KEIBA BEAT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
競馬BEATから転送)
KEIBA BEAT
ジャンル スポーツ番組
司会者 京都・阪神担当
杉崎美香
中京担当
蛍原徹
國生千代
小倉担当
佐藤有里香
コージ・トクダ
出演者 本文参照
製作
制作 関西テレビ放送
東海テレビ放送
テレビ西日本
#制作局別のスケジュール参照)
放送
放送局西日本地区フジネットワーク
音声形式ステレオ放送(2012年まで一部の回は5.1chサラウンドステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2010年(平成22年)1月10日 -
放送時間毎週日曜日 15:00 - 16:00
放送枠関西テレビ制作日曜午後の競馬番組
放送分60分
KEIBA BEAT(関西テレビ)
テンプレートを表示
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。(Template:色)

KEIBA BEAT』(けいばビート)は、関西テレビ東海テレビテレビ西日本他、西日本地区のフジネットワーク14局[注釈 1]2010年平成22年)1月10日から毎週日曜日の15:00 - 16:00 (JST) に放送している中央競馬中継番組である。各局で番組内容を差し替える企画ネット番組ではなく、上記3局の持ち回り制で制作されている。ステレオ放送[注釈 2]2011年12月25日までは『競馬beat』(読みは同じ)のタイトルで放送され[注釈 3]ていた。2012年から2013年までは『競馬BEAT』(読みは同じ)と大文字に変更され、タイトルロゴも一転してポップ調のものに変わった。

概要[編集]

関西テレビ東海テレビテレビ西日本の3社では、1991年(平成3年)10月6日から『ドリーム競馬→DREAM競馬』を18年余りにわたって制作・放送してきたがフジテレビ2009年(平成21年)11月3日に『みんなのケイバ』から『みんなのKEIBA』に全面刷新を発表したことを受け、関西テレビも年末年始の番組情報の中で2010年(平成22年)から全面刷新を行った新番組を放送すると発表した[1]。しかしそれ以前に報道や当事者による公式ブログでのメッセージで当番組の開始が明らかにされていた。

メインとなる関西テレビでは3年ぶりにMC(司会者)を金子昇石山愛子の男女ペア[注釈 4]に戻したが、長年関西テレビ競馬中継の顔となっていた杉本清大坪元雄については70歳を超える高齢[注釈 5]となったこともあって『DREAM競馬』終了とともに引退。その後は杉本が旧八大競走などのビッグレース時にゲスト出演する程度となった。

また、大坪は2010年、東海テレビ制作分のスタジオ担当解説者として出演。但し中京競馬場工事により3月28日高松宮記念当日[注釈 6]までの出演となった。

レギュラーの解説者としては2007年(平成19年)の『DREAM競馬』リニューアルの際に登場した競馬エイト関西版の記者3名が務める(前番組では鈴木由希子が毎週、門口博光高橋賢司は1週おき交代の「ダブルキャスティング」であったが、この番組では原則3名全員が毎週の出演となった)[1]

また放送開始から1年たたずに定年を迎えることから去就が注目されていた馬場鉄志については当初発表に名前があったが[1]2010年(平成22年)の桜花賞が最後の競馬実況になった[注釈 7]

金子が競馬サークルの人脈交流の深を活かし騎手・調教師の生の声を取材・紹介するほか、毎回現役調教師を「スペシャルアドバイザー」として迎え入れて、より専門的なレース解説を提供する。ただ、2011年(平成23年)は「スペシャルアドバイザー」の出演は不定期となり、替わって石巻ゆうすけが実況と兼務する形でスタジオも担当することとなった。

東海テレビは、中京競馬場工事の関係による日程調整で番組開始後しばらくしてすぐに自社制作を始めたものの、3月28日の放送分をもって一時休止し[注釈 8]、再開は2012年(平成24年)となった。そのため、中京競馬場工事入りまでは『DREAM競馬』終了時点の出演者が続投の上、事実上タイトルのみを変更した形で放送し、工事期間明けに改めて番組リニューアルを行う形になった。改修後初の夏開催となった2012年7月には、第1週に西島まどか(小倉編)、第2週に杉崎美香(阪神・京都編)と、それぞれの女性MCがゲストとして参戦した。

テレビ西日本制作分は、2010年(平成22年)の小倉競馬場の開催が中京競馬場の工事の関係で、西日本主場となる夏開催(7月18日放送分)からのスタートとなった。同局では歴代の競馬番組と同じく自社制作体制で放送し、こちらも関西テレビ制作分に倣って男女ペアによる司会となるが、『DREAM競馬』時には毎回迎えていたゲストが、隔週出演に変更された。

開始段階では、前番組で独自のサイトを立ち上げていたテレビ西日本には番組紹介のページはなかったが、夏開催の前にサイトは開設されている[注釈 9]。また、2011年(平成23年)の春開催は中京競馬場の工事に加え、東日本大震災の発生に伴い小倉競馬の開催が急遽延長[2][3]されたため、4月17日まで自社制作が継続された。なお従場開催時において、土曜日のテレビ中継を担当していたTVQ九州放送が2004年を以って、ラジオ中継を担当していた九州朝日放送が2018年を以って、それぞれ中継制作から撤退したため[注釈 10]、2019年からは本番組が在福地上波メディア唯一の中央競馬の自社制作中継となっている。

関西テレビ制作分については『DREAM競馬』から引き続き、一部ネット局を含めてワンセグ番組連動データ放送を実施している。データ放送のコンテンツは『DREAM競馬』時代のコンテンツをほぼ継承(注目レースの出馬表・単勝オッズ・レース結果など)していて、杉本の勝ち馬予想コラム「清のささやき」も継続して掲載されている。

大阪国際女子マラソンの日は、助っ人として東海テレビのアナウンサーもしくはテレビ西日本のアナウンサー[4]が関わることがある。(「ダイヤモンドカップゴルフ」の日も同様)

名古屋ウィメンズマラソン開催日(東海テレビでゴルフ中継が行われる日も同様)は、助っ人として関西テレビのアナウンサーが関わることもある。

2010年(平成22年)7月11日の放送からNTSCレターボックス16:9に移行。

番組内で、1着と2着の馬を予想するプレゼント企画を実施しており、的中者が1名のみの場合に限り、大型デジタルハイビジョン(52v型)テレビがプレゼントされる[注釈 11]

番組の終わりには予告編として次週の日曜に行われる重賞競走の出走予定馬を紹介している(GI開催日など、時間の都合で割愛する日あり)。

2011年12月25日の放送(有馬記念当日)で『競馬beat』(第1期)としての放送は終了となり、2012年1月8日より英語の題名(小文字→大文字)・タイトルロゴを一部変更した『競馬BEAT』(第2期。読みは同じ[注釈 12])に改題。

第2期は「ドリーム競馬」時代からのドキュメンタリーの要素・競馬に隠された馬と人の絆、またサラブレッドの血統ロマンとその夢にかける人たちを描きつつ、初心者にもわかりやすい中継を心がけることを大きなテーマとする。司会の杉崎美香は、大阪の放送局制作番組では初のレギュラー出演・主演となるほか、1月7日開始の「うまンchu」との連携を深め、一部の出演者共有を含め、上方お笑いタレントのコメンテーター起用も行う。なお放送開始当初から解説メンバーとして参加していた門口は競馬エイトの本紙予想家に専念するため、2011年末で降板(勇退)、スペシャルアドバイザー(現役調教師のゲスト解説)も事実上発展終了となり、その代わりとして元調教師の坂口正大が解説メンバーに加わった。

2012年3月11日は、FNN報道特別番組(東日本大震災関連)放送のため休止(ただし、メインレースの実況はBSフジで放送する「みんなのKEIBA」の裏送り放送で行ったが、通常関西テレビ・東海テレビそれぞれから放送される出馬表などの字幕フォーマットは当日に限りフジテレビより送出された「みんなのKEIBA」用のものを利用して行った)。

2012年11月25日放送分は、京都競馬場シグネットホールを会場に関西テレビ放送開局55周年特別番組として公開生放送(特別ゲスト 佐々木主浩野球評論家馬主〉)が行われた。

2013年3月24日放送分は、2月に現役を引退した安藤勝己元騎手がゲストとして高松宮記念の予想などを披露した。以降、G1レースなどのビッグレースには安藤または岡部幸雄が出演している。但し、東海テレビ版に関しては中京のGIレースであっても両者の出演がない。

11月24日放送は関西テレビ放送開局55周年記念特別番組への内包として放送されたが、通常競馬場で行うスタジオ進行パートは、この日に限り本社スタジオで行われ、この55周年特番の総合司会を務めた東野幸治が特別ゲストとして参加した。またこの日はジャパンカップの発走が15:55であったため、16:10までの10分拡大[注釈 13]で行われた。

2013年4月からは関西テレビ放送分で、地上デジタル放送でも番組連動データ放送がスタートした。放送日当日のメインレースの出走馬から1着馬(推しウマ)を予想して、その推しウマが1着あるいは2着になった場合、的中者から抽選で1万円分の図書カードが当たる予想クイズ「推しウマに挑戦!」がスタートした(ワンセグの番組連動データ放送は従来通り)なお地上デジタル放送の番組連動データ放送は、2015年12月27日の放送を以って終了した。

なお、通常主催者クレジットのアナウンスは「主催はJRA日本中央競馬会です(でした)」とするが、この番組では関西テレビに限り「この放送はJRA日本中央競馬会の主催でお送りします(しました)」と、他番組の提供クレジット読みに倣っている。

2014年1月から関西テレビ版は、麒麟川島明(タレント)が新たに加入し[5]、杉崎とのコンビ司会となった。同時に番組タイトルも『KEIBA BEAT』に変更された。但し、新聞のラテ欄やEPGの表記は引き続き『競馬BEAT』となっている。

2015年1月から関西テレビはオッズ・出馬表などCGテロップをリニューアル。東海テレビは3月の中京開催から、テレビ西日本は8月の小倉開催からCGテロップをそれぞれリニューアルした。

2017年1月15日の放送は、京都競馬場・中京競馬場の開催が雪で開催中止になったため、東海テレビでは放送予定だった自社制作の放送が急遽取りやめになり、関西テレビ版のネットに変更になった。

2018年2月11日の放送は、小倉競馬場での競馬が開催中であったが、当日はもともと開催がなかったため、テレビ西日本も自社制作ではなく、関西テレビ版のネットのものを放送していた。

2019年11月10日は、祝賀御列の儀が当初の日程からこの日に延期されたことを受け、本時間帯に報道特別番組を放送のため休止。エリザベス女王杯など当日のレースは「BSスーパー競馬」でのみ放送を行うが、レース映像は京都分のレースはJRA公式の映像で放送された。なお、前週の11月3日も「FNS27時間テレビ」放送のため休止となり、2週連続で本番組が放送されないこととなった。

2020年は新型コロナウイルスによる日本政府の緊急事態宣言発令を受けて、4月26日の京都競馬場開催分から当面、MCパートの生放送を大阪の関西テレビ本社スタジオで行い、杉崎は6月14日放送分まで欠席、川島明は別室でのリモート出演とし、番組の進行を競馬場に行っていない実況アナウンサーのローテーションでしのいだ。6月21日から杉崎・川島明のコンビがスタジオに復帰。7月26日8月2日8月9日は、当初から2020年東京オリンピックの開催に協力することや西日本の猛暑への避暑対策の一環として、中央競馬の開催が東日本の2会場(新潟札幌)のみとなったが、MCパートは通常と同じく関西テレビ本社スタジオで生放送を行っている。ただし7月26日放送分は川島明のみ諸事情により電話出演だった。

その後8月16日から9月6日の小倉編、並びに京都競馬場改修に伴う日程変更で9月13日から10月4日に放送された中京編も、基本的にMCパートをそれぞれの制作局(テレビ西日本本社、東海テレビ本社)のスタジオから生放送し、現地競馬場の放送席からはスポーツ紙・競馬専門紙トラックマンと実況アナウンサーなど最低限の人数で放送を行った。

2020年9月20日の関西主場は中京開催であったが、当日は東海テレビが女子ゴルフのデサントレディース東海クラシックを中継し[6]、かつメインレースに関西テレビ放送賞ローズステークスが施行されたため、制作著作・東海テレビ、制作協力・関西テレビの形態で中継。東海テレビからMCの蛍原徹恒川英里アナウンサー、解説の大野英樹(レース解説、中日スポーツ)、山田数夫(パドック解説、中日スポーツ)が派遣されたほかは関西テレビベースで放送した(テロップとBGMは関西テレビベースの物を使用、MCパートは関西テレビスタジオから放送。実況〈岡安譲吉原功兼〉及び情報担当〈川島壮雄〉は関西テレビアナウンサーが担当)[注釈 14]

2021年7月25日・8月1日・8月8日は中央競馬の開催が東日本の2場(新潟函館)のみであり、MCパートは関西テレビ本社スタジオから放送を行った[注釈 15]

2022年3月20日は、中京競馬が開催期間であるが、当日は開催がないため、東海テレビは関西テレビ版をネットした。

2022年7月31日・8月7日は札幌・新潟の2場開催となるが、MCパートは関西テレビ本社スタジオから放送を行う予定である。なおMCは杉崎1人で進行、開催競馬場にもアナウンサーを派遣する[注釈 16]。なお西日本の開催がないことによる休止およびこれに伴うフジテレビ制作のみんなのKEIBAあるいは北海道文化放送制作のKEIBAプレミアの臨時ネットの事例はない。

レース途中での中継終了騒動[編集]

2022年5月22日、当日のメイン競走は東京競馬場で行われた「第83回オークス(GI)」であったが、このレースに出走を予定していたサウンドビバーチェが、スタート前に放馬。その放馬から捕獲し、馬体検査(その際、顔部挫創=擦り傷[7]の発症により競走除外)を行うのに手間取ってしまい、当初の予定(15:40)より15分遅れで発走する事となった。

その際、東日本地区各局(同時間帯に放送のNST新潟総合テレビ制作『NSTみんなのKEIBA』を除く)と沖縄テレビ放送にネットされた、フジテレビ制作『みんなのKEIBA』ではレース開始前にCMを消化させたことからレースの終了まで中継することができたものの、『KEIBA BEAT』を放送した西日本地区の各局(沖縄テレビを除く)では、レースの途中で中継が終了、CMが数分間放送された。CM明けにニアライブで、ゴールシーンは放送することができたが、SNSでは視聴者からの抗議や不満などのコメントが多数投稿され、フジテレビや関西テレビに対しても批判が殺到[注釈 17]した[8]。中には、NHK BS1でも同時間帯に中継があったため、「BS1で見れたから問題なし」「サブチャンネルで放送したとはさすがNHK」と、NHKを称える視聴者もいた[9]

この件に関して、レース当時の制作局である東海テレビ[注釈 18]は、「現場では、(テレビを視聴する)ファンの皆さん方のために、レースのスタートからお見せすることを最優先し、結果としてレース発走後にCMを入れることになってしまいました。エンドロール(主催者クレジット・タイトル)の20秒でゴールシーンを放送するのが精いっぱいでした」[10]と謝罪した。

制作局別のスケジュール[編集]

各ネット局の放送スケジュールは以下のとおり(代替開催などを除く)。特記のない場合、開催場は関西主場(京都・阪神)。また(主)は夏季を除く中京・小倉での関西主場の振替開催を表す。

平年[編集]

ネット局 1月上旬 中京1月中旬~下旬 2月上旬 小倉2月中旬~3月上旬 中京3月中旬~下旬 4月上旬~6月下旬 中京7月上旬~下旬 小倉7月下旬~9月上旬 9月上旬~11月下旬 中京12月上旬~中旬 12月下旬
関西テレビ
(下記3局以外)
関西テレビ制作 東海テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作
東海テレビ 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作
テレビ西日本 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作
GIレースのみ中継局 放送無し 関西テレビ制作 放送無し 関西テレビ制作

2010年[編集]

ネット局 1月上旬~中旬 中京1月下旬~2月中旬 2月中旬~下旬 中京3月 4月上旬~7月中旬 小倉7月中旬~9月上旬 9月中旬~11月下旬 小倉12月
関西テレビ
(下記3局以外)
関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作
東海テレビ 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作
テレビ西日本 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作
テレビ熊本(GIのみ) 放送無し 関西テレビ制作 放送無し 関西テレビ制作

2011年[編集]

ネット局 1月上旬~中旬 小倉1月下旬~2月中旬 2月中旬 小倉2月下旬~4月中旬 4月下旬~7月下旬 小倉7月下旬~9月上旬 9月上旬~11月中旬 小倉11月下旬~12月
関西テレビ
(下記3局以外)
関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作
東海テレビ 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作
テレビ西日本 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作
テレビ熊本(GIのみ) 放送無し 関西テレビ制作 放送無し 関西テレビ制作

2012年[編集]

ネット局 1月上旬 小倉1月中旬~2月中旬 2月中旬~下旬 中京3月 4月上旬~6月下旬 中京7月 小倉7月下旬~9月上旬 9月上旬~11月下旬 中京12月上旬~中旬 12月下旬
関西テレビ
(下記3局以外)
関西テレビ制作 東海テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作
東海テレビ 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作
テレビ西日本 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作
テレビ熊本(GIのみ) 放送無し 関西テレビ制作 放送無し 関西テレビ制作

2020年[編集]

ネット局 1月上旬 小倉1月中旬~2月下旬 中京3月 4月上旬~8月上旬 小倉8月中旬~9月上旬 中京(主)9月中旬~10月上旬 10月中旬~11月 中京12月上旬~中旬 12月下旬
関西テレビ
(下記2局以外)
関西テレビ制作 テレビ西日本制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作
東海テレビ 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作
テレビ西日本 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作

2021年[編集]

ネット局 中京(主)1月上旬 小倉1月中旬~2月上旬 小倉2月中旬~3月上旬 中京3月中旬~下旬 4月上旬~5月上旬 中京(主)5月上旬~6月中旬 6月中旬~下旬 小倉7月上旬~中旬 7月下旬~8月上旬 小倉8月中旬~9月上旬 中京(主)9月中旬~10月上旬 10月上旬~11月 中京12月上旬~中旬 12月下旬
関西テレビ
(下記2局以外)
東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作
東海テレビ 東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作
テレビ西日本 東海テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作

2022年(予定)[編集]

ネット局 中京(主)1月上旬 小倉1月中旬~2月上旬 小倉2月中旬~下旬 3月上旬 中京3月中旬~下旬 4月上旬~5月上旬 中京(主)5月上旬~6月中旬 6月中旬~下旬 小倉7月上旬~下旬 7月下旬~8月上旬 小倉8月中旬~9月上旬 中京(主)9月中旬~10月上旬 10月上旬~11月 中京12月上旬~中旬 12月下旬
関西テレビ
(下記2局以外)
東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作
東海テレビ 東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作
テレビ西日本 東海テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作

出演者[編集]

関西テレビ[編集]

司会者
BEATファミリー

準レギュラー(夏季ローカル開催[注釈 20]を除きほぼ隔週〜月1で担当)

よく登場するゲスト(過去も含む)

※中京担当MCの蛍原徹も中京開催と被らない時に不定期で出演している。

解説者

※上記の2名に加えて元騎手の岡部幸雄安藤勝己佐藤哲三がビッグレース開催時などに不定期で出演している。その際にはメインレースの実況席解説が高橋とのダブル体制となる。

実況アナウンサー

2014年1月5日から麒麟・川島明が男性側の総合司会者に就任したため、実況やゲート前リポート(リポーター)に参加しないアナウンサーの中から1人はスタジオでの情報担当(オッズ・配当金紹介他)に回る。

パドックリポート
特別リポーター
  • 細江純子(2013年6月23日の宝塚記念開催当日をもって、産休のため同年12月まで番組出演を一旦休止[注釈 29]
ナレーター

東海テレビ[編集]

司会者
よく出演するゲスト

※夏季主場開催の時には蛍原との交友が深いお笑いタレントが登場することが多く、京都・阪神担当MCの川島明も毎年出演している。

解説者
  • 黒柳勝博中日スポーツトラックマン、スタジオ・実況席解説)2017年から出演。2018年1月21日・28日放送分は体調不良のため欠席。2018年3月以降は草野・大野と交代で出演
  • 山田数夫(中日スポーツトラックマン、パドック解説)2012年以後中京で重賞が開催される当日のみ出演
  • 大野英樹(中日スポーツトラックマン、スタジオ・実況席解説)2018年3月開催から黒柳・草野と交代で出演。
  • 草野武志中日スポーツトラックマン、スタジオ・実況席解説) 2016年までは毎週出演、2018年1月21日・28日の放送では黒柳が体調不良による欠席のため急遽担当。2018年3月から黒柳・大野と交代で出演。

※2018年3月開催以後、黒柳・大野・草野のうち交代で毎週1名がスタジオ解説を担当する。

実況アナウンサー
特別リポーター

テレビ西日本[編集]

司会者
解説者
実況アナウンサー
よく出演するゲスト

過去の出演者[編集]

関西テレビ[編集]

司会者
アシスタント
  • 石山愛子(フリーアナウンサー、セント・フォース所属[注釈 43]:番組開始 - 2011年12月25日)
パドックリポート
  • 竹上萌奈(関西テレビアナウンサー:2016年4月3日 - 2017年3月26日までは司会を担当、2018年からは他の実況アナの兼ね合い次第で稀にスタジオの情報アナを担当することもあった[15]。2022年3月13日放送を持って卒業)
実況アナウンサー
解説者
  • 門口博光競馬エイト、スタジオ解説)
    • 2011年1月23日は高橋が小倉競馬場に出張のため、実況席解説も担当した。
    • 2012年から競馬エイト・大阪本社の本誌予想(チーフ予想家)昇格になり、それに専念するために降板したが、同2月26日はレギュラーの高橋がインフルエンザにより欠席したため、降板後初めて実況席解説を担当した。
  • 鈴木由希子競馬エイト、パドック解説)
    • 2010年3月28日の高松宮記念開催当日は東海テレビ制作分に出演した。
ナレーター

東海テレビ[編集]

司会者
アシスタント
  • 奥ゆり(2010年、前身番組『ドリーム競馬』の東海テレビ版から引き続き担当)
  • 武裕美(2012年〜2015年3月開催、当時東海テレビアナウンサー)
  • 佐藤倫子(2015年夏主場開催〜2017年3月開催)
  • 速水里彩(2017年夏主場開催〜2019年12月開催、東海テレビアナウンサー)[17]
  • 恒川英里(2020年3月開催〜2021年12月開催、東海テレビアナウンサー)
解説者

テレビ西日本[編集]

司会者
アシスタント
解説者
実況アナウンサー

主要出演者の変遷[編集]

司会者もしくはアシスタントを務めた人物の変遷を記す。○印が付いているのは各制作局のアナウンサー(出演当時含む)。

期間 関西テレビ 東海テレビ テレビ西日本
男性 女性 男性 女性 男性 女性
2010年1月 - 2010年3月 金子昇 石山愛子 山田雅人1 奥ゆり1 (制作開始前)2
2010年4月 - 2011年12月 (制作休止)3 大谷真宏1 西島まどか
2012年1月 - 2012年6月 川島壮雄4 杉崎美香
2012年7月 - 2012年12月 岡田圭右 武裕美
2013年1月 - 2013年3月 蛍原徹 坂梨公俊
2013年4月 - 2013年12月 八田亜矢子
2014年1月 - 2014年3月 川島明
2014年4月 - 2015年3月 小橋宏美
2015年4月 - 2016年3月 佐藤倫子 ○大谷真宏
2016年4月 - 2017年3月 竹上萌奈5 新垣泉子
2017年4月 - 2019年12月 杉崎美香 速水里彩 ○坂梨公俊
2020年1月 - 2020年12月 恒川英里
2021年1月 - 2021年12月 コージ・トクダ 佐藤有里香
2022年1月 - 2022年6月 國生千代6
2022年7月 - 未定

  • 1 前番組(『DREAM競馬』)から続投。
  • 2 中京競馬場改修工事に伴う開催スケジュールの都合上、この時期の小倉競馬開催が無かったため。
  • 3 中京競馬場が改修工事のため開催を休止していたため。
  • 4 2013年9月開催以降、川島の実況スケジュールに応じて吉原功兼が代行することがあった。
  • 5 杉崎の産休に伴い担当。杉崎復帰後はパドックリポート担当に廻る。
  • 6 國生は2022年1月から2022年3月までNTB 所属のフリーアナウンサー、2022年4月から東海テレビアナウンサー

放送日時[編集]

放送時間 備考
日曜
15:00 - 16:00
天皇賞(春)[注釈 47]日本ダービー宝塚記念[注釈 48]菊花賞ジャパンカップ[注釈 49]当日は14:40(2013年までは14:35)開始。
有馬記念[注釈 50]当日は14:30-15:50に放送。

テーマ曲[編集]

関西テレビ
年度 曲名 アーティスト 備考
2010年・2011年 パガニーニの主題による狂詩曲』の第18変奏 ラフマニノフ
2012年・2013年 Life of a Salesman Yellowcard GI開催日以外で使用。
2014年・2015年 The Boys Are Back Dropkick Murphys
2016年 - 2018年 Memory Sugarcult
2019年 - Shut Up & Kiss Me Orianthi
東海テレビ
年度 曲名 アーティスト 備考
2012年・2013年 Across the Sky Space Cowboy
2021年 Around Us Jónsi オープニングで使用。
Brand New Day Kodaline エンディングで使用。
テレビ西日本
年度 曲名 アーティスト 備考
2012年 The Space They Can't Touch Less Than Jake
2016年 Every Teardrop Is a Waterfall Coldplay

特集のテーマ[編集]

放送日 内容
2010年1月10日 武豊と金子昇対談
2010年1月17日 ディープインパクトの子供達
2010年1月24日 赤星憲広(元阪神タイガース野球評論家)生出演
2011年1月9日 福永祐一と金子昇対談

ウオッカの初仔の馬名募集[編集]

2012年ウオッカの繁殖牝馬の一番仔(父・シーザスターズ)の牡馬(仮名:「ウオッカ2011」)の出産からデビューまでを長期密着取材する試みを行い、併せてその馬名を視聴者から公募する企画を行った。その結果、スペイン語で「飛び立て」を意味する「ボラーレ」という馬名に決定。[18]

母同様、栗東角居勝彦厩舎に所属。主戦騎手は岩田康誠2014年3月16日阪神競馬場のダートで行われた新馬戦(メイクデビュー阪神)にデビューし、2番人気に支持されるが7着に敗れる。続く4月13日の未勝利戦(阪神競馬場)も15着に敗れた。[19]

ところが、休養中だった2014年夏、突然疝痛(せんつう)を発症し、懸命な治療が行われたが、病状が次第に悪化、2014年8月16日に急死した。ウオッカの初産駒は勝利できなかったばかりか、キャリア2戦だけで病死という、3年の短い生涯を終えた[20]

スピンオフ番組[編集]

  • 川島&ノブ ウダ馬なし(ウダばなし)」 - 2017年から開始。関西テレビローカルで主要GI競走が行われる週の金曜日22:52-22:57に放送されているほか、日本ダービー凱旋門賞有馬記念が行われる週には0時台(FNNニュースの最終版終了後)に月-金曜日深夜(火-土曜日)に特別編が放送されている。また年末の総括特番(旧・「今年の中央競馬」相当)として、1時間の特番「川島&ノブ 夢ウダ馬なし」が行われる年もある。同番組では川島明と千鳥ノブが、その週に予定される主要GI競走についての過去の名勝負や、その年の当該レースの出走馬の横顔などを紹介している。

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送時間 ネット状況 備考
近畿広域圏 関西テレビ(KTV) フジテレビ系列 日曜 15:00 - 16:00 制作局】(京都・阪神担当)
中京広域圏 東海テレビ(THK) 制作局】(中京担当)
福岡県 テレビ西日本(TNC) 制作局】(小倉担当)
富山県 富山テレビ(BBT) 同時ネット
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
島根県鳥取県 さんいん中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(tss)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS) [注釈 51]
長崎県 テレビ長崎(KTN)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS)
熊本県 テレビくまもと(TKU) 不定期放送 [注釈 52]
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
[注釈 53]
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
[注釈 54]
  • 沖縄テレビ(OTV、沖縄県)では当番組ではなく『みんなのKEIBA』(フジテレビ)をネットするが、この中で関西のメインレースの実況は行われる。
  • 西日本エリアに属するサガテレビ(STS、佐賀県)では前番組に引き続き未ネットであり(2020年以降もフジテレビ系列で唯一競馬中継を放送しない局はサガテレビのみ)、またウインズ小郡のある山口県はフジテレビ系列が存在しないため[注釈 55]BSフジ(『BSスーパーKEIBA』)または近隣県(佐賀県ではテレビ西日本、山口県ではテレビ新広島、さんいん中央テレビ、テレビ愛媛、テレビ西日本)の放送を利用して視聴することはできる。
  • 関西テレビ制作版では、「KEIBA×NEWS」のコーナーがあり、その中で使用している曲はNHK大津制作『おうみ845』のオープニングで使用される曲と同じものを使用している。
  • 関西テレビのみ不定期に日曜朝4時頃に当日行われるレースのプレイバック(数年分)が放送される。

スタッフ[編集]

関西テレビ[編集]

関連番組[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ テレビ熊本は2019年12月まではGIレース時のみ。
  2. ^ 2012年まで、関西テレビ制作分のうち京都阪神でGIレースが開催される日は5.1サラウンド放送
  3. ^
    BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。(Template:色)
    共通タイトルロゴはKEIBA beat 競馬 × 鼓動(ケイバビート、けいば×こどう)と表記
  4. ^ 宮川一朗太水野麗奈以来。柳沼淳子がキャスターをしていた時代は杉本が司会者席に座っていたが「ご意見番」(コメンテーター)であった。
  5. ^ 競馬界でいうところの“70歳定年”。特に大坪に関しては所属していた競馬ブックがトラックマン・解説者の放送出演を大幅に縮小したことも関係している。
  6. ^ BSフジ競馬中継を通じて全国放送されたが、地上波にも放送されたレースの解説には出演しなかった(この時は草野武志だけが解説を担当した)。
  7. ^ 『DREAM競馬』放送期間中の2009年(平成21年)11月15日エリザベス女王杯)に京都競馬場開催のGI/JpnIレース実況から引退したため。
  8. ^ 平年1月 - 2月の小倉と12月の中京を入れ替えて2010年は1月 - 2月に中京、12月に小倉開催を行うため。
  9. ^ 東海テレビは当初から番組紹介ページは開設している。
  10. ^ ラジオ中継はRKB毎日放送ラブエフエム国際放送が時期を区切って引き継いだが、従場開催時も主場開催地制作局からのネット受けのみである。
  11. ^ かつてフジテレビの『スーパー競馬』で5連単クイズを2007年春のGIレースシーズンに実施していたが、全的中までは至らなかった。
  12. ^ ただし、第1期最終回の予告字幕(テレビ西日本でも)では「新番組 競馬BEATスタート」とクレジットされてあった。
  13. ^ 東日本・沖縄県向けの「みんなのKEIBA」は16:15まで
  14. ^ 2021年9月19日放送分も同様だが、MCパートは中京競馬場のスタジオから放送している。解説は大野英樹、黒柳勝博(ともに中日スポーツ)が、レース実況は川島壮雄、吉原功兼(ともに関西テレビアナウンサー)、パドック実況は斉藤誠征(東海テレビアナウンサー)がそれぞれ担当。2021年10月3日放送分(スプリンターズステークス開催日)も同様の形で放送している
  15. ^ 2021年7月25日放送分は吉原功兼アナウンサーが新潟競馬場から、また2021年8月1日放送分は函館競馬場からそれぞれレポートを行った。
  16. ^ 2022年7月31日放送分は川島壮雄が新潟競馬場からリポート。
  17. ^ この時間はあくまでもローカルセールス枠であるため、フジテレビへの批判については東西で番組が分かれていることを知らない視聴者が「フジテレビ制作」と勘違いしたことから起こったものである。関西テレビについては5月の西日本地区は例年なら京都で行われていること、また番組自体が関西主導で進むことが多いことからの勘違いが起こしたといえる。
  18. ^ 平年は京都競馬場での開催であり関西テレビ制作であるが、京都の改修に伴いこの年は中京競馬場で振替されたので東海テレビ制作となっていた。
  19. ^ 実質3代続けてセントフォース所属タレントが司会を担当する(石山は番組途中の2011年にトップコートからセントフォースに移籍したため)。2013年夏には小倉編で八田が総合司会を担当していたため、同事務所所属タレントが2名司会を担当する形になっていた
  20. ^ 京都・阪神の改修工事による変則日程で中京・小倉で行われる夏季以外の時期を含む
  21. ^ サタうま!司会。うまンchuでも引き続き司会を担当する。
  22. ^ 2020年から夏季開催期間中は北海道文化放送KEIBAプレミア」MCを担当している。そのため、本番組は、基本的に秋から春までの出演となる。
  23. ^ a b アイドリング!!!メンバー
  24. ^ 過去に「ドリーム競馬」(第1期)時代に小倉サマーシリーズ編など不定期のゲスト出場があった。
  25. ^ 以前は、杉崎や八田と同じセント・フォースの所属であった。
  26. ^ 2014年6月15日マーメイドステークスでリポートデビュー、2016年に実況デビュー
  27. ^ 2013年9月から12月まで、川島が実況・リポートを担当する機会が増えたため、ほぼ隔週交代でスタジオアシスタントも担当していた
  28. ^ 2012年1月から司会に就任。関西テレビのアナウンサーが司会格で出演するのはエキサイティング競馬時代の1986年までの松本暢章以来である。(松本はその後コメンテーター「競馬博士」として参加。また杉本清は「ドリーム→DREAM競馬」では関西テレビアナウンサー時代からコメンテーターというポジションとして参加)。川島自身は「DREAM競馬」担当の時代からパドック実況とGI以外の重賞競走のゲート前リポートを担当していたがレースの実況は担当してなかった。その後、2013年1月27日の準メイン(10R)で初実況を果たす。2013年9月から12月まで、ほぼ隔週でスタジオアシスタントとレース実況やゲート前リポートを交代で担当し、実況・リポートを担当する日はMCとしては出演しなかった。
  29. ^ この番組開始とともに全面リニューアルされる『みんなのKEIBA』に引き続き優先出演となるため、VTRリポートや関西GI時における現場リポートでの出演に限られる。当日はオープニングリポートをフジテレビへ裏送りする。
  30. ^ 2014年2月9日関西テレビ制作分に「BEATファミリー」の1人としてゲスト出演した。以降も中京開催と被らない時に不定期で出演している(同様に『みんなのKEIBA』にも不定期出演)。
  31. ^ 2022年1月9日から2022年3月27日はNTB 所属フリーアナウンサー、2022年4月から東海テレビアナウンサー
  32. ^ SKE48在籍中にSKE48メンバーとしては最多となる14回ゲスト出演しており、司会の蛍原から「番組の準レギュラー」と紹介されることもあった。
  33. ^ 2020年1月26日は京都競馬場の11Rのパドック実況・ゲートリポートを担当。
  34. ^ 例外として、2006年9月24日の神戸新聞杯(中京代替開催)で当時3冠を目指していたメイショウサムソンが出走したため、細江がリポーターとして出演した。
  35. ^ 前番組は冬開催のみの出演だったが、この番組から関西主場開催である夏開催にも出演。
  36. ^ 旧『DREAM競馬』時代は最晩期の司会を務めていた。2010年1月31日は、石巻・川島以外の関西テレビ競馬担当アナウンサー陣が『大阪国際女子マラソン』中継の実況で不在となったため、パドック担当として出演した。
  37. ^ 2013年の冬開催から2015年の冬開催、2017年の夏開催から2020年の夏開催まで司会を担当。2014年1月26日は京都競馬場の10R・11Rを実況。2017年1月29日、2018年1月28日、2019年1月27日は京都競馬場の11Rのパドック実況・ゲートリポートを担当。
  38. ^ 『DREAM競馬』時代は2006年から毎年1・2回準レギュラーゲストとして出演していた。
  39. ^ 7月18日から9月5日まではテレビ西日本制作のため出演せず。
  40. ^ 競馬愛好家の芸能人が主。
  41. ^ 2010年から2013年までは準レギュラー(BEATファミリー)の一員で不定期に出演していたが、2014年から司会に起用されることとなった。当番組では[麒麟・川島]と表記される。
  42. ^ 2019年8月4日はテレビ西日本制作分にゲストとして出演。
  43. ^ 開始当初はトップコート所属。2011年8月に現事務所移籍。
  44. ^ 2011年はスタジオも兼務、オッズ紹介や関東GI振り返りの進行、あるいはコメンテーター的なポジションを勤めていた。現・アナウンス部長のため、出演が減少していたが、2015年9月27日の放送では久しぶりにゲートリポートと勝利騎手のインタビューを担当。
  45. ^ 2011年は中京競馬場の工事のため阪神競馬場の開催となった高松宮記念も担当。
  46. ^ BSフジ制作「BSフジ競馬中継」でキャスターを担当する事もある。なお、BSフジ競馬中継(BSオリジナルバージョン)と日程が重なる場合はBSフジ競馬中継を優先するため出演しない場合もある(例:2012年9月2日は新垣泉子(テレビ西日本アナウンサー)がアシスタントを担当した)。
  47. ^ 2020年まで(2019年を除く)
  48. ^ 2019年及び2021年から
  49. ^ 2013年は15:00-16:10、2014年は15:00-16:30に放送
  50. ^ 2013年までは14:35-16:00に放送
  51. ^ 2013年4月7日(桜花賞開催日)からNHKマイルカップ以外のGI開催日限定でネット開始(有馬記念は2015年から、天皇賞とクラシック競走は2018年から各々ネット)。現在は全レースを放送している。
  52. ^ 長らくNHKマイルカップ以外のGI開催日限定での放送だったが、2020年1月以降は全てのGIレース及び一部レースを放送。
  53. ^ 2020年2月2日からGIレース及び一部レースのみに限りネット開始。
  54. ^ 2020年2月23日からGIレース及び一部レースのみに限りネット開始。なお、2020年10月4日は『みんなのKEIBA』(フジテレビ)を放送。
  55. ^ テレビ山口がフジテレビ系列に加盟していた期間中は、まだ開設されていなかった。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 2010年末年始番組表 競馬beat 関西テレビ放送 2009年12月20日[リンク切れ]
  2. ^ 第2回阪神競馬および第2回小倉競馬の競馬番組変更について 日本中央競馬会 2011年3月23日
  3. ^ 4月16日(土)・17日(日)に小倉競馬を開催 日本中央競馬会 2011年4月1日
  4. ^ 2021年は中京開催のため助っ人は派遣されない。
  5. ^ 麒麟・川島が競馬番組司会! 猪瀬知事を皮肉った「目標5000万円」 スポーツ報知 2013年12月24日閲覧
  6. ^ 第51回デサントレディース東海クラシックフジテレビ公式サイト 2020年9月28日閲覧
  7. ^ 【オークス】サウンドビバーチェの除外について スタート地点で放馬のアクシデント(netkeiba.com)
  8. ^ 競馬オークス中継でまさかの事態 レース中にCM入りゴールまで中継できず…視聴者困惑と怒り 2022年5月22日 16:08 (スポーツニッポン)
  9. ^ 競馬中継“オークス難民”続出…関東と関西で明暗 批判殺到にネット同情「フジもカンテレも悪くない」 2022年5月22日 18:15 (スポーツニッポン)
  10. ^ 競馬レース中CMで謝罪 制作の東海テレビ「お詫び申し上げます」「スタートをお見せすることを最優先」 2022年5月22日 19:34 (スポーツニッポン))
  11. ^ 競馬BEAT【特別企画「藤田菜七子×麒麟川島新春対談」&キタサン引退式直前情報】ヤフーテレビ、2018年1月5日閲覧
  12. ^ [リンク切れ]競馬BEAT 2018年11月11日(日) 15時00分~16時00分 の放送内容ヤフーテレビ、2018年11月8日閲覧
  13. ^ 競馬BEAT【朝日杯FS(GI)▽無敗の天才少女が男たちに挑む▽武豊悲願なるか】”. ヤフーテレビ (2018年12月13日). 2018年12月13日閲覧。
  14. ^ 競馬BEAT【『阪神ジュベナイルF(GI)未来のヒロイン決定戦!香港レースも!】ヤフーテレビ、2017年12月8日閲覧
  15. ^ カンテレ・竹上アナが「競馬BEAT」新アシスタント、杉崎アナは産休へスポーツ報知、2016年3月31日閲覧
  16. ^ 2015年1月11日の番組表(競馬BEAT)ヤフーテレビ2015年1月9日閲覧
  17. ^ [リンク切れ]競馬BEAT【第53回CBC賞(GIII)~中京競馬場~】ヤフーテレビ、2017年6月25日閲覧
  18. ^ 最強牝馬ウオッカ初めての仔馬名募集[リンク切れ]
  19. ^ 競走馬データ・ボラーレ(netkeiba.com)
  20. ^ 名牝ウオッカ初子 3歳ボラーレ急死(日刊スポーツ2014年8月24日 8月26日閲覧)・ウオッカの初子ボラーレが急死 デイリースポーツ2014年8月24日 2014年8月26日閲覧

外部リンク[編集]

関西テレビ東海テレビテレビ西日本 日曜午後の競馬番組
前番組 番組名 次番組
競馬beat
2010年1月10日 - 2011年12月25日

競馬BEAT
2012年1月8日 - 2013年12月22日

KEIBA BEAT
2014年1月5日 - )
-