ダイナコスモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイナコスモス
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1983年3月25日
死没 2006年1月30日(23歳没)
ハンターコム
シャダイワーデン
生国 日本の旗 日本北海道白老町
生産 社台ファーム白老
馬主 (有)社台レースホース
調教師 沢峰次美浦
競走成績
生涯成績 10戦4勝
獲得賞金 1億4310万1100円
テンプレートを表示

ダイナコスモスとは日本競走馬である。おもな勝鞍に皐月賞ラジオたんぱ賞がある。

以下馬齢は旧表記(数え年)とする。

戦績[編集]

1985年9月福島競馬場でデビュー。初戦は3着だったが、折り返しの新馬戦400万下条件と連勝した。朝日杯3歳ステークスでは追い込んで ダイシンフブキの2着に食い込み、5戦2勝で3歳シーズンを終える。

明けて4歳となっての初戦は京成杯単勝1番人気に推されるもダイナフェアリーの3着に敗れる。続く弥生賞では岡部幸雄に乗り替わりダイシンフブキに僅差の2着となったが、勝負付けが済んだと判断されたのか、本番の皐月賞では5番人気に過ぎなかった。しかしレースでは、中団を進み直線で早めに先頭に立ち、追い込むフレッシュボイスクビ差退けて優勝した。

東京優駿(日本ダービー)では距離の壁が厚く5着に入るのが精一杯だったが、続くラジオたんぱ賞では58kgの負担重量を背負いながらニッポーテイオーを1馬身半抑える競馬で勝利し、実況していた長岡一也(当時・ラジオたんぱアナウンサー)は「皐月賞(馬)の貫禄!」とゴール後に言い放った。秋はマイルチャンピオンシップを最大の目標として調整が進められたが、脚部不安を発症。父であるハンターコムがフランスに再輸出されていたことも影響して、早々に引退、種牡馬入りすることが決まった。

引退後[編集]

引退後はアロースタッドで種牡馬入りした。地味な血統背景にもかかわらず、初年度から50頭前後の種付け頭数を集めるなど馬産地での人気はなかなか高いものだった。2年目の産駒からトロットサンダーを送り出すなど、種牡馬としてもそれなりの成功を収めている。

2003年には種牡馬から引退。門別牧場で余生を送っていたが、2006年に老衰のため死亡した。

代表産駒[編集]

血統表[編集]

ダイナコスモス血統ダンテ系/Nearco 5×5 = 6.25%、Lady Angela 4×5〈母系〉 = 9.38% (血統表の出典)

*ハンターコム
Huntercombe
1967 黒鹿毛
父の父
Derring-Do
1961 鹿毛
Darius Dante
Yasna
Sipsey Bridge Abernant
Claudette
父の母
Ergina
1957 黒鹿毛
Fair Trial Fairway
Lady Juror
Ballechin Straight Deal
Gilded

シャダイワーデン
1977 栗毛
*ノーザンテースト
Northern Taste
1971 栗毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
母の母
シャダイプリマ
1970 鹿毛
*Marino Worden
Buena Vista
ナイトアンドデイ *Ratification
*Nightlight

近親[編集]

おもに祖母シャダイプリマから近親が広がっている。

外部リンク[編集]