ノーリーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノーリーズン
2004-9-11-NoReason.JPG
2004年9月11日 阪神競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1999年6月4日(20歳)
登録日 2001年7月5日
抹消日 2004年9月17日
ブライアンズタイム
アンブロジン
母の父 Mr.Prospector
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 ノースヒルズマネジメント
(現・ノースヒルズ)
馬主 前田晋二
調教師 池江泰郎栗東
競走成績
生涯成績 12戦3勝
獲得賞金 1億8601万7000円
テンプレートを表示

ノーリーズン日本の元競走馬種牡馬である。2002年の皐月賞を制した。半弟2004年シンザン記念を制したグレイトジャーニーがいる。

戦績[編集]

2002年[編集]

2002年1月5日京都競馬場新馬勝ちする。2戦目の500万下条件戦こぶし賞も勝ち、デビューから2連勝を飾った。3戦目は皐月賞トライアル若葉ステークスに出走するが7着に敗れ、2着までに与えられる皐月賞の優先出走権を取ることができなかった。皐月賞の出走は抽選待ちとなったが、7分の2の抽選をくぐり抜けて出走がかなった。前走の大敗もあって15番人気となったが、初騎乗となるブレット・ドイルの好騎乗もあり、中団から抜け出して皐月賞を制した。タイムは1分58秒5でナリタブライアンがマークした皐月賞レコードを0.5秒更新するものであった。2着にも8番人気のタイガーカフェが入り、馬連の配当は53,090円という大波乱となった。続く東京優駿(日本ダービー)ではタニノギムレットに続く2番人気となったが、直線の坂で伸びきれず8着に敗れた。レース後、軽い骨折が判明し、休養に入る。

骨折の程度は軽く、秋の菊花賞トライアル・神戸新聞杯で復帰し、2着に入り復活をアピールした。そして迎えた菊花賞では、神戸新聞杯を制したシンボリクリスエスが翌週の天皇賞(秋)に回ったために本命不在となり、生涯唯一の1番人気に支持される。しかし、スタートしてゲートを出た直後につまずき、鞍上の武豊落馬して競走中止。同レース総売り上げの48.8%にあたる約110億円分の馬券が一瞬で紙屑になり[1]、場内がどよめきに包まれるなか菊花賞を制したのは10番人気のヒシミラクルで、2着に16番人気のファストタテヤマが入った。馬連の配当は皐月賞を大きく上回る96,070円となり、大波乱の影の立役者となってしまった。人馬ともに怪我はなかったため秋シーズンを続けるが、ジャパンカップは8着、有馬記念は6着と良い成績は残せなかった。

2003年・2004年[編集]

古馬となった緒戦の京都記念は5着、続く阪神大賞典は4着と掲示板に載るのが精一杯であった。続く天皇賞(春)に向けて調整が続いていたが、浅屈腱炎を発症し1年半の休養を強いられる。2004年秋の朝日チャレンジカップで復帰したが11頭立ての最下位に敗れ、レース後に再び屈腱炎を発症したため、現役を引退し種牡馬入りすることになった。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2002.01.05 京都 3歳新馬 16 006.7 0(2人) 01着 武豊 55 芝1800m(良) 1:50.2 (36.2) -0.3 (アグネスプラネット)
0000.02.09 京都 こぶし賞 15 003.6 0(2人) 01着 武豊 55 芝1600m(良) 1:35.5 (35.6) -0.3 (マチカネメニモミヨ)
0000.03.16 阪神 若葉S OP 11 005.3 0(2人) 07着 福永祐一 56 芝2000m(良) 2:02.4 (35.7) -0.9 シゲルゴッドハンド
0000.04.14 中山 皐月賞 GI 18 115.9 (15人) 01着 B・ドイル 57 芝2000m(良) 1:58.5 (35.0) -0.3 (タイガーカフェ)
0000.05.26 東京 東京優駿 GI 18 005.0 0(2人) 08着 蛯名正義 57 芝2400m(良) 2:26.9 (35.6) -0.7 タニノギムレット
0000.09.22 阪神 神戸新聞杯 GII 16 005.7 0(2人) 02着 武豊 56 芝2000m(良) 1:59.5 (35.0) -0.4 シンボリクリスエス
0000.10.20 京都 菊花賞 GI 18 002.5 0(1人) - 武豊 57 芝3000m(良) 競走中止 - ヒシミラクル
0000.11.24 中山 ジャパンC GI 16 013.2 0(4人) 08着 蛯名正義 55 芝2200m(良) 2:13.0 (36.0) -0.8 ファルブラヴ
0000.12.22 中山 有馬記念 GI 14 020.8 0(6人) 06着 蛯名正義 55 芝2500m(稍) 2:33.7 (35.6) -1.1 シンボリクリスエス
2003..02.22 京都 京都記念 GII 16 003.7 0(2人) 05着 武豊 56 芝2200m(稍) 2:16.8 (34.8) -0.3 マイソールサウンド
0000.03.22 阪神 阪神大賞典 GII 15 009.0 0(3人) 04着 小牧太 58 芝3000m(良) 3:06.6 (35.2) -0.7 ダイタクバートラム
2004..09.11 阪神 朝日CC GIII 11 014.4 0(4人) 11着 安藤勝己 58 芝2000m(良) 2:02.2 (33.7) -0.6 スズカマンボ

引退後[編集]

2005年から優駿スタリオンステーションで種牡馬入りする。2008年から産駒がデビューしたが、この年は勝ち上がった産駒が1頭もいないなど成績は振るわず、それまで2ケタを確保していた種付け頭数も翌2009年はわずか2頭に激減。2010年1月1日付けで用途変更となった。

その後福島県南相馬市の松浦ライディングセンターに移動し、引退名馬けい養展示事業の助成を受けて、功労馬として余生を送っていた。2011年3月の東北地方太平洋沖地震では同センターも被災。またその後の福島第一原子力発電所事故の影響で、同原発の半径30km県内にある同センターは自主避難対象区域となったことから、関係者は一時的に同馬を別の施設に移すことを決め、一時宇都宮大学に避難していた[2]。その後松浦ライディングセンターに戻るも、2014年11月に同じ南相馬市の鹿頭ステーブルに移動している[3]

主な産駒[編集]

血統表[編集]

ノーリーズン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ロベルト系
[§ 2]

*ブライアンズタイム
Brian's Time
1985 黒鹿毛
父の父
Roberto
1969 鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
父の母
Kelley's Day
1977 鹿毛
Graustark Ribot
Flower Bowl
Golden Trail Hasty Road
Sunny Vale

*アンブロジン
Ambrosine
1988 鹿毛
Mr.Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
母の母
*バラダ
Barada
1982 栗毛
Damascus Sword Dancer
Kerala
Courtly Dee Never Bend
Tulle F-No.A4
母系(F-No.) Courtly Dee系(FN:A4) [§ 3]
5代内の近親交配 Nashua 4×4、Nasrullah 5×5・5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ ノーリーズン 5代血統表2017年7月15日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com ノーリーズン 5代血統表2017年7月15日閲覧。
  3. ^ [4]JBISサーチ ノーリーズン 5代血統表2017年7月15日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ ノーリーズン 5代血統表2017年7月15日閲覧。

エピソード[編集]

菊花賞でのスタート直後の落馬について、騎乗していた武豊騎手が自己のブログにて「落馬した地点から再度乗る事ができればレースを再開する事はできるが、あまりにも絶望的な差が開いていたのであきらめた」と語っている。馬を正面から映したパトロール映像では、ノーリーズンはスタート直後に前のめりにつまずいており、また武騎手も落馬した直後に再び騎乗しようとする姿を見ることができる。なお、武騎手は2008年エリザベス女王杯ポルトフィーノに騎乗したときもスタート直後に落馬しており、ノーリーズンの落馬と絡めて再び揶揄されることになってしまった。

またクラシック三冠のうち第一冠の皐月賞を制しているにも関わらず、三冠全てで違う騎手が騎乗するという珍しいケースとなっている。これは皐月賞優勝のときに騎乗していたブレット・ドイル騎手が私的なトラブルのために帰国してしまったことと、同年の東京優駿を制したタニノギムレットが菊花賞に出走できないまま引退し、菊花賞で武豊騎手の騎乗する馬がなくなってしまったことが原因である。しかし、これが菊花賞での落馬という後味の悪い結果を残す遠因となってしまった。

皐月賞における単勝配当1万1590円は皐月賞史上歴代1位の高配当で、皐月賞史上唯一の単勝万馬券配当でもある。牡牝合わせたクラシック競走全体でも1949年に日本ダービーに優勝したタチカゼに次いで歴代2位の配当である(1984年のグレード制導入以後は歴代1位)ちなみに、クラシック競走全体における単勝万馬券配当は日本競馬史上この2例のみである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一瞬にして40億円消えた…/エリザベス女王杯 スポニチアネックス 2007年11月17日版
  2. ^ 東京スポーツ2011年4月3日付 18面
  3. ^ 元競走馬リスト - 松浦ライディングセンター
  4. ^ 平出貴昭 (2017年11月28日). “Courtly Dee牝系(ワンアンドオンリーなど)”. 競馬“血統”人生/平出貴昭. 2019年3月15日閲覧。

外部リンク[編集]