須貝四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
須貝四郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 1949年5月26日
死没 (1994-07-08) 1994年7月8日(45歳没)
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会
所属厩舎 阪神栗東・橋田俊三(1969 - 1979)
初免許年 1969年3月1日
免許区分 平地(初期には障害免許も保持)
騎手引退日 1993年2月27日
重賞勝利 8勝
G1級勝利 1勝
通算勝利 907戦132勝
テンプレートを表示

須貝 四郎(すがい しろう、1949年5月26日 - 1994年7月8日)は、兵庫県出身の元騎手・元競馬評論家。兄は元騎手・元調教師須貝彦三、甥は現調教師の須貝尚介である。ニックネームは「四郎ちゃん[1]

来歴[編集]

1969年3月に騎手免許を取得し、同期の楠孝志と共に阪神橋田俊三厩舎からデビュー。楠以外の同期には内田国夫上野(伊藤)清章内田国夫西浦勝一がいる。初騎乗は同1日京都第6競走5歳以上100万下・シルバァバンブー(10頭中9着)、初勝利は同8日の京都第10競走5歳以上400万下・サチイズミであった。1年目から11勝をマークし、1976年まで8年連続2桁勝利を記録。3年目の1971年阪神障害ステークス(秋)・インターヒカリで重賞初勝利を挙げると、同馬とのコンビで京都大障害(秋)も制し、同年の啓衆社賞最優秀障害馬を受賞。この年は平地・障害両方で14勝を挙げ、自己最多の28勝をマーク。1972年からはタイテエム主戦騎手となり、スプリングステークスヒデハヤテを破って平地重賞初制覇。ランドプリンスロングエースと「関西三強」を形成し、東京優駿ではこの三強が上位を独占。タイテエムはロングエース、ランドプリンスと頭差の3着であった。秋は神戸新聞杯京都新聞杯を連勝し、菊花賞では1番人気に支持されたが、関東馬のイシノヒカルの2着とクラシック制覇はならなかった。1973年には落馬して負傷したため、タイテエムの主戦騎手が兄の彦三に交代され、天皇賞(春)を制している。1974年阪神3歳ステークス・ライジンで自身唯一のGI級レース制覇を決め、同年の優駿賞最優秀3歳牡馬を受賞。1975年2月16日中京第9競走渥美特別・グッドフォーチュンで通算100勝を達成し、1978年8月20日小倉第7競走4歳以上300万下・フレートステートが最後の勝利、第10競走4歳以上300万下・ケイシュウプライド(6頭中3着)が最後の騎乗となった。1979年引退。

引退後は競馬評論家として関西テレビ競馬中継』『エキサイティング競馬』、『ドリーム競馬』などに出演した[2]

1994年7月8日食道動脈りゅう破裂のため、京都市東山区の京都専売病院で死去。45歳没。

騎手通算成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
平地 111 91 91 514 807 .138 .250
障害 21 17 14 48 100 .158 .316
132 108 105 562 907 .146 .265

おもな騎乗馬[編集]

太字GI級レース。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 関西テレビアナウンサー松本暢章が命名。
  2. ^ デビュー当時の『週刊競馬ブック』の新人騎手へのインタビュー記事[要ページ番号]によると、四郎は新人騎手のころからしゃべりも達者だったとのことで、それが後年のテレビ出演に役立ったとされている。その一方、無口で寡黙だったのが同期の西浦で、好対照であったという。

関連項目[編集]