競馬中継 (北海道文化放送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

競馬中継(けいばちゅうけい)は、北海道文化放送(UHB)が開局した1972年から1994年9月25日まで毎週日曜の午後に放送された競馬中継番組である。放送時間は15:00~16:00(JST)。札幌函館開催の時に放送していた。後番組は翌1995年からスタートした「ドラマチック競馬」。

オープニングタイトル[編集]

1991年7月7日放送の例)

  • 15時の時報と同時に準メイン(当時は薄暮競走は実施されていなかった)が発走するため、まずアバンタイトルとしてその模様を放送した後、競馬場全景の生放送の映像をバックに、まず蹄鉄をイメージした画像→そこから横向きになり競馬場の芝コースをイメージしたグラフィック(トラックは円形ではなく蹄鉄の形のまま)→画面中央に「競馬中継」のタイトル。
  • 次に提供クレジットベースのテロップでその日放送される各競馬場メインレースを表示。但し北海道の開催分は競馬場名は表示せず、例として次のような形で出ていた。
報知大雪ハンデ」
中京)「高松宮杯(GII)」
福島)「七夕賞(GIII)」
  • エンディングも提供クレジットベースのテロップで次回放送日の北海道開催のメインレースの表示が次の例のように出ていた。
(左端に)7月14日
「札幌日刊スポーツ杯」
「第18回セイユウ記念
(右端に)お楽しみに。
  • なお、主催読みクレジットは通常であれば「主催は、JRA日本中央競馬会です(でした)」とするが、当番組では協賛スポンサーの提供クレジットと一体化して、「この番組はJRA日本中央競馬会の主催と、ご覧のスポンサーの提供でお送りします(しました)」としていた。

主な司会者[編集]

解説者[編集]

実況アナウンサー[編集]

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『札幌テレビ放送二十年史』より。