エキサイティング競馬 (関西テレビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エキサイティング競馬』(エキサイティングけいば)とは、1987年4月26日から[1]1991年9月29日まで関西テレビなど西日本愛知県以西)のフジテレビ系列で毎週日曜日に放送されていた中央競馬中継のタイトルである。

概要[編集]

京都阪神競馬場開催分は関西テレビ、中京競馬場開催分は東海テレビ小倉競馬場開催分はテレビ西日本がそれぞれ制作を担当していた。

関西テレビ制作の放送では1984年桜花賞の中継より取り入れていた視聴者参加型のクイズ形式を継承し、3人1組の視聴者チームが解説者の予想を頼りに馬券を模擬購入し的中すればその配当倍率によって海外旅行がプレゼントされるという体裁を取り入れていた。

1990年9月は通常開催すべき阪神競馬場での開催が改修のため行えず中京競馬場での代替となったが、番組の形式は中京ローカル開催に準じたもので、東海テレビのみ中京競馬のオリジナル版、それ以外は関西テレビのスタジオから競馬ファンを集めた公開生放送方式で行われたことがあった。なお、1991年の3月と9月も同様に阪神の開催が中京の代替開催となったが、この時は関西テレビも東海テレビの中継をネット受けした[2]

東海テレビ制作の放送では番組内で(不規則ではあるが)チャイムが鳴ると約3分間、プレゼントの当たるクイズ「チャイム プレゼント」を行っていた。このコーナーは過去のGIレースの競走名または勝馬名をはがきで応募するシステムである。賞品はビデオデッキテレビ受像機などの家電製品が主であった。

なお、1957年から1989年まで、一部の年を除いて、曜日にかかわらず、昭和天皇の誕生日[3]である4月29日春の天皇賞が開催されていたが、当番組の放送曜日である日曜日以外の春の天皇賞中継については、土曜日以外の曜日では、『3時のあなた』(1988年は『TIME3』)の番組内で実況中継され、土曜日の場合は特別番組を設けて中継を行った[4]

当番組の放映当時は場外勝馬投票券発売所(ウインズ)が全国的に普及していなかったこともあり、西日本エリアのフジテレビ系列で当番組をネットしなかった局も多かった。

制作局のスケジュール[編集]

ネット局 1月上旬〜中旬 小倉1月下旬〜2月中旬 2月下旬 中京3月 4月上旬〜6月中旬 中京6月中旬〜7月上旬 小倉7月中旬〜9月上旬 9月上旬〜11月下旬 中京12月
関西テレビ
(下記3局以外)
関西テレビ制作 東海テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作
東海テレビ 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作
テレビ西日本 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作

出演者[編集]

関西テレビ制作[編集]

東海テレビ制作[編集]

テレビ西日本制作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 関西テレビ放送(編) 『関西テレビ放送50年史 資料編』、2009年、73頁。 
  2. ^ ただし、1991年3月の開催は中京競馬と小倉競馬が同時開催となった関係で、テレビ西日本のみローカルで小倉競馬の中継を行った。
  3. ^ 1989年はみどりの日
  4. ^ 日曜日以外の春の天皇賞開催日は、KBS京都競馬中継が同時放送されており、午後から行われるレースを全てカバーしていた。
関西テレビ東海テレビテレビ西日本 日曜午後の競馬番組
前番組 番組名 次番組
競馬中継
(1959年3月29日 - 1987年4月19日)
エキサイティング競馬
(1987年4月26日 - 1991年9月29日)
ドリーム競馬

DREAM競馬

(1991年10月6日 - 2009年12月27日)