志摩直人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

志摩 直人(しま なおと、1924年[1]11月10日 - 2006年9月14日[1])は詩人競馬評論家

人物[編集]

徳島県出身。関西学院大学文学部英文学科卒、同大学院美学科修了[1]

を数多く発表するとともに競馬に対する造詣も深く、競馬中継関西テレビ)では1960年代からメイン解説者として出演[1]。競馬に関する詩を番組内で数多く取り上げた。

競馬詩集「風はその背にたてがみに」は競馬書籍として空前のベストセラー商品となった。

競走馬テンポイントのファンでもあった。

2004年JRA50周年功労賞を獲得。

2006年9月14日心筋梗塞のため死去[1]。81歳没。

同年、関西テレビの第67回菊花賞の中継内において馬場鉄志アナウンサーが「この実況を志摩先生に捧げたいと思います。」と発言[2]した。

関連項目[編集]

競馬中継[編集]

競走馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ●●訃報●●志摩直人氏(詩人・競馬評論家)逝去”. 日経ラジオ社. 2015年12月28日閲覧。
  2. ^ 週刊Gallop臨時増刊・JRA重賞年鑑2006 P124 GI激走譜「その道に風が吹いた」に馬場自身が記載している。