三東洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三東 洋
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 島根県鹿足郡津和野町
生年月日 (1978-10-07) 1978年10月7日(40歳)
身長
体重
180 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 ドラフト6巡目
初出場 2003年7月31日
最終出場 2004年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

三東 洋(さんとう ひろし、1978年10月7日 - )は、島根県鹿足郡津和野町出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

津和野中学校時代は外野手兼任。益田東高校の野球部3年時は夏の島根大会でそれまでの奪三振記録を塗り替えた。第78回全国高等学校野球選手権大会に出場。

高校卒業後駒澤大学に進学するも肩とひじを相次いで手術し、通算2勝に止まる。その後ヤマハに入社。チームでは歌藤達夫らに次ぐ控え投手だった。2002年のドラフト6巡目で阪神タイガースに入団。津和野町出身者初のプロ野球選手となった。

プロ入り後[編集]

ルーキーイヤーの2003年7月13日のフレッシュオールスターゲームでは、2点リードの8回に登板したが、一死満塁のピンチを招いて今江敏晃ロッテ)に走者一掃の逆転タイムリースリーベースを浴びてしまい、スリーランホームランを放った喜田剛のMVP(チームが勝利すれば確定と言われていた)を消してしまった(結果的に今江がMVPを獲得)。7月31日の横浜戦で初登板。牽制でランナーを刺すなど上々のデビューを飾る。

2004年8月22日のヤクルト戦でプロ初先発・初勝利。初勝利の試合ではプロ入り初打席でタイムリーを記録した。

2005年2006年と一軍での登板がなかったが、2007年井川慶がメジャー挑戦のため移籍退団し、能見篤史江草仁貴らとともに先発ローテーションに入るサウスポーとして期待される。しかし、肩の故障は癒えておらずオープン戦中に故障を再発させてしまい、同年も一軍登板が無いまま10月5日、球団より戦力外通告を言い渡される。現役続行の意思はなく、現役引退を表明。最後まで敗戦投手になることはなかった。

引退後[編集]

情報サイトの企画、運営などを手がける企業の広報担当に転身。その後、神戸市内にオーダーメイドトレーニング施設をオープン、代表を務める。2015年7月より、神戸市内のオーダーメイドトレーニング施設の近くに、鍼灸整骨院をオープン。

選手としての特徴[編集]

一塁牽制が上手い投手[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2003 阪神 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 29 6.2 5 0 5 0 0 5 0 0 2 2 2.70 1.50
2004 22 6 0 0 0 5 0 0 -- 1.000 189 44.0 40 4 25 0 0 43 4 1 25 24 4.91 1.48
通算:2年 27 6 0 0 0 5 0 0 -- 1.000 218 50.2 45 4 30 0 0 48 4 1 27 26 4.62 1.48

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初打席・初安打・初打点:2004年8月22日、対ヤクルトスワローズ21回戦(明治神宮野球場)、2回表にジェイソン・ベバリンから左前適時打

背番号[編集]

  • 37 (2003年 - 2006年)
  • 12 (2007年)

出典[編集]

  1. ^ 『プロ野球選手名鑑2004』 ベースボール・マガジン社2004年、24頁。ISBN 4-583-61259-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]