ランドプリンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ランドプリンス
品種 サラブレッド系種
性別
毛色 鹿毛
生誕 1969年3月8日
死没 不明
テスコボーイ
ニュウパワー
母の父 ヒンドスタン
生国 日本の旗 日本北海道門別町
生産 高山新一
馬主 木村善一
調教師 高橋直栗東
競走成績
生涯成績 21戦6勝
獲得賞金 86,100,300円
テンプレートを表示

ランドプリンス日本競走馬ロングエースタイテエムとともに関西三強の一角を担った中央競馬のクラシックホースである。

血統について[編集]

ランドプリンスはのちにリーディングサイアーとなるテスコボーイの初年度産駒であり、中央競馬のクラシック競走を制した初のテスコボーイ産駒でもある。一方、母系の先祖には血統不詳の牝馬ミラがいる。このためランドプリンスは純粋なサラブレッドと見なされず、サラブレッド系種として登録された。

略歴[編集]

3歳(1971年)[編集]

全21戦、高橋直厩舎の所属騎手であった川端義雄が手綱を執った。1971年9月4日の新馬戦(札幌競馬場)でデビューし勝利する。3歳シーズンはこの1勝だけに終わった。

4歳(1972年)[編集]

明けて4歳となったランドプリンスは、呉竹賞・ジュニヤーカップ・オープン・さざんか賞(いずれも京都)を4連勝し、クラシック戦線に加わるために東上することとなった。なお1972年は前年末より関東地区で大流行した馬インフルエンザの影響により、関東地区の中央競馬開催が2ヶ月間中止された。このため同年春のクラシック戦線も日程が大幅に変更され、5月28日皐月賞7月9日日本ダービーが行われることとなった。

東上初戦の3月19日の京成杯では、前年の阪神3歳ステークス優勝馬で4連勝中のヒデハヤテに敗れ、1馬身4分の3差の2着に終わった。その後は4月29日のオープン(東京)と5月14日の弥生賞に出走したが、いずれもロングエースに敗れ2着に終わった。

5月28日の皐月賞ではデビューから5連勝中のロングエースが1番人気となり、タイテエムが続き、上記2頭をランドプリンスと関東所属のイシノヒカルが追う図式となった。レースでは先行するロングエースとそれをマークするタイテエムに対し、ランドプリンスは馬群の中に控え、直線に入って内を突き先頭に立った。外からロングエースが追ってくるものの伸びきれず、代わって後方からイシノヒカルが大外を追い込んできたが、ランドプリンスがイシノヒカルを半馬身抑えて勝利した。

その後当馬は6月17日のオープン(東京)に出走し、スガノホマレの2着となった。7月9日の日本ダービーでは、皐月賞からの直行となったロングエースが引き続き1番人気となり、差のない2番人気に当馬、3番人気がタイテエムとなった。レースでは直線を向いてタイテエムが早目に先頭に立ち、外から当馬が接近するが、タイテエムの内からロングエースが追い込み、人気上位三頭の争いとなった。最後はロングエースが首差で当馬を抑えて2分28秒6のレコードタイムで優勝し、タイテエムが3着に入った。

ランドプリンスは10月1日神戸新聞杯から秋のレースを開始した。ここで本馬は1番人気に支持されるが、タイテエムに敗れ2着であった。続く10月22日京都新聞杯でも引き続き1番人気に推されたが、またもタイテエムに敗れ4着に終わった。11月12日菊花賞では1番人気がタイテエム、2番人気が本馬、3番人気がロングエースであったが、レースではイシノヒカルがタイテエムを大外から抜き去り優勝し、本馬は4着に終わった。

5歳(1973年)[編集]

ロングエースが引退し、イシノヒカルが戦線離脱したため、本馬のライバルで残ったのはタイテエムだけとなった。タイテエムは古馬になってからさらに力をつけたが、ランドプリンスは4歳時のような走りを見せることができず、マイラーズカップ天皇賞でいずれもタイテエムに敗れ、5着、13着に終わった。天皇賞の後で故障発症が判明し、そのまま引退することとなった。

引退後[編集]

その後ランドプリンスは種牡馬となったが、産駒から活躍馬は出なかった。血統面の問題(上述)が影響したという見方もあるが、この頃は国産種牡馬苦戦の時代であり、同世代のライバル、タイテエムとロングエースにも遅れをとった。

血統表[編集]

ランドプリンス血統テスコボーイ系 / Gainsborough 4x5x5=12.50%、 Solario 4x5=9.38%、 Blandford 5x5=6.25%) (血統表の出典)

*テスコボーイ
Tesco Boy
1963 黒鹿毛 アメリカ
父の父
Princely Gift
1951 鹿毛 アイルランド
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Blue Gem Blue Peter
Sparkle
父の母
Suncourt
1952 黒鹿毛 イギリス
Hyperion Gainsborough
Selene
Inquisition Dastur
Jury

(サラ系)ニュウパワー
1959 日本
*ヒンドスタン
Hindostan
1946 黒鹿毛 イギリス
Bois Roussel Vatout
Plucky Liege
Sonibai Solario
Udaipur
母の母
(サラ系)ムールドカール
1947 鹿毛 日本
トキノチカラ *トウルヌソル
星谷
(サラ系)安俊 月友
サラ系)竜玉 (ntbミラ牝系)


関連項目[編集]

外部リンク[編集]