第67回皐月賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
映像外部リンク
2007 皐月賞
レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画

2007年4月15日中山競馬場で行われた第67回皐月賞について記述する。

レース施行時の状況[編集]

中山競馬場の天気は晴れ、馬場コンディションは良馬場でレースが進められた。

トライアルの結果[編集]

第44回弥生賞
着順 競走馬名 騎手 タイム 着差
1 アドマイヤオーラ 牡3 武豊 2.00.5 -
2 ココナッツパンチ 牡3 吉田豊 2.00.5 クビ
3 ドリームジャーニー 牡3 蛯名正義 2.00.8 1 3/4
若葉ステークス
着順 競走馬名 性齢 騎手 タイム 着差
1 ヴィクトリー 牡3 岩田康誠 2.01.2 -
2 サンライズマックス 牡3 池添謙一 2.01.2 クビ
3 ナタラージャ 牡3 武豊 2.01.7 3
第56回スプリングステークス
着順 競走馬名 性齢 騎手 タイム 着差
1 フライングアップル 牡3 横山典弘 1.49.0 -
2 マイネルシーガル 牡3 後藤浩輝 1.49.1 3/4
3 エーシンピーシー 牡3 蛯名正義 1.49.2 1/2

単勝人気[編集]

1番人気は弥生賞を勝ったアドマイヤオーラ。2番人気はラジオNIKKEI杯2歳ステークスを含む3つの重賞勝ちしてデビュー4連勝中のフサイチホウオー、3番人気は朝日杯フューチュリティステークス勝ちのドリームジャーニー、ココナッツパンチ、ナムラマース毎日杯優勝)と続いた。

出走馬と枠順[編集]

枠番 馬番 競走馬名 騎手 オッズ 調教師
1 1 フサイチホウオー 牡3 安藤勝己 3.7(2人) 松田国英
2 ローレルゲレイロ 牡3 藤田伸二 30.7(9人) 昆貢
2 3 マイネルシーガル 牡3 後藤浩輝 67.0(12人) 国枝栄
4 ブラックシャンツェ 牡3 上村洋行 243.2(18人) 長浜博之
3 5 フェラーリピサ 牡3 岩田康誠 94.9(14人) 白井寿昭
6 ドリームジャーニー 牡3 蛯名正義 8.5(3人) 池江泰寿
4 7 サンライズマックス 牡3 池添謙一 79.5(13人) 増本豊
8 ナムラマース 牡3 藤岡佑介 12.0(5人) 福島信晴
5 9 サンツェッペリン 牡3 松岡正海 100.6(15人) 斎藤誠
10 メイショウレガーロ 牡3 福永祐一 54.0(11人) 小島太
6 11 ニュービギニング 牡3 四位洋文 46.7(10人) 池江泰郎
12 アサクサキングス 牡3 武幸四郎 16.0(6人) 大久保龍志
7 13 モチ 牡3 川田将雅 150.1(17人) 田中章博
14 エーシンピーシー 牡3 柴田善臣 134.9(16人) 久保田貴士
15 アドマイヤオーラ 牡3 武豊 2.7(1人) 松田博資
8 16 フライングアップル 牡3 横山典弘 19.4(8人) 藤沢和雄
17 ヴィクトリー 牡3 田中勝春 17.3(7人) 音無秀孝
18 ココナッツパンチ 牡3 吉田豊 10.2(4人) 大久保洋吉

レース展開[編集]

スタートしてサンツェッペリンがまず先頭に立ち、アドマイヤオーラとフサイチホウオーが1コーナーを14番手前後で回り、ドリームジャーニーがこの両馬を見る位置で、2コーナーでヴィクトリーが先頭に並び、前半の1000メートル通過が59秒4とハイペースになった。アドマイヤオーラは後方を、フサイチホウオーは中団を行っていた。人気馬同士の牽制で他の馬が後方を気にしている間に、先行した2頭が3番手以下に10馬身ほど引き離し、決してペースが遅くはなかったのが、このリードが最後に大きかった。第4コーナーを回って最後の直線、サンツェッペリンに抜かれたかに見えたヴィクトリーがもう一度差し返す、そしてサンツェッペリンとヴィクトリーにフサイチホウオーが猛然と追い込んで3頭並んでゴール。写真判定の末、最内にいたヴィクトリーが制した。[1]

着順と払戻金[編集]

着順 枠番 馬番 競走馬名 タイム 着差 騎手 人気
1 8 17 ヴィクトリー 1:59.9 - 田中勝春 7
2 5 9 サンツェッペリン 1:59.9 ハナ 松岡正海 15
3 1 1 フサイチホウオー 1:59.9 ハナ 安藤勝己 2
4 7 15 アドマイヤオーラ 2:00.1 1 1/2 武豊 1
5 5 10 メイショウレガーロ 2:00.2 1/2 福永祐一 11
6 1 2 ローレルゲレイロ 2:00.2 クビ 藤田伸二 9
7 6 12 アサクサキングス 2:00.4 1 武幸四郎 6
8 3 6 ドリームジャーニー 2:00.5 クビ 蛯名正義 3
9 8 18 ココナッツパンチ 2:00.5 クビ 吉田豊 4
10 2 3 マイネルシーガル 2:00.6 1/2 後藤浩輝 12
11 4 8 ナムラマース 2:00.8 1 1/4 藤岡佑介 5
12 8 16 フライングアップル 2:01.0 1 1/2 横山典弘 8
13 4 7 サンライズマックス 2:01.1 1/2 池添謙一 13
14 2 4 ブラックシャンツェ 2:01.2 1/2 上村洋行 18
15 6 11 ニュービギニング 2:01.3 1/2 四位洋文 10
16 3 5 フェラーリピサ 2:01.3 ハナ 岩田康誠 14
17 7 13 モチ 2:01.8 3 川田将雅 17
18 7 14 エーシンピーシー 2:02.1 2 柴田善臣 16
単勝式 17 1,730円
複勝式 17 590円
9 2,110円
1 190円
枠連 5-8 6,360円
馬連 9-17 94,630円
ワイド 9-17 20,070円
1-17 1,190円
1-9 8,230円
馬単 17-9 178,340円
3連複 1-9-17 205,370円
3連単 17-9-1 1,623,250円

レースの記録[編集]

  • 優勝馬ヴィクトリー。ここまで4戦3勝。生涯通算16戦3勝。父ブライアンズタイム。母グレースアドマイヤ。母の父トニービン。音無秀孝調教師と田中勝春騎手はともに初勝利。同馬はその後12連敗して1勝も出来なかった。
  • 田中勝春騎手はヤマニンゼファーで勝った1992年安田記念以来15年ぶりの中央競馬のGI/JpnI制覇となった。[2]。(それ以前にGI競走は全日本2歳優駿地方競馬川崎)で勝利している)
  • 2着サンツエッペリン。3着フサイチホウオー。4着アドマイヤオーラ。
  • 6着ローレルゲレイロ。翌々年高松宮記念、スプリンターズステークスを制して香港とドバイにも遠征。
  • 7着アサクサキングス。この後、日本ダービー2着で秋の菊花賞を制す。
  • 8着ドリームジャーニー。翌々年宝塚記念と有馬記念を制す。三冠馬オルフェーブルの兄。
  • 外国産馬の出走枠が6頭に拡大。
  • 国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告によりJpn1に重賞格付けを変更。2010年にG1に戻る。

出典[編集]

  1. ^ 「優駿」2010年4月号 25P 皐月賞・桜花賞プレビュー。
  2. ^ 第67回皐月賞 JRAホームページデータファイル(2011年3月5日閲覧)