須貝四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

須貝 四郎(すがい しろう、1949年5月26日 - 1994年7月8日)は、日本中央競馬会の元騎手。引退後は競馬評論家として活動した。兄は須貝彦三調教師、甥は須貝尚介調教師である。

ニックネームは「四郎ちゃん」(関西テレビ放送アナウンサー松本暢章より)。

来歴[編集]

兵庫県出身。1969年、騎手免許を取得する。所属は阪神橋田俊三厩舎。同期には西浦勝一内田国夫田村正光上野清章各騎手(当時)らがいる。初騎乗は3月1日で、シルバァバンブーに騎乗し9着、3月8日にサチイズミに騎乗して勝利し初勝利を挙げる。11月に栗東トレーニングセンターが開設し栗東へ移転する。

1971年秋、阪神障害ステークスをインターヒカリで制し、重賞初勝利を挙げる。

1973年落馬し負傷する。当時主戦騎手を務めていたタイテエムには兄の彦三が騎乗した。長らく大レースを勝てなかったタイテエムが泥の中勝ち鞍をあげ、また杉本清の名実況で知られる天皇賞(春)の時に手綱を取っていた。このレースで一瞬タイテエムを見失った杉本は、それまでの双眼鏡中心の実況からモニター画面を中心に実況するスタイルに改めている。

1979年、騎手を引退する。騎手成績は、中央競馬通算907戦132勝(うち障害21勝、重賞8勝)。引退後は競馬評論家として関西テレビの『エキサイティング競馬』、『ドリーム競馬』などに出演した[1]

1994年食道動脈りゅう破裂のため、京都専売病院で死去。45歳没。

おもな騎乗馬[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デビュー当時の『週刊競馬ブック』の新人騎手へのインタビュー記事[要ページ番号]によると、四郎は新人騎手のころからしゃべりも達者だったとのことで、それが後年のテレビ出演に役立ったとされている。その一方、無口で寡黙だったのが同期の西浦勝一騎手(現・調教師)で、好対照だったという。

関連項目[編集]