競馬予想TV!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
競馬予想TV!
ジャンル 競馬番組
放送時間 (初回放送 基本日時)
土曜日 20:00 - 22:00(120分)
放送期間 1998年7月4日 - 現在
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
プロデューサー 門澤清太
後閑康宏
川原崎紘史
岡泰宏
出演者 (MC)
見栄晴
松本ヒロシ
横山ルリカ
(競馬予想家)
亀谷敬正
市丸博司
水上学
井内利彰
小林弘明
高柳誠二
夏目耕四郎
太組不二雄
ナレーター 大山尚雄
外部リンク フジテレビONE/TWO/NEXT
テンプレートを表示

競馬予想TV!(けいばよそうティーヴィー)は、CS放送「フジテレビONE」並びにフジテレビの有料動画配信サービス「フジテレビ On Demand」で放送されている競馬番組

概要[編集]

毎週スタジオに4人(GI開催時は5人)の競馬予想家を集め、原則日曜日に行われる重賞競走(GI開催日はそのGI競走のみ予想)についてそれぞれの予想家が独自の理論やデータを披露し、投資金額に対する回収率を競う。印、買い目は収録前に決定している。

また2010 - 2011年シーズン途中からWIN5対象レースを予想家4人(or5人)+松本ヒロシの中から5人で各々の担当レースを決め予想をするコーナーも開始された。なおWIN5はインターネット投票のみでしか購入出来ないが、誰の口座で購入しているかは明らかにされていない。

馬券の買い方(賭式)や投資金額は予想家の裁量に任されているが本人の自己資金で実際に購入しなければならないうえ、原則的に生放送であるため文字通りの真剣勝負が展開され、ときには『朝まで生テレビ!』さながらの熱い討論(バトル)が展開されることもある(2004年5月22日放送の第65回オークス予想時の「ちゃんちゃらおかしい」発言が有名)。

予想バトル[編集]

シーズン[編集]

おおむね9月2週目からの中山競馬・阪神競馬から翌年の7月の福島競馬・中京競馬・札幌競馬(前半戦途中)までを1シーズンと定め、1シーズンごとに次の3部門を集計、回収率(投資した金額に対する回収した金額の割合)を競い合う。

  • GIシーズン回収率
予想家個人のGI競走のみの回収率を競う。
  • ねらい目回収率
「あしたのねらい目」(番組メインで予想する重賞競走・GI競走を除く特別競走以降のレースをそれぞれ1つずつ指定し予想する)の回収率を競うランキング。
  • シーズン回収率
「GI」、「ねらい目」も含め予想家個人のシーズン全体での回収率を競うランキング。

いずれも1シーズンのうち一定回数の番組出演ならびに回収率100%を超えるという条件に当てはまらない場合は対象外となる。かつては予想家ごとの通算回収率も表彰していたが1シーズンのみでの参加では表彰されず、近年予想回数が少なくなっている古参メンバー(ありていに書けば橋浜か須田)が毎年表彰される状態になったため長期間行われなかった。第19シーズンに小林弘明が、出演した全シーズンの通算回収率において100%を越え、久々に特別表彰された。

サマーシリーズ[編集]

これまでシーズンの間にあたる8月の夏期ローカル開催期間(新潟・小倉・札幌後半戦の期間)は放送を休止していたが、2005年に(札幌記念)を予想、2006年には夏休みスペシャルと題し8月12日19日の2戦予想を行った。これ以降「サマーシリーズ」として7月〜8月間に全4〜6戦の予想バトルを行っている。

このシリーズでは司会の松本ヒロシも参戦する[1]。基本的なルールはレギュラーシーズンとほぼ同じ。予想するレースは日曜のメイン競走(主に重賞競走であるがオープン特別の場合もある)と「あしたのねらい目」で指定した競走でシリーズ全体での回収率で競う。短期決戦であり、予想家は2-3戦の出演で回収率100%を超えなければならない。松本ヒロシのみ、すべての回に出演して予想していたが、2018年は休みとなり代わりの新予想家が参加することが発表された。

サマーシリーズ開始以降、初戦の放送では前シーズンの表彰も兼ねて行うほか、各シーズンの初回でサマーシリーズの表彰が行われている。

その他[編集]

原則として日曜日の競走を予想する番組であるが、一部例外もある。

アシスタントのコーナー[編集]

ルリカの当たりますよ〜に!!![編集]

2014年11月から開始した、アシスタントMC・横山ルリカによる馬券予想企画。番組のオンデマンド契約で条件を満たす会員のみに、特典映像として配信されている。

内容は、前回予想結果の反省会やお便りなどを紹介し、番組本編のデータも参考に本人が狙った1レースを予想して、馬券購入シートにマークする流れまでが基本。実際に購入した馬券(当たり馬券はコピー)は、サイン入りで視聴者プレゼントにしている。

ほか、予想家がアドバイザーとして週替わりでゲスト出演している。稀に、本人が取材などのロケーションに赴いた模様を紹介する場合もある。

予想データ[編集]

うま9いくデータ!!![編集]

横山ルリカによる「サキよみデータ」を引き継ぐ形の、第17シーズンからの呼称。就任した2014年の午(うま)年と9代目アシスタントの数字、もしくは横山が在籍していた「アイドリング!!!」での号数と3連感嘆符の組み合わせとなっている。第19シーズンからは、前週に提示したデータの結果を翌週に検証するようになった。

過去のデータ[編集]

予想家のバトル前にアシスタントが過去の重賞データから消し馬を選び、最終的に3〜5頭に絞り込むコーナー。2010年末までは、岡村麻純の名を冠した「Masumiデータ」としていたが、2011年からは干支にちなみ「ぴょんぴょんデータ」「ドラゴンデータ」と名付けられ、2012年の第15シーズンからは、井上早紀の名を冠した「サキよみデータ」として発表している。第16シーズンは、予想家達より井上の的中率が高かった。

魔女のささやき[編集]

第8シーズンでの予想終了間際に、玉城ちはるが本命・対抗馬を発表する魔女のささやきというコーナーが存在した。これは彼女が推した本命馬が人気を背負いながら次々と敗れていくことから作られた。実例としてはヴィクトリアマイルラインクラフト(1番人気で9着)、オークスのアドマイヤキッス(1番人気で4着)、安田記念オレハマッテルゼ(1番人気で10着)など。本人からすれば不名誉なコーナーだが、指名された人気馬を消せるという理由から視聴者からは好評であった。また単勝オッズ10倍前後(または5番人気前後)の馬を馬券対象から外すと、その馬が馬券によく絡んだ。例としては桜花賞キストゥヘヴン(6番人気で1着)、皐月賞メイショウサムソン(6番人気で1着)などがある。2006年8月19日の放送で玉城が番組を降板したため、このコーナーも終了となった。

放送時間[編集]

本放送(生放送)
毎週土曜日20:00~22:00
再放送
日曜日0:00~2:00(土曜深夜)、7:00~9:00、10:00~12:00

スポーツ中継(主にヤクルトスワローズ戦の生中継)や特別番組が放送される日などは、本放送の放送時間を変更する。この場合はもともとの時間である20時から収録(いわゆる完パケ(完全パッケージメディア)による撮って出し)を行う。まれにスポーツ中継が直前にあり、延長した場合には本来20時からの番組の途中から飛び乗る形で(予想バトル中に)生放送が始まることもある。

過去の放送時間[編集]

NOTTV 2(遅れ放送)
毎週日曜日10:00〜12:00

沿革[編集]

  • 1998年7月4日 フジテレビ721開局(7月1日)と同時に放送開始。
  • 1999年4月 フジテレビ739の開局に伴い、放送チャンネルをフジテレビ739に変更。
  • 2000年12月 BSデジタル放送BSフジでも放送開始。それに伴いハイビジョン制作に移行。
  • 2006年3月26日(25日深夜) BSフジでの放送打ち切り。
  • 2006年4月 フジテレビ On Demandでの配信を開始。これに伴い番組中のBGMも一新され、CMの挿入もなくなった。
  • 2008年4月 フジテレビCSHDでのサイマル放送を開始。これに伴いハイビジョン放送が復活。
  • 2009年4月 フジテレビのCSチャンネルが全面的に再編されたことに伴い、放送がフジテレビNEXTに移行。
  • 2010年1月 放送チャンネルをフジテレビTWOに移行。
  • 2012年4月1日 放送チャンネルをフジテレビONEに移行。(3月31日にフジテレビTWOで放送された再放送分より。)
  • 2012年4月 マルチメディア放送のNOTTV(NOTTV 2)でも放送開始。
  • 2016年6月26日 NOTTVでの放送終了。(同月30日でNOTTV自体のサービスも終了。)

出演者[編集]

司会[編集]

歴代アシスタント[編集]

歴代予想家[編集]

俗にこの番組内では古株である亀谷・市丸・水上の3人を旧御三家、新参者である井内・小林・高柳の3人を新御三家と呼ぶ(見栄晴が命名した)。2010 - 2011年シーズンは水上が極度の不調だったためお荷物様と呼ばれていた。

現在[編集]

デフォルトは第20シーズン現在の予想家紹介VTRの順番
獲得タイトル:シ=シーズン、G=GI、ね=ねらい目、サ=サマーシリーズ

名前 読み 番組でのキャッチフレーズ 職業 予想法 主な獲得タイトル
亀谷敬正 かめたに たかまさ アウトサイダー予想家 競馬ライター 血統ビーム シ3回・G4回・ね1回
市丸博司 いちまる ひろし 電脳予想家 パソコンライター タイムフィルター指数 シ4回・G4回・ね2回・三冠王2回
水上学 みずかみ まなぶ 血統予想家 作家 血統 シ2回・G2回・サ1回
井内利彰 いうち としあき 調教捜査官 競馬ライター 調教(調教チャート・調教マトリックス) シ2回・G2回・サ1回
小林弘明 こばやし ひろあき 指数の達人 投資家 小林式能力指数 シ4回・G2回・ね4回・サ1回・三冠王1回
高柳誠二 たかやなぎ せいじ 予想博士 競馬予想家 牝系ファミリーナンバー・高柳式スピード指数 シ1回・G2回・ね2回・サ1回
夏目耕四郎 なつめ こうしろう ラップエディター デザイナー ラップフォーカス シ1回・サ3回
太組不二雄 たくみ ふじお 4コーナーの番人 元お笑い芸人 馬群マスター G1回・ね2回

過去[編集]

以下の予想家は現在は公式サイト上から削除されている。

シーズン別タイトル[編集]

これまで市丸博司と小林弘明が、全部門を制する『三冠王』(第2、第11、第17シーズン)となっている。一方、太組不二雄は第15シーズンで全部門最下位という『裏三冠』を達成してしまった。

シーズン GI勝率 的中率
第1(1998年-1999年) 須田鷹雄 126% 亀谷敬正 40% 西山健太 44.4%
シーズン GI 通算
第2(1999年-2000年) 市丸博司 113% 市丸博司 130% 市丸博司 105%
シーズン GI 通算 GI通算
第3(2000年-2001年) 須田鷹雄 111% 橋浜保子 171% 須田鷹雄 104% 亀谷敬正 136%
第4(2001年-2002年) 成沢大輔 184% 成沢大輔 290% 須田鷹雄 103% 成沢大輔 180%
第5(2002年-2003年) 橋浜保子 123% 須田鷹雄 319% 須田鷹雄 103% 橋浜保子 137%
第6(2003年-2004年) 小林弘明 123% 小林弘明 238% (達成者なし) 橋浜保子 123%
第7(2004年-2005年) 高柳誠二 162% 高柳誠二 289% 小林弘明 106% 橋浜保子 109%
シーズン GI ねらい目
第8(2005年-2006年) 水上学 111% 水上学 231% (達成者なし)
第9(2006年-2007年) 亀谷敬正 164% 亀谷敬正 283% 太組不二雄 309%
第10(2007年-2008年) 市丸博司 104% 市丸博司 158% 小林弘明 153%
第11(2008年-2009年) 市丸博司 145% 市丸博司 233% 市丸博司 147%
第12(2009年-2010年) 水上学 147% 水上学 207% 小林弘明 145%
第13(2010年-2011年) 井内利彰 143% 太組不二雄 124% 市丸博司 195%
第14(2011年-2012年) 小林弘明 123% 亀谷敬正 160% 太組不二雄 218%
第15(2012年-2013年) 市丸博司 128% 井内利彰 166% 亀谷敬正 208%
第16(2013年-2014年) 亀谷敬正 122% 高柳誠二 114% 高柳誠二 101%
第17(2014年-2015年) 小林弘明 223% 小林弘明 224% 小林弘明 316%
第18(2015年-2016年) 夏目耕四郎 128% 市丸博司 191% 小林弘明 143%
第19(2016年-2017年) 小林弘明 125% 亀谷敬正 178% 高柳誠二 104%
サマーシリーズ
2010年 夏目耕四郎 217%
2011年 夏目耕四郎 190%
2012年 松本ヒロシ 153%
2013年 夏目耕四郎 162%
2014年 小林弘明 144%
2015年 水上学 128%
2016年 井内利彰 364%
2017年 高柳誠二 155%

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]