ニューダイナマイト打線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ニューダイナマイト打線(ニューダイナマイトだせん)、新ダイナマイト打線[1]は、1985年セ・リーグ優勝、日本一を達成し、豪打を振るった阪神タイガースの強力打線愛称クリーンナップの成績から「3割30本打線」とも評される。

概要[編集]

1985年4月ランディ・バース掛布雅之岡田彰布の「バックスクリーン3連発」に代表される阪神の強力打線であるが、この「ニューダイナマイト打線」とは、1940年代後半のタイガース打線の名称「ダイナマイト打線」に因んでいる[1]

1番に足も速いがクリーンナップ並の長打力を持つ真弓明信を固定したところ、1番打者であるにも関わらず34本塁打、84打点をマーク。この年、真弓、岡田は自己最高(後に生涯最高となる)の好成績を残している。

特徴として、レギュラーメンバーがシーズン中ほとんど固定であったことが挙げられる。絶対的レギュラーでなかったのは2番・センターと8番・キャッチャーで、2番は北村照文吉竹春樹弘田澄男の併用。8番は木戸克彦(レギュラー)、山川猛(第2捕手)、嶋田宗彦(第3捕手)であったが、その他の選手はほとんど変えられることは無かった(バースの休養日には長崎啓二が3番を打った)。また、打順の並びもほとんど変えられなかった。1985年の日本シリーズでは弘田は2番・指名打者で出場し、第4戦からは不調の佐野に代わって長崎が6番・左翼手として出場した。

豪打ばかりが目に付くものの、1985年の阪神はリーグ1位の犠打を記録するなど小技にも長けた。

打順 守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
1 真弓明信 .322 34 84 8 ベストナイン(外)
2 北村照文 .262 3 19 21
3 R.バース .350 54 134 1 シーズンMVP三冠王ベストナイン(一)
4 掛布雅之 .300 40 108 3 ベストナイン(三)
5 岡田彰布 .342 35 101 7 ベストナイン(二)
6 佐野仙好 .288 13 60 1
7 平田勝男 .261 7 53 6
8 木戸克彦 .241 13 32 0
9
控え選手
守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁
山川猛 .213 4 10 0
嶋田宗彦 .251 1 6 0
長崎啓二 .283 6 25 0
弘田澄男 .296 5 22 2
吉竹春樹 .247 2 16 7

太字はリーグトップ

脚注[編集]

  1. ^ a b 球史を彩った魅惑の強力打線『週刊ベースボール』2011年9月12日号、ベースボール・マガジン社、2011年、雑誌20442-9/12, 30-31頁。