木治彦一塁手がいた。

早大卒業後は松下電器産業(現・パナソニック)に入社。1974年都市対抗では新日鉄堺の補強選手としてチームの準決勝進出に貢献[3]。エース山口高志を擁し、同年の第1回社会人野球日本選手権大会に出場するが2回戦(初戦)で敗退。2年目の1975年にも都市対抗に出場。同年秋のドラフト会議阪神タイガースから2位指名を受けるも入団を拒否、その後も社会人野球で活躍する。1981年に現役を引退。

引退後は1987年に松下電器野球部の監督に就任(1991年まで)。この他にも同部長やアマチュア日本代表のコーチも歴任した。また社業にも専念し中村邦夫社長時代に労政部長を歴任。1万人のリストラといわれる実務を担当した。その後は広報部長に転じて広報宣伝担当の専務の座に就くまで出世した。会社に批判的な記事が出るとそのメディアに押しかけて行き圧力をかけて担当記者を交代させる剛腕なところもあったようである[2]

津賀一宏社長就任後の役員体制見直しに伴い、中村邦夫社長時代から務めたブランドコミュニケーション本部長・宣伝担当を2013年10月1日付で更迭され、専務役員待遇のまま企業スポーツ推進担当へと異動した[4]。パナソニックと関係の深いガンバ大阪の取締役を務めていた時期もある。

少年野球では大阪府枚方市を本拠とするボーイズリーグのチーム「オール枚方ボーイズ」の監督を務め、2002年2008年2010年全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップで3度優勝に導いている。2014年3月31日付でパナソニック専務役員を退任し、同年4月より熊本県秀岳館高等学校野球部監督に就任[5]。同時に、系列校の中九州短期大学副学長にも就いている。2年目の2015年の秋季九州大会で優勝し第46回明治神宮野球大会に出場。翌2016年第88回選抜高等学校野球大会で準決勝に進出。夏の第98回全国高等学校野球選手権大会でも準決勝に進出した。かつて指導した「オール枚方ボーイズ」出身者が多かったが、それらの選手を指導力の高さで主力選手に成長させ、U-18日本代表選手を2名(九鬼隆平松尾大河)輩出した。2016年の秋季九州大会では準決勝で福岡大大濠に敗れたが翌年の第88回選抜高等学校野球大会出場校に選出された。2017年2月に学校側の方針で監督交代を模索している事が明らかになるが、OB会や保護者から続投の嘆願書が集められ、結局学校側も方針を変えて同年3月に2019年春までの続投要請を行ない、これを受諾している[6]。選抜大会では大阪桐蔭に1 - 2で敗れたが、三季連続でベスト4に進出した。

2017年7月選手権熊本大会準々決勝で勝利後、突発性不整脈と診断され1週間ほど入院。準決勝・決勝は、責任教師が代行監督を務めた[7]7月27日に退院し、28日から練習に合流。8月6日本戦開会式リハーサル前の監督対談後、今季限りで退任することを表明した[8]。退任の理由は体調面の不安とは関係なく、「進退は自分で決めると言ったが、いい時期かなと思った。選手も自分たちでできるようになり、指導者も育ってきた」と説明した[9]。選手権大会は2回戦で広陵高校に敗れたが、U-18日本代表に川端健斗田浦文丸の投手二名が選ばれた。

監督として[編集]

秀岳館高校では練習にPDCAサイクルを導入し、選手の技能と意識向上を心掛けている。投手については、「一大会で一人の投手が600球も投げるのは、その投手の将来を思ったら避けたほうがいい」という考えから、複数の投手を育て、継投策を採ってきた。打者に関しては、ファーストストライクからフルスイングし、追い込まれたら一転、ノーステップ打法に変えるという指導をしてきた。これは鍛治舎がアマチュア野球の日本代表にコーチとして帯同した当時、世界最強といわれたキューバに対抗すべく用いた策だった[10]

高校野球解説者として[編集]

1985年の選抜大会からNHKの野球解説者として高校野球の実況放送に携わっている[2]。社業に専念するため1992年の選抜大会で降板するも、1998年の選抜大会から再び担当している。

なお再び社業への専念を理由に、2010年の選手権大会をもって解説の降板を表明[11]。最後の解説は同大会の決勝戦(興南高等学校東海大学付属相模高等学校)のテレビ中継であり、試合後には解説者降板にあたってのメッセージも残している。

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ a b c “パナソニック元役員、1万人リストラ担当の「戦犯」、高校野球監督就任で批判続出”. ビジネスジャーナル. (2014年5月13日). http://biz-journal.jp/2014/05/post_4848.html 2016年11月6日閲覧。 
  3. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  4. ^ 甲子園の人気者も更迭!パナソニックが10月1日付け人事で固める「津賀体制」 - 井上久男「ニュースの深層」、講談社『現代ビジネス』、2013年9月28日。
  5. ^ アマの名将鍛治舎氏が熊本・秀岳館監督 - 日刊スポーツ、2014年2月27日配信、同日閲覧
  6. ^ 秀岳館一転 夏も鍛治舎監督 野球部OBらから続投嘆願書 - スポーツニッポン、2017年3月11日
  7. ^ “秀岳館の鍛治舎監督が入院 決勝は代行が指揮/熊本”. 産経スポーツ. (2017年7月23日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20170723/hig17072320440024-n1.html 2017年8月20日閲覧。 
  8. ^ “秀岳館・鍛治舎巧監督が今夏で退任「引き際は大事」”. 日刊スポーツ. (2017年8月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1867917.html 2017年8月20日閲覧。 
  9. ^ “秀岳館・鍛治舎監督 今夏限りで退任…体調面は「関係ない。責任は果たした」”. スポニチ. (2017年8月7日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/08/07/kiji/20170806s00001002400000c.html 2017年8月20日閲覧。 
  10. ^ “熊本・秀岳館の鍛治舎巧監督 「さらば幻想の高校野球」”. Newsポストセブン. (2017年8月20日). https://www.news-postseven.com/archives/20170820_605444.html 2017年8月20日閲覧。 
  11. ^ 2010年4月22日中日新聞紙面「軌跡」

関連項目[編集]