高橋賢司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 賢司(たかはし けんじ、1971年9月3日 - )は、産業経済新聞社の社員(大阪本社勤務)で、同社発行の競馬専門紙競馬エイトトラックマン

経歴[編集]

岩手県花巻市出身。関西大学経済学部経済学科卒業後、産経新聞に入社。暫くして競馬エイトに配属され、今に至る。紙面では関西のコース担当。

2007年、35歳で『DREAM競馬』のコメンタリー陣に加えられ、2010年からは後継番組『競馬beat』→『KEIBA BEAT』において京都・阪神のレース解説を担当している。

地元岩手県の水沢競馬に所属していたメイセイオペラフェブラリーステークス制覇に勇気づけられたというが、『KEIBA BEAT』のプロフィールでは制覇した年を間違えている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ メイセイオペラが実際に制したのは1999年

外部リンク[編集]