豊平晋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
豊平 晋一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県鹿屋市
生年月日 (1957-05-18) 1957年5月18日(63歳)
身長
体重
180 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手外野手
プロ入り 1975年 ドラフト6位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

豊平 晋一(とよひら しんいち、1957年5月18日 - )は、鹿児島県出身の元プロ野球選手。ポジションは三塁手外野手

来歴・人物[編集]

鹿児島県から野球留学し、岐阜県中京商業高等学校に入学。1年下のエース今岡均を擁し、四番打者、三塁手として1975年夏の甲子園に出場。1回戦で有賀佳弘のいた早実高を完封で降すなど勝ち進み、準々決勝に進出。しかし広島商の山村力人(東洋大三菱重工広島)に完封を喫する[1]。広島商には遊撃手谷真一がいた。同年の全日本高校選抜チームによる米国西海岸・ハワイ遠征にも今岡とともに選出される。

1975年のドラフト会議で阪神から6位指名され入団。長距離打者として期待されたが一軍公式戦には出場がなく、1980年限りで引退。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場無し

背番号[編集]

  • 38 (1976年 - 1980年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]