中島敏文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中島敏文
Wiki toshihumi nakajima.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県高田郡吉田町
(現・安芸高田市
生年月日 (1950-07-29) 1950年7月29日(68歳)
所属団体 日本中央競馬会
初免許年 1991年(1991年開業)
引退日 2011年10月20日[1]
通算勝利 中央3297戦150勝[1]、地方208戦12勝
重賞勝利 1勝
経歴
所属 美浦・中島敏文(1991.3 - 2011.10)[1]
美浦T.C.(開業 -)
テンプレートを表示

中島 敏文(なかじま としふみ、1950年7月29日 - )はJRA美浦トレーニングセンターに所属していた元騎手・元調教師である。中島啓之は実兄。

来歴[編集]

父母の疎開先の広島で生まれる。実父・中島時一も元騎手、元調教師で東京優駿を牝馬でレコードタイム制覇し、実兄・中島啓之も騎手として東京優駿も含め、八大競走を制覇した。

1969年4月騎手デビュー。通算253勝の成績。

1991年3月、騎手から転向して厩舎を開業する。

1999年、阪神牝馬特別(GII)を制し初の重賞勝利となる。

2011年10月20日付で、調教師を勇退した。通算成績は中央3294戦150勝、地方201戦12勝。


調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1991年7月13日 2回新潟1日目1R アラ系2歳未勝利 コメットサルター 8頭 7 6着
初勝利 1991年9月15日 4回中山4日目 5歳上500万下 ユーワオージャ 10頭 2 1着
重賞初勝利 1999年12月19日 5回阪神6日11R 阪神牝馬特別 ハイフレンドコード 16頭 4 1着

主な騎乗馬[編集]

主な管理馬[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c 調教師情報  [引退 中島 敏文 (ナカジマ トシフミ))]”. 日本中央競馬会. 2015年5月13日閲覧。

関連項目[編集]