蓑田早人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

蓑田 早人(みのだ はやと、1950年9月25日 - )は日本中央競馬会 (JRA) の元騎手。引退後はJRA競馬学校教官を務める。

来歴[編集]

北海道出身。1969年森末之助厩舎所属騎手としてデビュー。リーディング上位に顔を出すことはなかったが、騎乗技術はあった。また日本騎手クラブ副会長として騎手の地位向上にも貢献していた。

2000年3月に騎手を引退。翌2001年4月より森厩舎の兄弟子・徳吉一己の後任として競馬学校専任教官に着任(騎手課程第19期生より担当)。以降、2013年2月現在に至るまで[1]同校にて後進の指導にあたっている。

通算成績[編集]

  • 4665戦420勝(うち重賞11勝)

おもな騎乗馬[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ イベント情報「3月イベント開催!」” (日本語). Gate J.. 馬事文化財団 (2013年2月22日). 2013年5月13日閲覧。